記事

ゆきぽよ YouTuber炎上発言の背景に「テレビ業界の偏見」か

ゆきぽよ発言が炎上している(時事通信フォト)

「YouTuberにちゃんとしている人なんています? 保証もないし。大丈夫ですか?」──タレントでモデルの“ゆきぽよ”こと木村有希(23)の発言が物議を醸している。ライター・井上絵美里氏が、ゆきぽよ発言の背景を考察する。

* * *
 騒動となった発言は、12月13日放送の『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)の番組内で行われた。人気YouTuberとの交際を認めたフジテレビアナウンサー・久代萌美(30)に対し、ゆきぽよが「YouTuberにちゃんとしてる人なんています?」と言い放ったのだ。その発言に、SNSでは「芸能界も不安定じゃん」、「YouTuberは立派な職業」と抗議の書き込みが殺到し、炎上している。

 一部のYouTuberが大金を稼いでいるのは広く知られているし、将来が不安定という点は芸能界に生きるゆきぽよも変わらない。自らもYouTubeチャンネルを開設しているゆきぽよのことだから世間には広く活躍しているYouTuberが多いことを知らないわけがないから、テレビ的な「ネタ」として発言しただけかもしれない。が、発言の背景にはテレビ業界で活動している人によく見られるYouTuberへの「上から目線」があるのかもしれない。

◆YouTubeを見ていないテレビ業界人

「小学生が将来就きたい仕事」の上位にYouTuberが登場してからずいぶん経つ。職業の一つとして社会に認知されたものと思っていたが、テレビ業界では事情が違うようだ。

 私がYouTubeチャンネルを立ち上げたことをテレビ業界の人に伝えたときも、面白がってくれる人がいる一方で、「どうせ遊びでしょ?」とか、「お金にならないだろ」と端から見下したようなことを言う人もいた。

 そもそも私の知る限り、YouTuberの動画を見ているテレビ業界人はほとんどいない。「最近、YouTuberの動画ばかりを見ている」と話したら、ある業界人に「誰が見てるんだと思ったら、ここにいた!」と驚かれたことさえある。

 多忙を極めるテレビ業界の人たちには、YouTubeを視聴する時間などないのだろう。私自身、お笑い芸人のマネージャーとして働いていた頃は「テレビが好きで業界に入ったのにテレビを見る時間がない!」と上司に文句を言ったこともある。自由な時間があったとしても、YouTubeではなく地上波の番組をチェックするであろうことも理解はできる。

◆YouTuberは“素人”か

 久代アナもYouTuberという職業の印象について「初めはフリーターかな? と思った」と番組で発言している。しかし、久代アナの交際相手は100万人超の登録者がいる人気YouTuberで、一部では年収1000万円超とも報じられている。YouTubeを見ておらず事情を知らない人からすれば、その知名度や人気度がわからず、「ただの素人」と見てしまうのかもしれない。

 そう考えれば、テレビ業界の人たちが「人気者になりたい素人がやっている」というイメージを彼らに持ったとしても無理はない。私もかつては「なんで素人の動画を見なきゃいけないの? テレビでいいじゃん」などと言っていた。が、業界を辞めて時間ができた後、試しにYouTubeを視聴したら、どハマりした。YouTuberに先入観や偏見をもっていた自分を反省したものだ。

 テレビ界の基準から見れば“素人”のYouTuberだが、その仕事は馬鹿にできない。彼らは自分で企画を考え、小道具を用意し、演出から出演、動画の編集まで行なっている。一部には外部に編集を委託するケースもあるが、ほとんどのYouTuberはゼロから一人で、もしくは仲間と作っている。クオリティーは玉石混淆とも言えるが、動画を1本制作するための労力や時間を考えると、彼らをひとくくりに「ちゃんとしていない」と断じるのは適切ではない。

 一方、テレビ番組の制作では、放送作家、各ジャンルのアシスタント、ディレクターやプロデューサー、タレント、音響・技術と様々なプロフェッショナルが関わる。だからこそ、“自分たちはYouTuberとは違い、ある技術に特化したプロだ”との認識が強いのだろう。

 では、プロに任せずに作った動画は面白くないかといえば、そんなことはない。放送作家の卵として働いていたことのある私が見ても、企画を考える上での基本を習得していると感じるグループの動画に出会って驚いたことがある。

 自分たちがやりたいことをやって、「ウェーイ」とふざけるのではなく、企画として「なぜそのゲームを行なうのか」、「動画にする意味は何か」を明確に提示しているのだ。その企画力は“素人”ではない。動画編集の面においても、緻密に計算されて作られているのが分かる。

 プロの作家や技術に頼らず、自分たちの手で丁寧に動画を作成しているYouTuberをみている視聴者からすれば、芸能人がテレビで発した「ちゃんとしていない」発言に、不愉快を感じるのも無理はない。動画をきちんと見て「勉強している」、「努力している」と感じとれれば、相手を下に見るかのような発言は出てこないはずだ(今回の炎上を動画のネタにするYouTuberもいるので、企画提供というWin-Win状態になったようにも見えるが)。

 コンテンツの作り手として“プロ”であるという、仕事へのプライドを持つのはいいことだが、他の土俵をディスる必要性はない。ゆきぽよ本人の真意はともかく、その発言が炎上したのは、そんな「テレビ業界の上から目線」が透けて見えたのが最大の理由であろう。

あわせて読みたい

「テレビ業界」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    宗男氏 野党の新内閣批判に反論

    鈴木宗男

  2. 2

    枝野氏のデジタル化批判は的外れ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  3. 3

    半沢の元ネタ 大臣は前原誠司氏

    SmartFLASH

  4. 4

    三原氏が厚労副大臣 衝撃の人事

    藤田孝典

  5. 5

    長官は民間に…平井IT大臣が吐露

    ABEMA TIMES

  6. 6

    携帯会社への懲罰? 値下げに疑問

    おくの総一郎

  7. 7

    サイゼでバイトする星付きシェフ

    PRESIDENT Online

  8. 8

    毒メシをやめて成績UP? 医師苦言

    中村ゆきつぐ

  9. 9

    マスクで重症化予防説 医師解説

    中村ゆきつぐ

  10. 10

    マツコ東京疲れ 田舎へ憧れ語る

    SmartFLASH

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。