記事

書評 『韓国人のボクが「反日洗脳」から解放された理由』

著者のWWUK(ウォーク)氏は韓国生まれの韓国人だが、現在日本国籍を取得するために動き回っているそうだ。職業はYoutuber。私が彼の存在を知ったのは、雑誌『WiLL』に何度か登場されていたからだった。本書は、韓国人に生まれた著者が何故、日本を好きになったのかを振り返る、一種の自伝的な内容になっている。

小学校入学と同時に「独島(竹島のこと)は我が領土」という類の歌を歌わされ、過剰な反日教育を受けるという。
WWUK氏は、それほど熱烈な反日感情を抱いていたわけではなかった。しかし、別に親日的な感情を抱いていたわけでもなかった。そんなWWUK氏に転機が訪れるのが、高校時代、オーストラリアに留学したときだった。面白い話だが、WWUK氏はともに留学に来ていた日本人たちと非常に親しくなり、知らず知らずのうちに日本語まで習得してしまったという。韓国で教えられてきた日本人のイメージと実際に会った日本人のイメージが異なり、衝撃を受けたという。

すっかり日本が好きになったWWUK氏は日本の大学に進学し、今でも日本に暮らしている。こうした一つ一つの細かな逸話も面白いのだが、私が一番驚いたのは、「VANK」というネット組織の存在だった。

正式な名称はVoluntary Agency Network of Korea。

活動内容は「日本海」と呼んでいる企業等があれば、「東海」と呼ぶように数の力で圧力をかけたり、文在寅政権を支持するような内容の投稿をしたりすることだ。反日左派のネット集団と捉えればわかりやすいだろう。この人々の影響力について語られている点が非常に興味深かった。

他にも色々と面白いことが書かれているので、お勧めの一冊です。

動画で解説しているので、是非ご覧ください。



岩田温チャンネルは、毎日19時に更新しております。是非とも、チャンネル登録のほど、宜しくお願い申し上げます。

あわせて読みたい

「韓国」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    安倍首相 ヤジの原因は憲法改正?

    メディアゴン

  2. 2

    マスクより品薄? 消毒薬の注意点

    市川衛

  3. 3

    福原愛が「台湾の田中みな実」化

    NEWSポストセブン

  4. 4

    コロナ対応の優先度理解せぬ政府

    川北英隆

  5. 5

    社民と立民の合流話は立ち消えか

    早川忠孝

  6. 6

    パラサイトと万引き家族は対照的

    紙屋高雪

  7. 7

    肺炎対応の官僚 不眠不休は当然?

    Chikirin

  8. 8

    売れた名変える神田伯山の肝っ玉

    毒蝮三太夫

  9. 9

    コロナで病院限界 厚労省が守れ

    中村ゆきつぐ

  10. 10

    橋下徹氏「国立大学は甘えすぎ」

    橋下徹

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。