記事

かっぱ橋を訪れる外国人は何を買っているのか

1/2

食器や調理器具などのお店が軒を連ねるかっぱ橋道具街(東京都台東区)。もともとはプロの料理人が道具を買い求める場所だが、最近は外国人も多く訪れている。100年以上の歴史をもつかっぱ橋に何が起きているのか、経済ジャーナリストの高井尚之氏がリポートする——。


かっぱ橋道具街の「小松屋」。和食器が数多く並んでいる(東京都台東区) - 筆者撮影

■テレビ番組ではおなじみのお買い物スポット

「かっぱ橋道具街ですか? 外国人が来る街として、よくテレビでやっていますよね」

筆者の問いかけに、知人の男性美容師はこう答えた。

東京の下町、台東区松が谷地区と西浅草地区にある約170店の道具街は、南北約700メートルの商店街だ。厨房設備や器具、食品サンプルなど中小の店が立ち並ぶ。地下鉄の複数の駅(東京メトロ銀座線・田原町駅と同日比谷線・入谷駅)から、端の店まで徒歩5~6分程度。気軽に行きやすい場所も手伝い、テレビの情報番組の常連だ。

例えば今年(2019年)夏にも「出没! アド街ック天国」(テレビ東京系。6月29日放送)の「浅草・合羽橋」の中で取り上げられた。その時の紹介内容は「おうちごはんが楽しくなる 夢のある道具がいっぱい」だった。

台東区の二大繁華街・浅草と上野からも歩けるので、外国人観光客の姿が目立つ。日本人観光客も多く、毎年10月開催の「道具まつり」は、会期中に約40万人の人でにぎわう。

■開店準備がすべてそろう「プロのための街」

だが、本来は観光客向けではなく、飲食店関係者という、プロの目利きに応える街だ。

今ではあまり使われないが、「道具の合羽橋」は、もともと「東京三大問屋街」(六大問屋街ともいう)と言われた。ほかは「電器の秋葉原」や「衣料品の横山町」(日本橋横山町)が有名だ。

「例えば、急に飲食店を出すことになっても、かっぱ橋道具街に来れば、厨房設備・冷蔵庫・冷蔵ショーケース、機械器具や食器、包丁、包装用品・容器・装飾品、製菓材料・喫茶材料から商品サンプル・白衣まで、あらゆる品がそろっています」

こう話すのは、道具街を束ねる「東京合羽橋商店街振興組合」理事長の本(もと)健太郎氏だ。道具街の最古参店のひとつ「小松屋」社長でもある。


「東京合羽橋商店街振興組合」理事長で小松屋の本健太郎社長(撮影=プレジデントオンライン編集部)

外国人に人気の理由を、本氏はこう説明する。

「どんな飲食店にも対応できる、品ぞろえの多様性が大きいでしょうね。1980年代のエスニックブームでは、東南アジア系のお客さんが多く来店されました。ウチの小松屋は和食・中華中心ですが、単色の色合いが昔からフランス人に人気です」

この街の心意気を示す言葉がある。

「よく『ウチにはないけど、近くの××という店にあります』と別の店を紹介します。大型量販店の接客で見かける、『商品は店頭にあるだけ』という商いはしません。先人からは(道具街は)『タテの百貨店のようであれ』と言われてきました」(本氏)

ちなみに「かっぱ橋」の名前の由来は2つあり、江戸時代に合羽屋喜八の掘割工事を手伝った「河童」説と、侍や足軽が内職で作った「雨合羽」を干した橋=合羽橋から来ている。

■有名ラーメン店のどんぶりも多く手掛ける

この街の由来は「大正元年、かっぱ橋に数軒の道具商・古物商が誕生」とあるが(『かっぱ橋道具街100周年記念誌』より)、小松屋の創業はそれ以前の明治42(1909)年だという。

「九谷焼の産地である石川県の小松より、本清太郎が上京して当地で創業。店名は出身地にちなんでいます。装飾品の九谷焼はあまり売れず、それなら浅草の飲食店向けに食器を売ろう、と方向転換しました」(本氏)

関東大震災前の小松屋・店舗写真も残っているが、丼(どんぶり)など、和食器の中が見える陳列手法は昔も今も変わらない。特にラーメン丼で見かける渦巻き模様の発祥店だ。


小松屋が取引しているラーメンどんぶりの一部。行列ができる有名店のものも多いという - 撮影=プレジデントオンライン編集部

「あれは『雷紋(らいもん)』と言い、古代中国で魔よけに使われていたそうです。雷紋に似た模様は九谷焼にはよくありました。昔からの縁もあり、今でも有名ラーメン店の多くが取引先。麺屋武蔵さん、めん徳二代目つじ田さん、山頭火さん、斑鳩(いかるが)さんなどです。もし『人気ラーメン店ベスト30』を選ぶと、半数は取引先ではないでしょうか」

昭和20年代には、プロ野球の王貞治氏の父である仕福氏もよく訪れた。当時墨田区内で中華「五十番」を営んでおり、小学生だった貞治氏を連れて、自転車で買いに来たという。

昭和時代のラーメン丼も見せてもらったが、現在の一般品よりかなり小さい。

「当時は屋台も多い時代。小さな丼は手狭な店にとって使いやすく、立ち食いも多かったお客さんには持ちやすかった面もあります」(同)

魚介だしなど、スープの原価が高い店は、スープ量が多いように見える丼など、飲食店の要望に応じてオリジナル丼を開発するのも小松屋の持ち味だ。

あわせて読みたい

「外国人観光客」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    河野大臣「ワクチンは十分に足りている」接種状況について説明

    河野太郎

    08月03日 09:13

  2. 2

    在宅勤務で生産性低下した国は日本だけ? 背景に対面コミュニケーション依存の働き方

    非国民通信

    08月02日 15:12

  3. 3

    森林大国ニッポンが木材不足のナゾ ウッドショックは林業に変革をもたらすか

    中川寛子

    08月03日 08:07

  4. 4

    男性視聴者の眼福になっても女子選手が「肌露出多めのユニフォーム」を支持する理由

    PRESIDENT Online

    08月02日 15:27

  5. 5

    この1週間を凌げば、オリンピックが終わります。もうしばらく我慢しましょう

    早川忠孝

    08月02日 14:37

  6. 6

    コロナ軽視派「6月で感染者数減少」予想大ハズレも、重症者数が大事、死亡者数が大事とすり替え

    かさこ

    08月02日 10:29

  7. 7

    何をやっても批判される「老夫婦とロバ状態」の日本

    内藤忍

    08月02日 11:52

  8. 8

    来るべき自動車産業戦国時代を勝ち抜ける日本がなぜEVなのか?

    ヒロ

    08月03日 11:52

  9. 9

    人権尊重、企業は本気か-DHCの不適切文書に批判

    山口利昭

    08月03日 08:42

  10. 10

    世界初の自動運転「レベル3」登場も複雑化する使用条件

    森口将之

    08月03日 10:28

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。