記事

「グレタさんに、叱られる」日本の環境後進国ぶりを嘆く そしてなぜマウンドには小泉進次郎が登っているのか - 山本 一郎

1/2

 北欧の若き環境活動家であるグレタ・トゥーンベリさんは、もはや説明が不要なぐらい有名な16歳少女です。少女というよりは猛女みたいな感じになっていて、これがこのまま40歳まで成長を続ければ凶暴なマツコ・デラックスみたいな仕上がり具合になってしまうのでしょうか。

 凄い形相をしながら各国指導者の環境無策っぷりを国連総会の壇上でなじるグレタさんの勇ましい姿には「あ、こういう感情的な感じ、うちのお袋に似ているな」と程よい共感を覚えました。

COP25に参加するためヨットで大西洋を横断。ポルトガルに到着したグレタさん ©AFLO

その過激な発言に賛否両論

 もっとも、世界ではこのグレタさんの過激な言論をめぐって賛否両論です。環境問題も専門にするジャーナリスト・志葉玲さんは、グレタさんがいまここにいる価値は「一切の妥協のない、極端とも言える言動で、各国で温暖化防止について議論を呼び起こしている」からであると喝破しました。世界的な環境問題に人類が対応していくには、国を超えてみなが行動を変えるきっかけが必要で、それこそがグレタさんだということでしょう。

ホリエモンよりグレタさんは「760万倍賢い」―温暖化防止「飛び恥」の衝撃(志葉玲)
https://news.yahoo.co.jp/byline/shivarei/20191213-00154732/

 名指しで馬鹿にされている堀江貴文さんのほうも、科学技術が進展することで環境問題は改善するのだ、グレタさんは方向性を間違えているという話をしていて、まあこれはこれで正論です。

ドイツ鉄道公式まで「ファーストクラスに座っていた」と発表

 世界で起きているグレタ批判を見てみると、たいていにおいて環境問題という大テーマを未成年の少女に叫ばせる政治的汚さを指摘する声は大きくあります。要は、ヒステリックな少女に叫ばせれば、それを批判する人は少女をイジメているように見える、この時点でテーマを冷静に議論する資格を欠いていると言いたいのでしょう。問題は地球の環境をどうするべきかなのに、こんなキワ物が出てきて喚き散らしたら少女対その他の問題に収斂してしまい、肝心の環境問題がおざなりになってしまいかねません。グレタさんが面白すぎて。

 トランプ大統領やプーチン大統領もグレタさんを無視できず国家トップ自らが論評や批判を加え、グレタさんを批判する筋はその欺瞞に憤りを隠しません。ドイツの満員列車に乗って移動する苦労をグレタさんがTwitterに綴ると、それを見てイラついたドイツ鉄道の職員が「親愛なるグレタさん、気候変動と闘っている私たち鉄道労働者を支援してくれてありがとう」「ファーストクラスでグレタさんをもてなした、フレンドリーで有能な弊社スタッフについても触れていただけたら良かったです」と投稿していました。

「とても混雑した列車でドイツを移動中。ようやく家に帰れる」(グレタさんのTwitterより)

 それだけでなく、ドイツ鉄道公式アカウントまで「フランクフルト以降はファーストクラスに座っていた」と発表し、省エネルギーを訴え慎ましく移動しているように見せかけたグレタさんが、単なる環境保護推進派のマーケティングツールに過ぎないのでは、というインチキ感までもたらすことになりました。

グレタさんは中国共産党に操られている?

 グレタさんが世界で暴れることそのものを目的として、お金持ちだけど手段を選ばない大人たちがうまい具合にグレタさんを操っているのではないか、と批判をされるのもまた、まあ分からんのではないのです。

 さらには、このグレタさんは日本を含む先進国の指導者に対しては怒りをあらわにしながら環境対策の遅れを指弾する割に、世界最大の二酸化炭素排出国である中国に対しては「途上国である」として特に何も言わないことから、グレタさん周辺にいる「スポンサーの役割も果たす大人」の中に中国共産党の代理人が混ざっているのではないかという憶測まで飛び出す始末です。

 さすがにマズいと思ったのか、グレタさんはなぜか香港デモ問題で香港市民に心を寄せるツイートをして、中国系媒体からたしなめられるというムーブがありました。グレタさんが活動する価値の本丸は環境問題のはずなのに、それについてはいまだに触れずじまいですし、さすがにスポンサーを見透かされてるなあと思うところはあります。

 それは差し引いても、行き過ぎたグローバリズムが引き起こす、人類の活動による環境破壊や大気汚染は深刻だとグレタさんが訴え、その内容が騒ぎになるたび、背後関係は別としてグレタさんの言っていることは正論のためみんな何となく襟を正します。グレタさんに言われたから出張で飛行機に乗るのをやめるかと言われると微妙ですが、せめてマイカー通勤の半分を電車などの公共交通機関や自転車などに振り替えてみようかと思う人はいるかもしれません。そういう行動を促す言葉の強さを持つグレタさんについては、引き続き右と左に分かれて議論が起きながらも、「でもやっぱり環境問題って大切だよな」と気づく人が増えれば少しは世の中良くなっていくのでしょうか。

「化石賞」受賞に嬉しそうにドヤ顔で

 グレタさんに「環境のために鉄道を使え」と言われて、首都圏に住む日本人として「えっ、これ以上この満員電車が混むんですか」と思わずにはいられませんが、そう考えると凄くエコな面もある我が国の環境大臣は小泉進次郎さんです。

 で、その小泉進次郎さん先日「化石賞」を受賞して、まあ要するに環境対策に後ろ向きな連中を馬鹿にする賞なのですが、どういうわけか小泉さんが嬉しそうにドヤ顔でコメントをしてました。おい進次郎、おまえナチュラルに馬鹿にされてるんだよ。「ああ、かなり本格的に分かっていないんだな」と思ったりもします。

 しかし、それでもこの人が環境大臣なのには理由があって、衝撃のデキ婚で突然政界のプリンス小泉進次郎さんの奥さんに納まった滝川クリステルさんという風評が微妙な女性がおるわけですけれども、この人がまたカーボンプライシング(≒炭素税)導入を唱えるWWFジャパンの特別顧問なんですよ。

省エネ社会そのものである超満員電車はどうにかならんかなあ

 世界的には、そういう持続可能な社会の実現を目指して化石燃料の消費を抑えるために炭素税を導入しましょう的な議論があるわけですが、我が国においてはもともと山がちな地形で、山の森林や水源を守るための地域環境税が地方自治体などによって導入され、林野庁でも森林環境税が徴収されるだけでなく、地球温暖化対策税(石油石炭税)が環境税として導入されています。

 これらはエンドユーザーにガソリン価格などで転嫁されるため、「ガソリン代たけーな」程度に思うことはあっても担税意識は低いかもしれませんが、これもある種の立派な炭素税の趣旨を満たす代替税であるとも言えます。当然、すでにそういう化石燃料の過度な利用に対する制約を設けるかたわら、省エネ社会そのものである超満員電車が大量に走っている日本人の苦労を小泉進次郎さんが国際会議で適切に代弁してくださるわけもなく、もうちょっとどうにかならんかなあと思うわけであります。

あわせて読みたい

「グレタ・トゥーンベリ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ベトナムで低下が進む「親日度」

    WEDGE Infinity

  2. 2

    クロ現のプレゼン特集は「最悪」

    メディアゴン

  3. 3

    Amazonと違う楽天の「送料無料」

    自由人

  4. 4

    よしのり氏 ヤジ糾弾は魔女狩り

    小林よしのり

  5. 5

    山本太郎氏を利用する立民に呆れ

    田中龍作

  6. 6

    迎撃魚雷の実用化が進まない背景

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  7. 7

    メルカリのOrigami買収判断は謎

    やまもといちろう

  8. 8

    自民のヤジ 謝罪要求は筋違いか

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  9. 9

    SW新作から見える米社会の変貌

    WEDGE Infinity

  10. 10

    新型肺炎の流行 五輪にも影響か

    川北英隆

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。