記事

大学入試の混乱に、誰が責任を負うのか

萩生田文科大臣は昨日、大学入学共通テストの、国語、数学の記述式試験を延期することを発表しましたが、これまで英語民間試験をはじめ、大学入試に対して大きな混乱を生じさせたことに対して、誰にも責任はないような説明ぶりでした。

歴代文科大臣もそれぞれ一生懸命やってきた、つまり責任はないと言わんばかり。また与党とも話し合いながらやってきたとも言いましたが、当の与党議員からは「文科省からは知らされないうちに進められていた」と、責任のなすりつけ合いのような発言が出ています。

これだけ全国の高校生の大学入試への取り組みを混乱させながら、誰も責任を取らないということがあっていいのだろうかと思います。

そもそも、国会が閉会した後を狙って延期の発表を行なっていること自体が姑息。

責任の所在をはっきりすべきです。年明けの予算委員会でも、必ずやこの点は明らかにしていきます。

あわせて読みたい

「大学入試改革」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    「おっぱい祭り」NHK大河が話題

    SmartFLASH

  2. 2

    長妻氏側が山本太郎氏側に圧力か

    田中龍作

  3. 3

    辻元氏 ANA資料は公正かつ誠実

    辻元清美

  4. 4

    識者が恐怖したクルーズ船の惨状

    青山まさゆき

  5. 5

    クルーズ船感染は人災? 医師告発

    中村ゆきつぐ

  6. 6

    我が子に完敗したオタクの限界

    シロクマ(はてなid;p_shirokuma)

  7. 7

    肺炎への対策鈍い安倍政権に苦言

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  8. 8

    安倍首相のねつ造答弁は言語道断

    大串博志

  9. 9

    東出昌大が告白「すべて失った」

    文春オンライン

  10. 10

    「日本の検疫は失敗」海外で批判

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。