記事

初鹿明博議員が猥褻容疑で書類送検、立憲民主党にも厳しい声

(写真:アフロ)

立憲民主党・初鹿明博衆院議員(50)が12月17日、強制猥褻容疑で書類送検されていたと発表した。同党は「性暴力被害者支援法」の制定に取り組んでいるため、ネットでは議員だけでなく党にも厳しい声が上がっている。

週刊文春で、知人女性に猥褻行為を働いたと報じられた初鹿議員。その内容は15年5月、タクシーに同乗した女性にいきなりキスを迫り、さらにズボンのチャックを下ろし顔を引き寄せたというものだった。のちに初鹿議員は「嫌じゃなかったと思った。反省しています」と女性に謝罪。しかし同誌が取材したところ、「酔っ払ってたから。あんまり覚えていない」とコメント。さらにタクシーに同乗したため、“合意”だと考えていたとも明かしたという。

そして今月16日には、デイリー新潮が同件について女性が被害届を提出していたと報じている。提出は今年に入ってからだったが、今月上旬に初鹿議員は書類送検されたという。

すると17日に初鹿議員が国会内で記者団に応じ、強制猥褻容疑で書類送検されたことを認めた。各メディアによると容疑の認否については「現在進行中の案件であり、お答えは差し控えたい」「捜査当局に対して全面的に協力している。判断は捜査当局に委ねたい」とコメント。「お騒がせしていることをお詫び申し上げる」と述べたという。

16年12月の週刊新潮にも女性への猥褻行為を報じられていた初鹿議員。その際は女性に急に抱きついて胸を触った挙句、自分のズボンを脱ぎ始めたというものだった。さらに同誌が取材した際、「みんな奥さん以外に、はけ口求めていると思うよ」などと話したという。

一度ならず二度も、猥褻行為が報じられている初鹿議員。ネットでは非難の声が上がっている。

《興味のない男性の下半身に顔を押し付けられて嫌じゃない女性がいるのか?》
《世間を騒がしていることの謝罪よりも、ズボンのファスナーを下ろし、女性の顔を股間に押し付けたことを謝罪して下さい》
《警察の捜査で送検相当になったということなので、そこに関してはちゃんと調べて明らかにして、必要ならば議員辞職も含めて厳正に対処してほしいと思う》

いっぽう立憲民主党にも厳しい声が上がっている。

同党は基本政策に「性暴力被害者の心と体を守るために適切な支援ができる体制をつくります」と掲げており、18年6月には「性暴力被害者支援法」の法案を衆議院に提出している。

また今年3月に党の公式サイトにアップされた「国際女性デーにあたって」という談話でも、ジェンダー平等推進本部長・神本美恵子議員(71)が「『#MeToo』運動で明るみにでてきたように、未だ女性に対する暴力は止むことがありません」とつづり、女性の尊厳を守るために「性暴力被害者支援の法定化」に取り組んでいくと意気込んでいた。

そのためネットでは同党に、こんな声が上がっている。

《「性暴力被害者の心と体を守るために適切な支援ができる体制をつくります。」という基本政策を掲げる立憲民主党の一員が、女性に猥褻な行為をした疑いで書類送検されたというのは、あくまで疑いですが本当であれば呆れてしまいますね》
《「書類送検していた」ということは、新潮がすっぱ抜かなければ、ダンマリ決め込むつもりだったということですね》
《所属議員が書類送検されたことについて立憲民主党としてどう対応するのか? 逃げずに丁寧に説明してほしい》

あわせて読みたい

「初鹿明博」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    BCG接種 コロナ予防の仮説に注目

    大隅典子

  2. 2

    パチンコはいいの? 関口宏が質問

    水島宏明

  3. 3

    昭恵氏だって…外出する人の心情

    田中龍作

  4. 4

    現金給付の所得制限が生むリスク

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  5. 5

    中高年こそ…叩かれる若者の感覚

    六辻彰二/MUTSUJI Shoji

  6. 6

    武漢のコロナ対応「高度だった」

    渡辺千賀

  7. 7

    ロックダウンした英国からの助言

    木村正人

  8. 8

    「日本の雰囲気軽い」仏紙が指摘

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  9. 9

    知られざる「個人撮影AV」の実態

    文春オンライン

  10. 10

    NT誌東京支局長の日本非難に苦言

    木走正水(きばしりまさみず)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。