記事

国内No.1プロテイン「ザバス」 企業秘密だらけの工場に潜入

1/2

土屋礼央が気になる企業や人物にインタビューする「じっくり聞くと」。今回は、国内No.1の売上実績を誇る明治のプロテイン「ザバス」シリーズを生産する岡山県食品株式会社の工場を訪れた。

海外のプロテインが主流だった1980年にプロテイン市場に参入した明治。ザバスがトップアスリートから一般人まで幅広い支持を集めている理由はなんなのか。じっくり聞いてみた。

モザイクだらけ? プロテイン製造ラインは企業秘密の結晶


土屋:本日はザバスを製造している岡山県食品の工場にやってきました。工場に入る前には手洗いやエアシャワーなど、徹底した衛生管理が行われ、私自身も完全防備で誰だかわからない見た目になっております。

工場を案内してくれるのは株式会社明治・栄養開発部の山内大器さんです。どうぞよろしくお願いいたします。

山内さん、工場に入った途端にいい香りがしますが、保管されているこの粉は何でしょうか?


山内:ホエイたんぱくといわれるザバスのたんぱく原料の粉です。その他に、ビタミンやミネラル、フレーバーなどザバスのプロテインを作るのに欠かせない原料を保管しています。まず、使用する原料をふるいに通して異物を取り除いたあと、釜に移して「造粒」という工程に入ります。

土屋:造粒というのはどういう作業でしょうか?

山内:細かいそれぞれの粉をまとめてあげる作業です。この工程によって、プロテインが溶けやすくなり、含まれる栄養素の均一性が高まります。この工程の詳細は企業秘密なんです。


土屋:ここに、圧倒的に溶けがいいザバス独自の秘密が隠されているわけですね。

山内:造粒の工程も終えて、プロテインは完成ですが、粉が大きくなりすぎると、溶け具合や均一性に影響してくるので、再びふるいにかけて粒度の調整を行います。


土屋:その検査工程も企業秘密なんですね。

山内:そうなんです。ふるいにかけるメッシュのサイズなどは門外不出なので。味や溶け具合を、現場レベルで何度も厳しく確認作業を行います。

土屋:現場レベルということは、これが最終チェックではないんですね。検査で「違うぞ」となったらどうなるのですか?

山内:各専門家を集めて、どの工程に誤りがあったのかを調べます。その上で、本当にダメなものは廃棄となります。

土屋:徹底してやっていますね。

スプーン先入れに興奮 1g単位の正確さ


山内:複数のチェックを経て、ようやく製品を缶や袋に充填していく作業に入ります。本日は、ザバスの缶タイプの充填ラインをご見学頂きたいと思います。まず空の缶が送られていきます。

底部が空いている缶には、埃などが入っている可能性があるので、缶の中にエアーをかけて綺麗にします。そして、お客様が計量しやすいように、専用のスプーンを充填します。



土屋:粉より先に入れているんですね。

山内:粉を先に充填してしまうと入らなくなってしまうのです。

土屋:スプーンが機械で縦になって落ちて缶に入っていく。メカ好きなので、同じことが繰り返されていく様子は大好きなんです。この工程は興奮します(笑)。次が粉の充填ですね。ものすごいスピードで入っていきます。

山内:微妙に量が足りないこともあるので、重量を1g単位で再確認して完成です。

土屋:なぜこんなに美味しくなったのか、人気の秘訣はなにか、じっくり聞かせてください!

「罰ゲーム」感覚だったプロテインがデザート並みの美味しさになったワケ


普段からザバスユーザーだという土屋。工場見学の興奮も冷めやらぬなか、「たくさんあるプロテインの違いとは?」「なぜザバスは美味しいのか?」など、気になるポイントを担当者と1対1でじっくり聞いていく。

土屋:「プロテイン」と一口に言っても、お店にはたくさん並んでいます。違いはどこにあるのでしょうか?

山内:牛乳由来のホエイたんぱくや、カゼインたんぱく、大豆由来のソイたんぱくなどいろいろな種類があります。ホエイたんぱくは筋肉でカラダを大きくしたい方、大豆プロテインは内側からカラダを引き締めたい方に適しているなど、それぞれ特徴があります。


土屋:僕はずっとジムに通っていて、15~16年前からプロテインを飲んでいますが、当時は「罰ゲーム感覚」で飲むほど、美味しくありませんでした(笑)。でも、最近の商品は圧倒的に美味しくなっている気がします。

山内:昔は牛乳に混ぜて飲むのに合わせてバニラ味が主流でしたが、我々はお菓子やヨーグルトメーカーとしての知見を活かしながら、継続して風味の改良を続けています。

ザバスでは現在、ココアやチョコレート、水に溶かしても美味しいヨーグルト、グレープフルーツ、アセロラ味といった、スポーツドリンクのように飲めるものなどさまざまなタイプを揃えています。


土屋:これだけ味の変化が起こせたのは、技術の向上があったからですか?

山内:我々の技術力が上がったことに加え、原料メーカーとの共同開発に力を入れてきた結果でもあります。

トピックス

ランキング

  1. 1

    ウイルス変異も「運がいい」日本

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    山手線 中国・韓国語表示消えた?

    BLOGOS しらべる部

  3. 3

    お嬢様迷惑ツアーに島が自粛要請

    SmartFLASH

  4. 4

    菅氏、朝日新聞の抗議内容を否定

    BLOGOS しらべる部

  5. 5

    山下智久 JKモデルとホテル宿泊?

    文春オンライン

  6. 6

    コロナ死者の多くは平均寿命近く

    名月論

  7. 7

    韓国の反日は日本にとって好機

    PRESIDENT Online

  8. 8

    GoTo混乱収めるのはトップの仕事

    わたなべ美樹

  9. 9

    第2波よりも怖い米国企業の破綻

    長谷川高

  10. 10

    小倉優香の降板騒動 理由は彼氏?

    渡邉裕二

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。