記事

伊藤詩織さん、山口敬之氏に「解決策を一緒に探ってくれたら嬉しい」 性暴力被害裁判で勝訴


 ジャーナリストの伊藤詩織さん(30)が元TBS記者の山口敬之氏(53)から性暴力を受けたとして1100万円の損害賠償を求めた裁判で、東京地裁は18日、伊藤さんの請求の一部を認め、山口氏に330万円の支払いを命じた。山口氏側の反訴は棄却された。

 東京地裁前で囲み取材に応じた伊藤さんは「正直、まだどういうふうに感じていいのかわからないところです。ただ、出てきたときにずっと隣で支援してくださった方が、ハグをしてくださって、ひとつのピリオドはつけられたんだなという気持ちです。ただ勝訴したからと言って、この事がなかったことになるわけではないですし、これからも自分を受けた傷とどういうふうに向き合っていくのかということがあるので、これが終わりではないです。ただ、これがきっかけになり、もっと今まで出てこなかった証拠であったり、証言を皆さんに見ていただける機会ができたんじゃないかなと思い、それは本当にうれしいばかりです」コメント。山口氏に対しては「できるだけ誠実に今後お話していただければなと。そこで私たちのケースだけではなく、どういった構造でこれが行われてしまったのかというところに彼自身も向き合って、解決の策を一緒に探ってくれるようになったら私は嬉しいなと思っています」と話した。

 その上で伊藤さんは「2017年に記者会見をさせていただいた時もそうだったんですけど、やはり社会的、法的環境、性暴力被害者が取り巻かれている環境が本当に遅れているなという思いでお話したのがひとつの理由でした。来年は刑法の見直しの時期でもありますが、そちらにまだ直さなければならない部分たくさんありますので、そこの部分も同時にカバーしていただけたらなと思います。同時に、本当にたくさんの方にここまで支えられても、すごく不安になったり、孤独になたりする裁判だったなと思います。1人でこのような裁判に向き合ってる方がたくさんいると思います。少しでもそういった方の負担がないように、サポートシステムなどが改善されていければいいのかなと思います」とした。

 伊藤さんと山口氏は今日午後、それぞれに記者会見を開く予定となっている。(AbemaTV/『AbemaNews』より)

▶映像:伊藤さんの会見映像

あわせて読みたい

「伊藤詩織」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    橋下氏 コロナめぐり識者に苦言

    橋下徹

  2. 2

    クルーズ船で横浜の飲食店が悲鳴

    田中龍作

  3. 3

    独善的な告発医師の下船やむなし

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    安全無視? 日本の危機管理に呆れ

    ESQ

  5. 5

    夫の性犯罪発覚で妻が味わう屈辱

    幻冬舎plus

  6. 6

    中居正広「登る山を探している」

    SmartFLASH

  7. 7

    サブウェイの対面注文が「怖い」

    幻冬舎plus

  8. 8

    韓国人観光客が消えた対馬の窮状

    NEWSポストセブン

  9. 9

    「神」の不倫に困惑した少年時代

    いいんちょ

  10. 10

    3日で5倍 韓国のコロナ感染急増

    木走正水(きばしりまさみず)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。