記事

貿易収支、11月は821億円の赤字、輸出が12ヵ月連続減=財務省


[東京 18日 ロイター] - 財務省が18日発表した11月貿易統計速報は、貿易収支が821億円の赤字だった。ロイターの予測中央値3690億円の赤字より赤字幅は小さかった。輸出は前年比7.9%減、輸入は前年比15.7%減だった。

輸出の減少は12カ月連続。財務省幹部は中国向け輸出のマイナスについて、中国経済の減速が影響した可能性があると指摘。「それがトータルの輸出額の減少に影響を及ぼした」という。輸出減の連続は2015年10月から16年11月まで14カ月連続で減少して以来。

輸出品目では、自動車(7.0%減)、鉄鋼(18.2%減)、建設用・鉱山用機械(44.9%減)の減少が大きかった。輸入の主な減少品目は原粗油(30.9%減)、通信機(31.1%減)、石油製品(40.8%減)だった。

対中輸出は5.4%減で9カ月連続の減少となった。輸出の主な減少品目は化学医薬品などの有機化合物(33.0%減)、ギアボックスなどの自動車部分品(16.4%減)、鉱物性燃料(49.4%減)。一方、自動車の輸出は34.4%増。環境規制の強化を背景に、ハイブリッド車の需要が高まった。

輸入の主な減少品目は携帯電話などの通信機(36.6%減)、衣類・同付属品(16.6%減)、PCなどの電算機類(7.1%減)だった。

対米輸出は12.9%減で4カ月連続の減少。1000-1500ccを中心に自動車が17.1%減となったほか、建設用車両エキスカベーターなどの建設用・鉱山用機械(54.8%減)、ギアボックス部分品など自動車部分品(18.9%減)が減少した。

輸入品目では、液化天然ガスが121.5%増加した一方、原動機(37.0%減)、飼料用のトウモロコシなどの穀物類(45.1%減)、液化石油ガス(26.8%減)は減少した。

*内容を追加しました。

(浜田寛子 編集:青山敦子)

あわせて読みたい

「貿易収支」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    昭和の悪習 忘年会が絶滅する日

    かさこ

  2. 2

    「Mr.慶應」性犯罪で6度目の逮捕

    渡邉裕二

  3. 3

    早慶はいずれ「慶應一人勝ち」に

    内藤忍

  4. 4

    医師が語る現状「医療崩壊ない」

    名月論

  5. 5

    再び不倫 宮崎謙介元議員を直撃

    文春オンライン

  6. 6

    宗男氏 桜疑惑めぐる報道に苦言

    鈴木宗男

  7. 7

    感染増の原因はGoToだけではない

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  8. 8

    医師 GoTo自粛要請は過剰な対応

    中村ゆきつぐ

  9. 9

    テレビ劣化させる正義クレーマー

    放送作家の徹夜は2日まで

  10. 10

    貯金がない…京都市を襲った悲劇

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。