記事

737MAX生産停止、20年米第1四半期GDP0.5ポイント下押しか

[ワシントン 17日 ロイター] - 米ボーイング<BA.N>が最新鋭旅客機737MAXの生産停止を決めたことで、米国内総生産(GDP)や雇用が打撃を受けそうだが、影響は一時的であり、サプライヤーが拠点を置く地域に集中する――。エコノミストや業界幹部はこうした見方をしている。

複数のエコノミストが17日発表した試算では、737MAX生産停止によって来年第1・四半期GDPが少なくとも0.5%ポイント押し下げられる。在庫投資積み増しの減少が理由だ。

737MAXが運航停止になった3月以降、ボーイングは引き渡しを凍結したが、その後も生産は続けていた。つまりGDPベースでは、航空機分野で輸出と設備投資の落ち込みを在庫急増という形で和らげてきた。

一方今後についてキャピタル・エコノミクスのシニア米国エコノミスト、マイケル・ピアース氏は「既に出荷は止まっているので、航空機輸出と投資はもうそれほど大幅に落ち込みそうにない。だが生産停止決定で在庫急増が終わり、第1・四半期の経済成長が大いに足を引っ張られる」と指摘した。

それでも737MAXは来年中に生産再開の可能性もあるため、通年では成長率にそれほど影響を与えないと見込まれている。米連邦準備理事会(FRB)についても、第1・四半期に景気が弱含んでも一時的な現象とみなすとエコノミストは予想している。

ボーイングは、737MAX製造に携わる約1万2000人のレイオフはしないと明言した。それでもエコノミストによると、サプライチェーンに関係する、より小規模な600を超える企業の一部は人員削減か一時帰休、あるいは労働時間短縮に動き、米国の雇用統計にマイナスとなるだろう。

例えばボーイングを最大の得意先としていて、737MAX部品の7割を製造しているとみられるカンザス州拠点のスピリット・エアロシステムズ・ホールディングスは既に6月に契約社員を減らし、正社員の週労働時間も短くしている。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「ユニクロ=格好いい」ブランドに 英国ファッション業界で広がる人気

    小林恭子

    09月28日 11:51

  2. 2

    iPhone12 ProMaxからiPhone13 ProMaxに買い替えた結果

    永江一石

    09月27日 14:35

  3. 3

    まだゼロコロナを目指す?行動制限の緩和に消極的な知事らに医師が苦言

    中村ゆきつぐ

    09月28日 08:14

  4. 4

    麻生太郎氏が恐れる「河野家への大政奉還」 総裁選後に麻生派空中分解も

    NEWSポストセブン

    09月28日 09:09

  5. 5

    米タイム誌が評価した隈研吾氏の新国立競技場が「負の遺産」に

    渡邉裕二

    09月27日 09:00

  6. 6

    オンライン授業でレポートの精度が向上 大学准教授が推測する背景とは

    BLOGOS編集部

    09月28日 11:06

  7. 7

    スーパーシティって何だ?

    ヒロ

    09月27日 10:32

  8. 8

    小室圭さん 結婚決定で開き直り?会見拒否で眞子さま単独釈明の現実味

    女性自身

    09月28日 09:22

  9. 9

    またしても繰り返される新型コロナにまつわる様々な怪現象。

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

    09月28日 10:58

  10. 10

    SDG's がもたらす物価高 先進国でもエネルギー価格が高騰するリスク

    ヒロ

    09月28日 10:28

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。