記事

盗品や横流し品の転売 オークションやフリマで常態化か

県庁のハードディスクが転売された問題で、頭を下げる神奈川県の黒岩祐治知事(中央)ら(時事通信フォト)

 古本屋で購入した書籍に「●●大学蔵書」という印鑑が押してあり、ドキリとさせられた体験をした人は少なくなかったが、きっと、大学の先生による大量の蔵書処分に紛れこんでしまったのだろうと善意の解釈をしたものだ。だが最近は、フリマアプリなどで日用品を買ったら「●●役所」とラベルがあって仰天させられる時代だ。こちらは、ついうっかり紛れ込んだとは考えづらい。ライターの森鷹久氏が、役所の廃棄処分品や紛失物が売り買いされている実態についてレポートする。

 * * *
 神奈川県庁のサーバーに使用されていた複数のハードディスクが、そして品川区の災害備蓄品だった、メーカーが推奨する使用期限をオーバーした紙オムツが、ネットオークションで転売された。廃棄対象だったとはいえ、役所の物品が横流しされたともいえる事件が相次いだ。ハードディスク転売犯は、デジタルメディアのデータ消去を請け負う会社の社員。オムツの転売犯は、調査中ではあるが「仲介の運送業者が関わった可能性が高い」(キー局社会部記者)という。

 これらの事件は特殊な例ではない。オークションサイトで売買されているものには、似たような出自の物品が少なくない。捨てられる、処理されるべきだったものが捨てられず、それを違法にカネに変えてしまおうとする人たちがいる。

「フリマアプリで買ったカメラのバッテリーに“××小学校備品”というシールが貼ってあって驚きました。販売者は都内のリサイクル業者。問いただしても、うちは関係ない、知らないと。その小学校に問い合わせ、何度かやりとりしたものの、連絡が途絶えた。そのまま使用していいものかわからず、使っていても気味が悪くて」

 埼玉県在住の山浦なおみさん(仮名・30代)が、フリマアプリでデジタルカメラを購入したのは今年6月。子供の試合を撮影しようと、9千円ほどで販売されていたカメラを購入した。見た目は綺麗で、使用する分には何ら不具合もない。しかし、充電のためにバッテリーを取り外したところ、学校名が書かれたステッカーを発見。盗品じゃないか、そう考えた。

「小学校の先生という人と何度か電話で話しました。機種を告げると、確かにうちで使っていたものだ、そして、少し前に紛失したものだと最初は確かに言われたんです。その後すぐ、その小学校の別の先生から電話がかかってきて、処分したものだから問題ない、と説明を受けて釈然としませんでした。盗まれたことを隠蔽しているのではないかと」 筆者は念のため、当該の小学校に問い合わせたが「処分したもので、それ以上の説明はできない」というばかりで、取材に応じることはなかった。あまりに杜撰だと思えるが、都内の産廃業者によれば、こうした現実は、現場では日常茶飯事なのだという。

「紙オムツは、期限切れでも中国人相手に売れるから、転売は横行しています。災害用備蓄品で言えば、水や備蓄食、電池など消費期限より前に処分する自治体もあり、やはりこれも海外向けに転売できます。ハードディスクなどは専門業者に行くことが多く、我々のところまで流れてくることは少ないですが、手に入れることができれば、バラして全部売れるんです。データ消去を請け負う業者の中には、シュレッダーかけて物理的に処理したという証明書だけを書いて、ブツは転売するという人がかなりいる。自分で売るのは嫌だから、足がつくからと我々に持ち込む人もいる。私らは、それがどこから流れてきたものかなんて気にしない。売れるものだったらそれなりの対価をはらって買い取り、転売する。それだけです」(都内の産廃業者)

 処分品を、ゴミとして捨てられるものを、それらをどう利用したとしても文句はないだろう、ということらしい。しかし、捨てた側からするととても納得はできない。ハードディスクのように個人情報の流出が懸念されるような品であればなおさら、気味の悪さ以上の、実害を伴う被害だって想定される。産廃業者が続ける。

「カメラだって記録メディアごと処分を外部業者に頼む人がいます。携帯、ハードディスク、データの入ったCD、DVDでもそうです。役所や大企業は、こうした処分を下請けに放り投げるだけで安心している。というより、金を払って業者に処分を任せたという既成事実を作り、責任逃れをしているのかもしれません」

 捨てられたものを違法に転売する方が一番悪い。しかし、捨てる側にも責任があるという現実を、我々消費者はしっかりと受け止め泣けねばならない。

あわせて読みたい

「フリマアプリ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    猫の目が…奇跡の失敗写真が話題

    BLOGOS しらべる部

  2. 2

    収監された周庭さん 12人部屋に

    BLOGOS しらべる部

  3. 3

    安倍氏に弁護士「虚構だった?」

    郷原信郎

  4. 4

    GoTo見直しで焦る日本の敗戦模様

    文春オンライン

  5. 5

    投資家がマイホームのリスク指摘

    内藤忍

  6. 6

    菅氏はカジノより介護を優先せよ

    毒蝮三太夫

  7. 7

    社民党を食いつぶした福島瑞穂氏

    文春オンライン

  8. 8

    桜疑惑 安倍氏かばう議員に疑問

    猪野 亨

  9. 9

    独裁者に目を付けられた周庭さん

    WEDGE Infinity

  10. 10

    注文待つ「Uber地蔵」街中で急増

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。