記事

《ゼロからわかる山口組分裂抗争激化》“武闘派”高山若頭の原動力になった「5代目の怨念」 - 尾島 正洋

1/2

 髙山清司若頭の出所を契機に、山口組分裂抗争が激化している。この抗争の背景にあるものとは――。この11月、『総会屋とバブル』(文春新書)を刊行したノンフィクションライター、尾島正洋氏に寄稿してもらった。

【写真】出所した髙山清司若頭

 国内最大の指定暴力団6代目山口組ナンバー2、若頭の地位にある髙山清司(72)が恐喝事件の刑期が満了し10月18日に府中刑務所を出所して以降、暴力団抗争事件が全国で頻発している。

 主な抗争は6代目山口組と、山口組から2015年8月に分裂して結成された神戸山口組との間で発生している。なかには、米軍のライフル型の軍用自動小銃が使われた事件も発生している。

 元は同じ釜の飯を食っていた同士だけに近親憎悪の根は深く、殺害方法も残忍さが際立っている。報復の連鎖は続くのか。双方の組織は全国各地に存在しているため、いつどこで抗争が発生するか分からず、一般市民を巻き添えにする危険性も高まっている。

M16自動小銃乱射の意味するところ

 多くの買い物客が行きかう兵庫県尼崎市の商店街で11月27日の夕刻、大型銃の発射音が連続して鳴り響き、同市を拠点とする指定暴力団神戸山口組幹部の古川恵一(59)が射殺された。逮捕されたのは、対立する6代目山口組系の元幹部だった。


神戸山口組の古川恵一幹部が射殺された現場付近 ©共同通信社

 殺害に使われたのは「M16」と呼ばれる米軍がかつて公式採用していた自動小銃。十数発を全身に発射する残忍さだった。一般的な住宅であれば壁を貫くほどの威力を誇る銃器だけに、巻き添えを恐れる市民をはじめ、社会に与えた影響は大きかった。

 尼崎の連射殺害事件より前の11月18日には熊本市内で別の神戸山口組幹部が刃物で刺され、19日には札幌市内のさらに別の同組幹部宅に車両が突入する事件も起きている。

 警察関係者によると、いずれの事件も、髙山が熊本、札幌の6代目山口組系の組織を「激励」した直後に発生していたという。

「殺人などを実際に指示するということでは決してない。しかし、しっかり仕事に励め、などという趣旨の話をして、地元組織が髙山の意図を解釈した。つまり忖度したということではないか」(警察関係者)

 事件は髙山出所の前にも起きている。10月10日午後、神戸市の神戸山口組の中核組織、山健組本部前で同組系組員2人が射殺された事件も発生、これも髙山出所が大きな要因とみられる。

 東京を拠点に活動している指定暴力団幹部Aは、多くの事件で使われている拳銃について解説する。

「ヤクザは拳銃の取り扱いに慣れているとか、常に身辺に拳銃を隠し持っているなどと思われているが、全くそういうことはない。拳銃を持ってケンカに行くとなれば、事前にしっかりと練習しなければうまく撃てない。自分もかつて抗争事件で拳銃を実際に撃ったことがあるが、東南アジアの合法的に撃てるところでかなり練習した。初めて撃った時には反動が大きくて驚いた。しっかりと銃身を握り、腰を据えて構えないと弾は前に飛ばない」

 そのうえでAは、6代目山口組と神戸山口組の間の事件について、次のように付け加えた。

「かなり前から抗争に備えて、それなりに銃器の練習をしたうえで使っているはずだ。特に尼崎の事件で使われた米軍がかつて使っていた自動小銃などは、手渡されてすぐに使用できるものでは全くない。素人が扱うのは、まず無理だ。インストラクターのような人物に指導してもらうようなことが必要ではないか」

5代目時代の怨念とは?

 刑務所を出所しただけで、これだけ事件を続発させる影響力を持つ髙山とは、どのような人物なのか。

 髙山は1947年9月に愛知県に生まれた。20歳前後で山口組弘道会の前身組織、弘田組傘下組織に加入、現在の6代目山口組組長の司忍と出会い、群雄割拠の中京地区の暴力団社会を平定するにあたり大きな功績を上げたという。

 その後、司をトップとする弘道会は「武闘派ヤクザ」として知れ渡るだけでなく、名古屋経済に食い込みを図り、中部国際空港の利権などで豊富な資金力を備えた経済ヤクザとしても認知されるようになって行く。

 当時を知る指定暴力団幹部Bが、弘道会の巨大化の背景について解説する。

「力のある組織にはカネが集り、カネが集まれば若い衆も集まる。そうやって組織が大きくなればシノギ(資金源)の話も舞い込む。水は高い所から低い所に流れるが、カネは低い所ではなく強い所に吸い込まれる」

 そして弘道会は、5代目山口組時代には直系の直参組織の中でも大派閥を形成し、5代目山口組組長であった渡辺芳則の出身母体の山健組と、「2大派閥」と並び称されるようになって行く。

 6代目山口組が発足して以降の髙山について、長年、暴力団対策に従事してきた警察幹部は「5代目体制時代の怨念が髙山の原動力になっているのではないか」と分析する。

「5代目体制時代の怨念」について、警察幹部は「5代目裁定だ」と指摘する。5代目山口組組長を務めた渡辺は若いころに、後に山口組とたもとを分かつことになる神戸山口組の中核をなす山健組に加入し、1982年に同組2代目組長に就任した。山口組はカリスマと呼ばれた3代目組長、田岡一雄が死去した後の1984年、4代目組長の座をめぐり分裂。離脱グループが一和会を結成し、4代目山口組組長に就任した竹中正久を射殺するなど、両組織の間で史上最大の対立抗争事件「山一抗争」が起こり、双方で25人が死亡。一般市民を含む約70人が重軽傷を負った。

組内でシノギがバッティング

 こうした史上最悪の対立抗争を経て、渡辺は1989年4月、5代目山口組組長に就任した。この年の年末には東京証券取引所で平均株価は3万8915円の史上最高値を記録するなど、当時はバブル景気の絶頂期だ。全国の暴力団業界も、それまでの賭博や違法薬物の密売、売春などの伝統的なシノギから、地上げなどの不動産関係、金融業など表経済にも進出していった。「それまでは考えられなかった桁違いのカネが動くようになって行った」と、バブル期から活動している指定暴力団幹部Cが述懐する。

 しかし、間もなくバブルは崩壊。表経済の苦境は暴力団業界にも押し寄せてきた。それでもカネの動きに嗅覚が働く経済ヤクザは、様々な「表経済」にシノギを求め続けたが、「同じ山口組内でシノギがバッティングすることが多くなって行った」(指定暴力団幹部C)という。そこに「怨念」が生まれたのだ。

「例えば、大規模な不動産開発があった場合、地域住民への迷惑料として地元対策費などが予算化される。当然ながら、総工費が大きければ対策費も大きな額になる。ある案件で偶然にも、山健と弘道が同じシノギをしようとしていたとする。このように山口組内部で双方が手を挙げバッティングしたら、5代目裁定となり、(組長の渡辺は)出身母体の山健に有利になる裁定を下していたようだ」(同前)

 当時、山口組内部では「山健組にあらずんば、山口組にあらず」といった声が聞かれたように、こうした状況は5代目山口組体制の間は続いていたという。

あわせて読みたい

「山口組」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    コロナ巡り医師がTBSで政府批判

    水島宏明

  2. 2

    「映像研」落語好きが唸るアニメ

    松田健次

  3. 3

    新型インフル抑えた「過剰反応」

    井戸まさえ

  4. 4

    たらい回し? 肺炎報道に医師苦言

    中村ゆきつぐ

  5. 5

    籠池氏への不当な国策判決を批判

    郷原信郎

  6. 6

    口頭決裁? 権力の私物化が露呈か

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  7. 7

    厚労省の審議官が船内で問題行動

    文春オンライン

  8. 8

    口頭決裁を認めた森法相に苦言

    早川忠孝

  9. 9

    なぜ企業に資金が滞留するのか

    ヒロ

  10. 10

    肺炎めぐる煽り報道は自制せよ

    青山まさゆき

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。