記事

山口組分裂抗争終幕へ「今後はピンポイントで幹部が狙われる」待ち構えるヤクザの“歴史の終わり” - 末家 覚三

1/2

 マシンガンがあげた血しぶきが、数年に及んだ国内最大の暴力団「山口組」の分裂抗争の帰趨をとうとう決めつつある。当初は冷戦とも呼ばれ、ヤクザ史に生じた新たな展開を昔ながらの手法で押し留めたこの事実は、進化を続けてきたヤクザの歴史の終わりを示しつつある。

【写真】府中刑務所を出所した高山清司若頭

神戸山口組の崩壊はもはや誰の目にも明らか

 12月13日、六代目山口組(組長・司忍)から分裂した神戸山口組の井上邦雄組長と直系幹部の今年最後の集いは、反撃の狼煙を上げる場どころか、さながら通夜の席となった。会合には古参幹部数人が欠席。最高幹部の一人はその日、解散を表明した。崩壊はもはや誰の目にも明らかとなった。


指定暴力団山口組弘道会の「事始め」(新年のあいさつや組の指針を示すなど)が行われる中、自宅に入る山口組の篠田建市(通称・司忍)組長 ©時事通信社

 きっかけはひとつだ。11月27日、兵庫県尼崎市の路上で神戸山口組幹部の古川恵一の前に六代目山口組系の元組員が立ちはだかり、ベトナム戦争でも活躍した米国製マシンガンM16で十数発の銃弾を浴びせ、絶命させた。ヤクザ抗争史に残る凄惨な現場だった。

 一方、その1週間後に自らがヒットマンとして8月に弘道会組員を銃撃したとして逮捕されたのは神戸山口組最高幹部の一人で、中核二次団体「山健組」トップ、中田広志。元部下がきっちり相手幹部の命を仕留める組織と、トップ自らが動いても命を仕留められない組織。その差はヤクザの世界では自明だ。

「バカなのがヤクザなんだよ」

 雌雄は決した、というのが捜査関係者も暴力団関係者も一致した見方だろう。その背後にいるのが10月に出所した六代目山口組ナンバー2の若頭、高山清司だ。

 山口組に近い暴力団関係者はいう。

「抗争はもう長くても1年、2年で終わるだろう。あのマシンガンの襲撃は歴史に残るよ。半分引退したような状態だった古川も、永遠に歴史に名を残したんじゃないか。今後は、ピンポイントで神戸の幹部が狙われる段階に入った。たしかに高山は現状を全く分かってない。司もそう、自分で現金すら触ることのない生活を続け、世間ずれしている。高山の出所してからの動きはバカかもしれない。でも、バカなのがヤクザなんだよ」

「暴排」の流れを全否定した高山

 そもそも、2015年8月に山口組が分裂したのは、この高山による強権的な組織運営が発端だった。高山や司の出身母体の二次団体、弘道会が、先代の5代目の出身母体である山健組の勢力を削ってきたことが、山健組を中心に神戸山口組を結成する事態を招いた。

 当初、神戸山口組もあらゆるヤクザの掟を更新して見せた。親分への絶対服従という唯一最大のルールを破って親分が健在のなか反旗を翻し、16年5月に六代目側に神戸側の直系組織の幹部一人の命を奪われてもなお、「亀の子作戦」を決め込み、非殺人・非服従路線で、暴力団対策法などの法の目をかいくぐり続け、ヤクザ抗争史にない「冷戦」を演出した。

 確かに時代は変わった。暴力団対策法に暴力団排除条例。暴力団組員同士の殺人でも無期懲役が宣告されるようになり、損害賠償請求訴訟では億単位の金が組長に請求される。特定抗争指定暴力団に指定されれば会合すら禁じられる。ヒットマンにしたら、生きて塀の外に出られるかも出所後に自分の組織があるかも不明。血で血を洗う抗争は割に合わない、というのが大勢の見方だった。

 そんなヤクザの最新形を全否定したのが、高山だった。出所の半年前から神戸山口組の中核組織山健組のナンバー2が襲撃されたのを皮切りに、次々と六代目側による襲撃がエスカレート。マシンガンでの殺人に帰結した。

 バカであること。それは、ヤクザの親分への絶対服従の裏にあるもう一つの暗黙の掟、「殺人も厭わない」ことを意味するのだろう。

 政治は数、数は力、力は金、とは田中角栄元首相が残した政治の戦略だが、ヤクザでは少し違う。力、つまり暴力が数、人をひきつけ、人が増えることで上納金、つまり金につながる。それを徹底的に追求したのが高山だった。半グレがヤクザの軍門に降りつつあるのも、この力にひれ伏したからにほかならない。

あわせて読みたい

「山口組」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    埼玉県でマスク30万枚が野ざらし

    SmartFLASH

  2. 2

    ひろゆき氏 五輪の開催は難しい

    西村博之/ひろゆき

  3. 3

    安倍首相の暴走許す自民党は末期

    田原総一朗

  4. 4

    中韓が日本産盗む?対立煽る報道

    松岡久蔵

  5. 5

    新型コロナで公共工事中止は愚策

    近藤駿介

  6. 6

    権限ない休校要請 保護者は困惑

    BLOGOS しらべる部

  7. 7

    在宅勤務に賛成して休校否定の謎

    やまもといちろう

  8. 8

    政府の無策が招く東京五輪中止

    渡邉裕二

  9. 9

    マラソン決行 主催の説明に呆れ

    WEDGE Infinity

  10. 10

    ワタミ 弁当無料宅配で休校支援

    わたなべ美樹

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。