記事

日経平均は反発、年初来高値を更新 米国株高や円安を好感


[東京 17日 ロイター] - 東京株式市場で日経平均は反発し年初来高値を更新。前日の米国株高や為替の円安基調を受け底堅い動きとなり、2018年10月4日以来の高値となった。

16日の米国株式市場は、ダウ工業株30種<.DJI>は11月に付けた終値ベースでの最高値を上回って終了。S&P総合500種<.SPX>とナスダック総合<.IXIC>は3営業日連続で最高値を更新した。米中貿易摩擦が緩和したほか、中国の経済指標が強い内容となり、投資家心理が改善した。

日経平均は寄り付きで年初来高値を更新してスタート。その後は利益確定売りに押され伸び悩み、朝方全体をリードした主力輸出関連株も寄り付き天井となった銘柄が多かった。後場でも高値圏での堅調な動きをみせたものの、2万4000円台では膠着状態が続いた。後場の値幅は上下29円12銭にとどまった。

市場からは「米国株高や為替の円安基調を受け、日経平均は底堅い動きとなっている。ただ、好材料が出そろった後なので、さらに上値を追うにはもう一段何かほしいところ」(国内証券)との声が出ていた。

TOPIXも反発。東証33業種では、鉱業、精密機器、海運業などが上昇し、鉄鋼、ゴム製品、繊維業などが下落した。

個別銘柄ではプレサンスコーポレーション<3254.T>がストップ安比例配分。同社の山岸忍社長が、学校法人「明浄学院」(大阪府)の土地売買代金に関する業務上横領事件を巡り、大阪地検特捜部に逮捕されたことが嫌気された。

東証1部の騰落数は、値上がり1499銘柄に対し、値下がりが546銘柄、変わらずが112銘柄だった。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    総裁選で高市氏が怒涛の追い上げ 単純な「極右ムーブメント」とくくってよいのか

    倉本圭造

    09月17日 14:15

  2. 2

    毎日使うスマホ機種代をケチる貧乏性。毎日使う重要な道具こそお金をかけるべき!

    かさこ

    09月17日 09:50

  3. 3

    岸田氏が首相になれば真っ向から中国と対立、総裁選の争点になったウイグル人権問題

    木村正人

    09月17日 10:35

  4. 4

    中村格氏が警察庁長官という人事はひどすぎませんか。安倍・菅内閣による検察、警察人事の露骨な恣意性

    猪野 亨

    09月17日 09:07

  5. 5

    堀江貴文「西野亮廣の『えんとつ町のプペル』が大成功したたった一つの理由」

    PRESIDENT Online

    09月17日 16:17

  6. 6

    次の首相は誰に? 自民党総裁選の4候補が意気込みや政策語る

    BLOGOS編集部

    09月17日 14:23

  7. 7

    岸田氏と河野氏だけの争いではなくなった自民党総裁選 予断を許さぬ激しい戦いに

    早川忠孝

    09月17日 17:04

  8. 8

    始まった自民党総裁選 次のリーダーは党内の淀んだ空気を変えられるのか

    毒蝮三太夫

    09月17日 15:56

  9. 9

    【演説全文】野田聖子氏「自民党は反省と検証が必要」 自民党総裁選・所見発表演説会

    BLOGOS編集部

    09月17日 14:06

  10. 10

    がん患者に断食やサプリメントを推奨 クリニックへの疑問から“潜入取材”した医師

    ABEMA TIMES

    09月17日 15:21

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。