記事

雅子さまの「生きづらさ」の原因は宮内庁にある

1/2

「お国のために一生懸命お務めしてほしい」と送り出された

私は雅子皇后にインタビューしたとき、「天皇陛下とご結婚以来26年、皇族になって生きづらいと思ったことはありませんか?」と聞いてみた。

皇后は、少し困ったような顔をされ、「生きづらいと思ったことはありませんけれど……」といって、言葉を仕舞われた。


皇后さまの誕生日行事のため、皇居に入られる天皇、皇后両陛下=2019年12月9日、皇居・半蔵門 - 写真=時事通信フォト

もちろんこれは、私が惰眠を貪(むさぼ)っているときに見た夢でのことだが、今の雅子皇后の胸中を、私が勝手に忖度すれば、そう感じているのではないだろうか。

1993年6月9日、小和田雅子さんの自宅前には、400人以上の報道陣が並んでいた。午前6時18分、皇太子の使いの山下和夫東宮侍従長と高木みどり東宮女官長が到着した。

母親の優美子さんは娘に、「お体に気をつけて、お国のために一生懸命お務めしてほしい」と言葉をかけたそうである。

雅子さんは、水色のシルクの生地に水玉模様の柄の入ったツーピース。襟元にはパールのネックレス、白い手袋に白いバックを持っていた。皇太子の身長に合わせて4cmの中ヒールを履いていた。

迎えの車に向かって歩き出した雅子さんに、薔薇(ばら)の花を一本手にしたお手伝いさんが、愛犬ショコラを抱いて駆け寄った。雅子さんは、ショコラの耳に顔を寄せて、「バイバイ」と囁いたという。

パレード後、「最良の日でした」と涙が流れた

午前10時5分に「結婚の儀」が賢所で行われ、午後3時からは初めて天皇皇后両陛下に挨拶する「朝見の儀」が正殿松の間で行われた。

午後4時45分、宮内庁楽部が演奏する『新祝典行進曲』が流れる中、オープンカーに乗ってパレードに出発した。沿道は20万に近い人で埋め尽くされた。

全てを終わって、ようやく2人が会話をゆっくり交わしたのは午後11時30分を回っていたという。

雅子さんは、疲れた様子も見せず宮内庁関係者たちに、

「今でも沿道から声を掛けてくださった人たちの祝福の言葉が胸に響いています。最良の日でした」

と語ったという。それまで見せなかった涙が、雅子さんの目からそっと流れたそうだ。

ここまでの描写は、ジャーナリスト友納尚子の著書『皇后雅子さま物語』(文春文庫)から引用させてもらった。

雅子さんは29歳だった。この日、雅子さんの本籍地・新潟県村上市役所で、小和田家の戸籍から、雅子さんは除籍された。

1週間後の6月16日、皇族の戸籍にあたる「第百弐拾五代天皇に属する皇族譜」に登録され、徳仁親王妃雅子という欄に、両親の名、誕生日の年月日時、命名の日時などが記されたという(友納の『皇后雅子さま物語』より)。

こうして雅子妃は姓のない存在になったのである。

「皇族には基本的人権は事実上ほぼない」

君塚直隆関東学院大学教授は、朝日新聞(2019年12月6日付)の「耕論」で、皇室になるということはこういうことだといっている。

「日本の皇族は身分や生活は保障されても、特権はほとんど持たない義務ばかりの存在になったと思います。

参政権を持たず、世襲制で職業選択の自由はなく、とはいえ自由に皇室を離脱できるわけでもない。国民は、憲法で基本的人権や職業選択、婚姻などの自由が保障されています。しかし皇族にはそのような基本権は事実上ほぼないと言ってよいでしょう。模範から外れた行動をとれば、『税金で暮らしているのに』とバッシングされます」

外交官の家で育ち、ハーバード大学を卒業後、東大に学士入学して40倍という難関の外交官試験を合格し、外務省に入った雅子さんには、皇太子妃となるということが基本的人権を奪われることだと頭では理解していても、実感はなかっただろう。たとえ想像していたとしても、現実はそれを超え、はるかに過酷だった。

宮内庁や天皇皇后からの、「世継ぎを早く生んでほしい」という強いプレッシャーや、その後の苦しい不妊治療を経て、ようやく愛子さんを授かったにもかかわらず、周囲からは祝福を受けなかったことなどが、雅子さんを精神的に追い詰め、「適応障害」になったことは、よく知られていることだから、ここでは繰り返さない。

「多くの公務をこなせるのか」と悲観的な見方をしていた

思うように公務がこなせないことを、宮内庁関係者は週刊誌などにリークして世論を誘導し、「雅子妃は皇后になるべきではない」などのバッシングを続け、雅子さんに寄り添う皇太子にまで、「天皇になることを辞退せよ」という呆れ果てた言辞が雑誌に載ったこともあった。

秋篠宮家に親王(男の子)が生まれ、女系天皇はもちろん、女性天皇までも排除する安倍首相が“君臨”する間は、愛子天皇実現の可能性はほとんどなくなった。

作家の赤坂真理は同じ朝日新聞で、このように話している。

「5年前の著書『愛と暴力の戦後とその後』で、愛子さまについてこう書きました。

『(彼女は)生まれてこのかた、『お前ではダメだ』という視線を不特定多数から受け続けてきたのだ。それも彼女の資質や能力ではなく、女だからという理由で』

男系男子という原則での皇位継承にこだわる人々の議論を読んだとき、そこでは女性は存在価値がないかのように扱われていると感じました」

そんな雅子さんに一大転機が訪れるのである。平成の天皇が「生前退位」をすることで、皇太子と雅子さんが、新天皇皇后になる日がきたのだ。

だが、週刊誌をはじめ多くのメディアは、雅子さんが御代替わりの数々の儀式に耐えられるだろうか、皇后として多くの公務をこなせるのだろうかという悲観的な見方をしていた。

中には、公務を果たせない雅子皇后を見かねた天皇が、早々に退位するのではないかという、無責任なものまであった。

あわせて読みたい

「皇后雅子」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    エロい胸元 選挙ポスターが物議

    田野幸伸

  2. 2

    選挙ファーストがもたらした3桁

    鈴木しんじ

  3. 3

    上沼番組の梶原卒業はパワハラか

    NEWSポストセブン

  4. 4

    籠池発言報じぬメディアの不都合

    名月論

  5. 5

    音喜多氏「暴行犯追いかけ確保」

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  6. 6

    紗倉まな コロナで親子関係改善

    村上 隆則

  7. 7

    設楽 4億円豪邸で境界線トラブル

    NEWSポストセブン

  8. 8

    よしのり氏 コロナ報道に言及

    小林よしのり

  9. 9

    永寿総合病院の謝罪は必要なのか

    中村ゆきつぐ

  10. 10

    都知事は東京アラート再発動せよ

    早川忠孝

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。