記事

【新NAFTAは今後のモデル】

米中貿易協議に注目している間で、USMCA協定、いわゆる新NAFTAがまとまり今週、米議会下院で可決される見通しです。USMCAはゴロが悪く覚えにくいですが、アメリカ・メキシコ・カナダの頭文字をとっただけです。

合意内容と米議会に提出された内容が違うとして、メキシコは怒っているようです。

[画像をブログで見る]

WSJはNew North America Deal Seen as Template for Deals to Come(新NAFTAは今後の通商協定のモデル)の中で、先週、カナダとメキシコと改定で合意した新NAFTAは今後の通商協定のモデルを作ったと報じています。具体的には中国、日本、EU、それにEUを離脱後のイギリスとの通商協定が念頭にあるということです。

アメリカの国家経済会議のクドロー委員長は「(新NAFTAが)今後の通商協議のテンプレートになると常に考えてきた。成長を後押しするものになる」とWSJのイベントで答えたそうです。

具体的に見ていきます。

労働では、メキシコの賃金引き上げや労働組合を創設しやすくすることなどを盛り込み、野党民主党の賛成を取り付けました。

デジタルサービスでは、デジタル製品に対する課税を禁止し、電子的な著作権を含むソフトウエアの知的財産の保護などを盛り込んでいます。

為替操作についての章を新たに設け市場介入をした際に公開することなどを求めていますが、カナダもメキシコも反対しておらず、むしろ中国との協定を意識したものだということです。

逆にUSMCA協定がほかに適用できない点は、自動車の部品の75%を北米のものとするよう求めている原産地主義だとしています。

創設から25年のNAFTAの改訂について米議会下院で今週可決され、年明けには与党が過半数を握る上院で採決され、トランプ大統領が署名して成立する見通しです。

Washington Postはメキシコの視点で報じていて、メキシコの政界や経済界では、最大の貿易相手国のアメリカとの通商協定を維持できたことで安堵が広がっているということです。

メキシコ全体の輸出のうち80%が米国行きで、メキシコのエブラルド外相はMission accomplished(ミッション達成)と述べたそうです。

とりわけメキシコが気をもんでいたのが自動車で、最終的には自動車部品の最低でも40%が時給16ドル以上の賃金の労働者によって生産されていない限り、関税がゼロにならないことで合意。

メキシコの2017年の政府統計では、完成車メーカーの従業員が平均で時給7ドル34セント自動車部品メーカーの従業員で3ドル41セントのため、大きな社会変化となります。

FTは、USMCA deal in question in dispute over labor inspectors(メキシコ労働条件の査察めぐり反発) の中で合意の詳細をめぐりメキシコ政府が猛反発していると報じています。

メキシコのセアデ外務次官は15日、緊急の会見を求めて急きょワシントンに飛び、トランプ政権が米議会に提出した法案に、メキシコ側の労働条件の改善を確認するために最大で5人の査察官を現地に派遣すると勝手に盛り込まれたと主張しているということです。

12月10日には、メキシコのロペスオルバドール大統領が主催する形でアメリカのライトハイザー通商代表、カナダのフリーランド副首相と祝賀パーティをしたにもかかわらず、セアデ外相は3か国によるUSMCAの合意内容に含まれていないと反発しているということです。

あわせて読みたい

「NAFTA」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    よしのり氏 恐怖煽る報道に苦言

    小林よしのり

  2. 2

    二郎を残す客にALS患者が怒り

    恩田聖敬

  3. 3

    「韓国に学べ」となぜ報じないか

    水島宏明

  4. 4

    セブンの斬新な飛沫防御策を称賛

    佐々木康彦 / ITmedia オルタナティブ・ブログ

  5. 5

    ジョンソン英首相の心に響く手紙

    青山まさゆき

  6. 6

    瞳から家バレ 襲われたアイドル

    阿曽山大噴火

  7. 7

    英首相の容態安定 肺炎診断なし

    ロイター

  8. 8

    家賃支払いが不安な人への支援策

    中川寛子

  9. 9

    医療崩壊防ぐには軽症者解放せよ

    小林よしのり

  10. 10

    配達物もコロナに汚染? 米で懸念

    島田範正

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。