記事

COP25「政府の対応、弱腰過ぎた」、国際NGOが批判

国際NGO 350.orgは12月15日に閉幕したCOP25(気候変動枠組み条約第25回締約国会議)について、声明を発表した。COP25を「化石燃料産業にとっての成功」とし、「気候対策を求める市民の声に対する政府の対応はあまりに弱腰過ぎた」と批判した。(オルタナS編集長=池田 真隆)

COP25の期間中、各国の交渉官は気候変動への国際的なイニシアチブ「パリ協定」で目指した取り組みを実施する上での規定について話し合っていた。各国は温室効果ガスの削減目標を引き上げることについては合意したが、「義務付け」ではなく、各国に任せる形を取った。

この結果を受けて、国際NGO 350.org日本支部の横山隆美代表は、「日本政府の代表としてCOP25に出席した小泉環境大臣は、世界から『石炭中毒』という厳しい批判があると認め、国内の石炭火力新設や輸出に対する認識と世界の認識との間に大きなギャップがあると語ったものの、温室効果ガス排出削減目標の引き上げや脱石炭に触れることはありませんでした。加えて、日本の二酸炭素排出量が減少していることや地方自治体の脱炭素取り組みなど、政府自体の努力とは言えない結果をアピールすることで批判をかわそうとしたことに失望を禁じ得ません」と厳しく批判した。

「報道によれば、経産省が小泉環境大臣の前向きな発言を阻んだと言われていますが、気候の不可逆的転換点が迫っているという危機感を政府内で共有し、削減目標を大きく引き上げ、一刻も早く具体的な行動計画を作成することが求められています」と総括した。

あわせて読みたい

「COP25」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    沖縄での自衛隊めぐる発言に疑問

    和田政宗

  2. 2

    日本企業が離れていく韓国の苦境

    PRESIDENT Online

  3. 3

    小沢一郎氏に翻弄された玉木代表

    早川忠孝

  4. 4

    日英で違う終戦記念日の過ごし方

    小林恭子

  5. 5

    日本の徴用工補償「筋通らない」

    文春オンライン

  6. 6

    マイナポイント5千円分付与の罠

    女性自身

  7. 7

    なぜ韓国の失業率は低い水準か

    ニッセイ基礎研究所

  8. 8

    天皇が靖国神社を参拝しない背景

    幻冬舎plus

  9. 9

    病と闘い 渡哲也さんの役者人生

    渡邉裕二

  10. 10

    安倍首相のコピペ挨拶騒動を検証

    木走正水(きばしりまさみず)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。