記事

さあ、新党の結成を急ごう

これでようやく民主党が終わる。選挙互助会・民主党には早く終わってもらわなければならないと思ってきたが、ここまでに来るのが長かった。少々待ち草臥れた感があるが、これからは一気呵成に物事が進むことを祈っている。

まずは、新党の設立である。出来るだけいい人材を集めて、少数精鋭でスタートすることだ。10人揃えば何よりだが、まずは5人でいい。

これは、小沢グループの方々へのメッセージではない。日本の統治機構の大改革を検討している超党派の勉強会に参加している若い国会議員の皆さんに対するメッセージだと思って是非聞いていただきたい。

いよいよ、皆さんの出番である。まずは、中央集権的補助金行政、陳情型政治を排し、国と地方の役割分担を明確化することだ。 30万人程度の基礎自治体を300造り、都道府県は廃止し、基礎自治体を強化する。国の公務員は、大幅に削減し、新たに作る道州政府及び基礎自治体に一部移籍する。いわゆる地域主権型道州制を10年以内に実現することを新党の政策課題の中核に据えたらいい。

次に、衆議院と参議院の2院制を1院制に変えるという目標の提示も重要だ。

小選挙区制選挙を中選挙区制に変え、徹底的に一票の格差をなくす。国会に憲法裁判所を設置して、違憲の疑いがある法律・政令・規則・条例・通達等について審議できるようにする。戦争や大規模自然災害で国家としての機能が円滑に働かなくなる事態に備えて、非常事態緊急対処法などの法整備を進める。などといった、統治機構改革の具体的改革プランを提示することも大事である。

国政の重要問題について国民に直接問うための一般的国民投票を導入することも、当然新党の政策の柱の一つになるだろう。

これぞ、といった政策を華々しく打ち上げることである。日本が直面している様々な課題を一挙に解決していけるような大胆な政策を打ち出すことだ。

そういう意味でも、新党は本格的な改憲政党でなければならない。

さあ、急ごう。今こそ新党の設立に向けて全速力だ。

トピックス

ランキング

  1. 1

    徴用工めぐる韓国高裁のこじつけ

    緒方 林太郎

  2. 2

    総理がメディアに指示? 質疑話題

    BLOGOS しらべる部

  3. 3

    なぜ高学歴なのに低収入になるか

    内藤忍

  4. 4

    桜を見る会 予算の内訳説明せよ

    大串博志

  5. 5

    民主政権の桜を見る会 今と違い

    井戸まさえ

  6. 6

    病気だけはネットで検索するな

    幻冬舎plus

  7. 7

    評判の結合映画 おっぱいに注目

    松田健次

  8. 8

    山本一郎氏がKAZMAX氏にエール

    やまもといちろう

  9. 9

    韓国の基金案で徴用工解決は困難

    緒方 林太郎

  10. 10

    31歳東大准教授が日本の若手叱咤

    Thoughts and Notes from NC

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。