記事

レッチリ、ジョン・フルシアンテ再加入「胸いっぱいの興奮」

レッド・ホット・チリ・ペッパーズは、ギタリスト、ジョシュ・クリングホッファーの脱退とジョン・フルシアンテ(写真右)の再加入を発表した。 Getty Images

レッド・ホット・チリ・ペッパーズのギタリストを長年務めたジョン・フルシアンテの3度目の加入が明らかになった。バンドは「胸いっぱいの限りない興奮」と再びジョンを歓迎するとともに、ジョシュ・クリングホッファーへの感謝を述べた。

米現地時間12月15日、レッド・ホット・チリ・ペッパーズはこの10年をともに歩んできたギタリストのジョシュ・クリングホッファーと別の道を歩むこと、そしてジョン・フルシアンテがバンドに復帰することを発表した。

「ジョシュ(・クリングホッファー)は俺たちが尊敬し、愛しているすばらしいミュージシャンだ」とレッチリはInstagramにコメントを投稿した。「ジョシュと過ごした時間と彼が俺たちと分かち合ってくれた数えきれないほどの才能に心から感謝している」

さらにレッチリは「胸いっぱいの限りない興奮とともにジョン・フルシアンテがバンドに復帰することも合わせて発表する」と投稿した。

フルシアンテのレッチリへの復帰は今回で3度目となる。急逝したレッチリの初代ギタリスト、ヒレル・スロヴァクに代わって1988年にバンドに加入したフルシアンテは、1989年リリースのLP盤『Mothers Milk』や1991年リリースの代表作『Blood Sugar Sex Magik』にギタリストとして貢献した。だが、『Blood Sugar Sex Magik』の爆発的ヒットがきっかけとなり、フルシアンテはアルバムツアーの最中にレッチリを脱退した。

6年後、フルシアンテは再びレッチリに復帰し、1999年リリースのアルバム『Californication』、2002年の『By The Way』、2006年の『Stadium Arcadium』に参加。『Stadium Arcadium』後のバンドの活動休止期間が長引くなか、2009年9月にフルシアンテが再度レッチリを脱退すると、当時バンドのツアーでサポートギタリストを務めていたクリングホッファーがフルタイムのギタリストとしてバンドに正式加入した。クリングホッファーはレッチリの最新スタジオアルバム『Im With You』(2011年)と『The Getaway』(2016年)の2作にわたってレッチリの正式メンバーを務めた。2016年にフルシアンテは、チャリティ・イベントでアンソニー・キーディスとフリーと短いながらも共演を果たしている。

現時点でわかっているレッチリの今後の予定は、2020年5月15日に南部アラバマ州ガルフショアーズで行われるHangout Music Festivalと5月24日に北東部マサチューセッツ州ボストンで開催されるBoston Calling Music Festivalの北米2公演だ。

あわせて読みたい

「ロック」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。