記事

渋沢栄一に学ぶ資本主義の基盤ー無印良品問題から考えるー

マスコミ各社の報道によると「無印良品」という商標を巡って、中国企業が日本の良品計画を提訴し、何と「無印良品」の本家本元が敗訴することになりました。中国には「無印良品」そっくりのブランドが存在していたのですが、こちらが先に商標登録をしていたというのです。

そのため良品計画は中国では「MUJI」との商標で販売していたというのですが、一時期誤って「無印良品」の商標で販売していたじきがあったといいます。

これが商標権を持つ企業に損害を与えたということで提訴されたというわけです。

確かに、法律的には商標権を持つ企業に正当性があるとはいえ、偽物を作ったのは中国の方です。これが本物を作った企業を訴え、勝訴したというのですから、空いた口が塞がらないという思いがします。
いわば「法匪」というべきでしょう。

ここで考えてみたいのが渋沢栄一です。彼は『論語と算盤』において、道徳と商いとは両立するし、むしろ両立させなければならないと説いています。

中国の法には則っているものの不道徳なやり方をみていると、本当にこの国の経済は維持できるのか
疑問に感じます。

詳しくは下記の動画をご覧ください。



岩田温チャンネルは毎日19時に更新されます。是非とも、チャンネル登録を宜しくお願い申し上げます。

あわせて読みたい

「中国」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    再々委託も 電通・パソナに疑惑

    田中龍作

  2. 2

    河井夫妻「Xデー」は6月18日か

    五十嵐仁

  3. 3

    米で広がる分断 アジア人も下層

    WEDGE Infinity

  4. 4

    ブルーインパルス 文字を描いた?

    河野太郎

  5. 5

    香港民主化の女神「すごく怖い」

    NEWSポストセブン

  6. 6

    渋谷で「一揆」補償巡りデモ行進

    田中龍作

  7. 7

    抗体簡易検査は「お金をドブに」

    中村ゆきつぐ

  8. 8

    給付金の再々委託 経産省に疑問

    大串博志

  9. 9

    黒人暴行死と特殊なアメリカ社会

    ヒロ

  10. 10

    よしのり氏 まゆゆは本物だった

    小林よしのり

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。