記事

「ザキトワ引退騒動」に垣間見えるロシアの闇 - 新田日明 (スポーツライター)

フィギュア界に衝撃が走った。フィギュアスケート女子で2018年平昌五輪金メダリストのアリーナ・ザキトワが事実上、競技活動の休止を表明したからだ。母国ロシアはもちろんのこと日本でも人気は高く、世界中の人たちが17歳女王の決断をなかなか受け入れられずに困惑している。

 13日、ロシアの政府系テレビ「第1チャンネル」の番組に出演。今月下旬に開催されるロシア選手権を欠場し「新たな自分を探すことになる」と口にすると、今は大学入学のための国家統一試験に向けて勉強中であり、体育大学進学から将来的にはコーチ就任を目指していく方向性も明かした。今後も練習は続け、アイスショーに出演していくとのことだが、当面は第一線から離れるとみられている。

 15日には自身のインスタグラムで「引退」を否定。今もロシア代表として国際大会に出場できる立場を強調し、引退宣言とも受け取られている空気に釘を刺した。本人からの発信に胸を撫で下ろした人も多いようだが、まだ安心はできないだろう。インスタグラム上では自身が母国のテレビ出演で表明し、世界中のメディアで報じられた「競技活動休止」の解釈についても否定したことでネット上では「?」が漂う事態になっている。

 ただ、話を総合すれば、やはり本人としては「現役」の意識を持ち続けながらも競技会への参加を一時的に停止し、表舞台から一旦離れたところからすべてを見つめ直した上でリンク復帰を目指すつもりなのだろう。しかし彼女ほどの経歴を誇る偉大な選手でも、復活を遂げるのは困難な道のりなのかもしれない。

 平昌五輪で金メダルに輝いた後、昨季は身長が7センチも伸びるなど成長痛に悩まされた。グランプリファイナル、ロシア選手権、欧州選手権と3大会連続で優勝を逃し、母国でも風当たりが強くなっていた。それでも今年3月に世界選手権を制覇。意地とプライドが初戴冠をもたらした。

 だが、押し寄せる新世代の波にあらがえない日々にも直面した。10月のジャパン・オープンではシニア1年目で同じロシアのアレクサンドラ・トルソワが4回転ジャンプを3種4本も組み込む高難度演技を成功させ、話題を独占。ザキトワもほぼノーミスの演技だったものの衝撃のジャンプで高得点を叩き出した15歳のトルソワに屈し、リンクの裏で人目もはばからず号泣した。

 そして今月上旬、イタリア・トリノで行われたグランプリ(GP)ファイナル女子ではロシアの16歳、アリョーナ・コストルナヤが世界最高の合計得点をマークして初優勝を飾った。2位はフリー1位の15歳アンナ・シェルバコワ、3位には女子初の4回転フリップを決めたトルソワが入り、ロシア勢3人が表彰台を独占。しかし、ここでザキトワはショートプログラム(SP)こそ2位につけていたが、フリーではジャンプの転倒や数々の回転不足が響き、まさかの最下位に沈んでしまった。

何か別に隠されたメッセージ

成長による身体の変化に苦しむ上、GPファイナルで新世代のロシア勢3人に敗れたことで〝考える時間〟を求めたのだろう。しかしフィギュア界では「ザキトワの選択には〝何か別に隠されたメッセージ〟も込められているのでは」と勘繰る向きも少なくない。

 4回転時代に突入し〝ジャンプ大会〟とまで揶揄されるようにもなっている女子フィギュア界に対し、ザキトワはモチベーションを失いつつあるのではないか。そういう見方をする有識者は実際のところ少なくない。明らかに今季から女子フィギュアのスタンダードはターニングポイントを迎え、4回転、トリプルアクセル(3A)を構成に組み込めなければ表彰台に上がれない時代になった。確かにルッツやループの連続3回転を駆使してポイントを重ねてきたザキトワにとっては死活問題だ。

 しかしながらザキトワの技術は普通に考えれば卓越している。4回転ジャンプも3Aも飛ばないが、成長痛と戦いながら7センチも伸びた身長で3ルッツ、3ループをこなせるテクニックはまだまだ世界レベル。だからこそGPファイナルという世界トップを争う大会への参加資格を得た。あくまでも同大会での最下位は「世界6位」になったということだ。

 しかも繰り返すが、平昌五輪以降の彼女はコンディション不良によるスランプにあえぎながらも今年3月に世界選手権初制覇を成し遂げている。

 日本の大会等で幾度かザキトワのコーディネ―タ―を務めた経験も持つ日本人のフィギュア関係者は、こう打ち明ける。

 「そういう背景をまったく顧みず、ロシア国内のメディアからは『ザキトワは引退するべき』という声が鳴り止まない。それがGPファイナルの〝惨敗〟でピークに達すると、ザキトワは心底疲れ果ててしまったのでしょう。さすがにまだ彼女は17歳ですからね」

冷血トゥトベリーゼ

とにかくロシアは「結果第一主義」。ザキトワがGPファイナルで後塵を拝する結果となったロシア勢3人は全員、エテリ・トゥトベリーゼコーチの門下生だ。ザキトワもトゥトベリーゼコーチに師事しているが、ロシア国内では「若い3人にとって代わられ、もう彼女自身は指導に関する興味の対象から外れている」と断じる声もあるほど。

 前出の関係者は次のようにも続ける。

 「トゥトベリーゼはロシアの国内で超一流指導者としての名声を得ており、国からの全面バックアップで『勝てる選手』の育成に心血を注いでいます。とにかく、それを遂行するための情け容赦はまったくない。当初目をつけていた選手が勝てなくなれば次の強化対象に鞍替えすることも躊躇しないことから〝冷血トゥトベリーゼ〟とささやかれているのはロシアで有名な話です。若い3人にトゥトベリーゼコーチが熱を入れている――。

そういう空気感をザキトワはまず間違いなく感じ取っているでしょう。ジャンプ大会の流れになっている今季、少し結果が出なくなっただけで、なぜ〝引退勧告〟をされなければいけないのか。今回のザキトワの苦渋の選択のウラには、トゥトベリーゼコーチを含めロシアの国家が『結果第一主義』に突っ走る風潮に警鐘を鳴らす意味もあったのではないかと思います」

 確かに結果ばかりにとらわれ過ぎるからこそ、ロシアは世界反ドーピング機関(WADA)にドーピング問題で自国選手団が東京五輪・パラリンピックなど主要大会から4年間除外するとの処分を下されるなどスポーツ分野の醜聞が絶えないのかもしれない。ザキトワのような非常に優れたアスリートたちが多い半面、ロシアはスポーツ大国でありながら世界的に孤立する要因を自ら作り出していることにも早く気付くべきである。

あわせて読みたい

「フィギュアスケート」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    進次郎氏育休に純一郎氏が激怒か

    NEWSポストセブン

  2. 2

    安倍長期政権 支えている4つの柱

    舛添要一

  3. 3

    東出不倫壊した団欒 2億円豪邸も

    女性自身

  4. 4

    ナイキ「倫理的」な靴流行は滑稽

    渡邊 雄介

  5. 5

    国民民主議員「もう撤退すべき」

    篠原孝

  6. 6

    米作家 人口減少は日本に利ある

    文春オンライン

  7. 7

    ゲーム規制に県職員が異例の反対

    岸慶太

  8. 8

    e-Taxの確定申告 認証設計に不安

    tokyo editor

  9. 9

    林業現場をダメにする国の補助金

    清水駿貴

  10. 10

    立民と国民民主 代表質問で違い

    室橋 祐貴

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。