記事

旧姓使用拡大だけでなく抜本的改革を

今月から、運転免許証に旧姓を、かっこつきで併記できるようになった、と報じられています。先月から、住民票とマイナンバーカードでも同様にできるようになっていました。パスポートは以前から、旧姓で仕事をしていることなどを明らかにできれば、旧姓併記が認められていて、私もそうしていた時期がありました。

確かに、旧姓併記できるものが多くなれば、できないよりは便利かもしれません。しかし、健康保険症など、旧姓併記が認められていないものも、たくさんあり、小手先の対応では不十分です。本来は、選択的夫婦別姓を認めて、旧姓を名乗りたい人は、できるようにすべきだと思います。

別性が認められていない国は、世界で日本だけになっています。安倍政権は、女性活躍を掲げていますが、結婚して姓を変えるのは常に95%以上、96~97%位が女性です。姓が変わると、それまでの実績がつながらなくなって、女性が不利益を被ります。また、別姓を望むのは、それまでの自分の一部であった姓が使えなくなりアイデンティティーが喪失すること、長男長女同士の結婚で家の名がなくなることが障害になることなど、それぞれに理由があります。

民法改正を野党が何十回も提出していますが、ほとんどが審議せずに廃案になっています。あくまで選択なのですから、選びたい人が選べるようにしてほしいと思います。ダイバーシティー(多様性)ということも安倍政権は、よく使っていますが、多様な価値観を認めるのが豊かな社会だと考えます。

あわせて読みたい

「夫婦別姓」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。