記事

ク・ハラ、ソルリ…韓国の現地記者が明かす、アイドルを死の淵に追い詰める「炎上ネットニュースの作り方」 - 「週刊文春デジタル」編集部

「ネットの芸能ニュースの消費期限は2時間。取材後、2時間以内にアップしないとニュースの価値はないと言われている。ですから、とにかくニュースの大小に関係なく記者を現場に派遣して、その場から次々と記事と写真を配信する。真偽よりスピードが重要視されている現状は異常。さらに、近年は芸能人のSNSを扱った報道に重点が移りつつあります」(韓国の芸能ジャーナリスト)

【写真】SNSに「うつ病なの。抗うつ剤治療中です」と投稿した少女時代のテヨン

 女優で元f(x)のソルリ、元KARAのク・ハラら芸能人が、次々と自ら命を絶つ事態が続いている韓国芸能界。彼女らを苦しめたのが、韓国のネットメディアの報道と、その記事に寄せられるコメントだった。韓国のネットでは、一体になにが起こっているのか。


元KARAのク・ハラ

 韓国の芸能界を取材する、現地スポーツ紙「スポーツ京郷」エンターテインメント部の河京憲(ハ・ギョンホン)記者は次のように解説する。

「いま芸能界を取材する記者にとって、トップスターのSNSが主な取材ソースの一つになっています。スクープ記事を書くためには取材を重ねたり、多くの時間と人件費が必要ですが、SNSの取材なら時間も経費もかからないですから。私も出勤すると、まずリスト順にSNSを巡回しながら記事になる書き込みがないかチェックしていました。

 ところが、最近はSNSをやっているスターが急増したのでとても確認が追いつかない。あるネットメディアでは、タレントのSNSを専門的に取材する『イシュー・チーム』と呼ばれる部署まで作っています。その部署の記者はSNSをひたすらチェックし続けて、過激な書き込みがあれば、すぐに記事にするのです」 

過激コメントを探して、再び記事化

 スターがSNSに投稿した刺激的な書き込みを記事化するネットメディア。その記事は、大手ポータルサイトを通じて広がっていくのだという。

「韓国人の若者のほとんどが、大手ポータルサイトを通じてニュースを読んでいます。韓国の言論そのものを支配しているとも言われる『NAVER』をはじめとしたポータルサイトに記事が掲載されると、それぞれの記事に読者がコメントを付けられる。そのコメントがまたネタになるのです。

 アイドルの書き込みが、暗いネガティブな内容だったり、過激な発言だったりすると、アクセス数が伸び、膨大なコメントが書き込まれる。そこでネットメディアは、そのコメントの中から、批判的で最も激しいものを選び出し、『コメントを紹介して、アイドルを批判する記事』を仕立てて拡散するのです。ソルリやク・ハラも、この手の記事で標的にされていました」(河記者)

 韓国のネット用語で、日本でも知られるようになったのが「悪プル」という言葉だ。「悪+Reply(返信)」を意味する造語で、悪意のあるネット意見のこと。この酷い言葉で綴られた「悪プル」が、ネット記事となって芸能人たちを苦しめているのだ。

韓流アイドルは、なぜSNSで心情を吐露するのか

 日本に比べて、アイドルが積極的に心情や体調をSNSに投稿するのも、韓国ならではの特徴だ。

 今年に入ってからも、少女時代のテヨンは、SNSで今年6月に『うつ病なの。抗うつ剤治療中です』と投稿、歌手のヒョナも11月にSNSでうつ病とパニック障害を告白した。12月に入っても、歌手のカン・ダニエルが、『悪プル』によりうつ病とパニック障害を告白し活動を休止している。11月、来年5月に日本でドームツアーが決っているSEVENTEENのリーダー・エスクプスが心理的不安を訴えて活動休止している。

 これらの更新の度に、ポータルサイトでは記事が溢れ、心無い書き込みが殺到することになる。ネットメディの標的になるリスクがありながら韓国スターが自身のSNSでプライベートな心情を告白する背景には何があるのか。在韓ジャーナリストの朴承珉氏は次のように語る。

「元々、日本人に比べて韓国人は思っていることをストレートに表現する傾向がある。ですからSNSでプライベートを告白するのは、自分を愛してくれるファンにわかってほしいという思いからでしょう。ネットの影響力が強い韓国だからこそ、SNSという手段を選ぶ。ところが、大手ポータルサイトに記事が出ると、その威力を知っているだけに、ひとつひとつ敏感に受け止める。マイナスの記事となれば自分のプライドを傷つけられ、本人にとってはショックが大きいのです」

 韓国のタレントはどんなに有名人でもネットメディアを脅威に感じているという。現在兵役中の俳優、チャン・グンソクもその一人だ。

「現役入隊といって、健康な成年男性は通常なら陸軍に行くんですが、チャン・グンソクは躁うつ病と診断されて兵役判定の検査に落ちて、国の機関などに勤務する『社会服務要員(公益要員)』として服務している。平日は自宅から勤務しているし週末は休み。ですから、兵役が終わる来年5月に向けて、これまでなら兵役中でも休日にレコーディングを始めたり、復帰後にすぐに活動を再開できるように準備を始める人が多かった。でも、チャン・グンソクは、ネットメディアに休日の芸能活動準備がバレると叩かれてしまうので、一切の芸能活動を控えている」(前出・韓国の芸能ジャーナリスト)

侮辱罪で訴えられても数万円の罰金

 朴氏は、ネットメディアに翻弄される韓国の社会について、次のように分析する。

「韓国では、侮辱罪で訴えられても数万円の罰金だけ。量刑が軽く、ネットメディアによる無責任な記事配信の歯止めにはなっていません。

 韓国の昨年の自殺率は、OECD加盟国の平均が11.5人なのに対し、26.6人で2倍以上。OECD加盟国の中で1位となっています。この結果は、有名芸能人の自殺によって、連鎖的に自殺が増えてしまう『ウェルテル効果(Werther effect)』があるのかもしれない。また韓国人は、プライドの高い国民性を持つと言われています。これが中傷に耐えられず自殺の道を選んでしまう一因とも言われている。いずれにせよ、すでに社会問題になっているにもかかわらず、政府としての効果的な対策を講じられていないことが大きな問題だと思います」

 世界中にファン層を広げる韓流スターたち。母国でのびのびと活動できる日は来るのだろうか。

(「週刊文春デジタル」編集部/週刊文春デジタル)

あわせて読みたい

「韓国」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    父逮捕で娘が「お嬢様」から転落

    幻冬舎plus

  2. 2

    橋下氏 コロナめぐり識者に苦言

    橋下徹

  3. 3

    告発した岩田医師の行動は成功

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    みずほ銀行描いた本 衝撃の内容

    キャリコネニュース

  5. 5

    北の病院で12人死亡 新型肺炎か

    高英起

  6. 6

    安全無視? 日本の危機管理に呆れ

    ESQ

  7. 7

    新型コロナが芸能界に落とす影

    渡邉裕二

  8. 8

    韓国の肺炎感染者 4日間で11倍に

    木走正水(きばしりまさみず)

  9. 9

    3日で5倍 韓国のコロナ感染急増

    木走正水(きばしりまさみず)

  10. 10

    「殺してやる」辻元議員に脅迫文

    辻元清美

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。