記事

さて、枝野氏と玉木氏の間ではどんな会話が成立するのだろうか

国民民主党の玉木氏は、対等の立場での協議入りを標榜されているようだが、立憲民主党の枝野氏がこれを受け容れるのかどうか。

枝野氏の度量が大きければ、とりあえずは玉木氏の話を全て聞いたうえで徐に自分の考えを述べるだろうと思うが、報道されているところから判断すると両者の話し合いは相当難航しそうである。

お二人とも基本的にはこの話し合いを簡単に破談にはしたくないだろうから、何度か話し合いの場が持たれることになるのだろうが、この話し合いに適当な仲裁役なり仲人がいるかいないかで結果が大きく変わりそうである。

仲裁役なり仲人の腕がよければ、それなりに結論が出るものだが、小沢一郎氏ではその役割が担えないだろうし、それ以外の人ではおよそ両者の話し合いの中に入れそうにない。

12月16日に協議入りをすると報道されているが、まあ、当てにしないで待たれるくらいでいい。

期待しなければ、失望することもない。
当然のことだが・・。

あわせて読みたい

「玉木雄一郎」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。