記事
  • krmmk3

シン・ウルトラマン ビジュアルにおけるヲタ魂を感じる

年末も近くになって映画「シン・ウルトラマン」の情報の一部、ビジュアルが公開されました。同じ庵野秀明&樋口真嗣両氏による「シン・ゴジラ」の時は暗くてはっきりしない横顔のドアップが最初だったのに対し、今度は遠景の映像です。

映画「シン・ウルトラマン」に登場する「ウルトラマン」のデザイン初公開

パッと見て感じるのは、近年の割とデザインに凝ったウルトラマンと違い、最小限のペタリとしたデザインという印象を受けることと、カラータイマーがないことです。ウルトラマンのデザインをした成田亨氏の絵画がコンセプト、ということですが、それはたぶん後付けの理由。狙いは「テレビ以前のウルトラマン」であることがこれでハッキリしました。

前にも書いたことがありますが、ウルトラマンの持つカラータイマーは演出の関係で後付けされたもので、成田亨氏の元々のデザインには存在せず、かつ氏はカラータイマーを装着することに反対していたと聞いています。そのせいか、成田亨氏は絵画やイラストでウルトラマンを描く時には決してカラータイマーをつけることをしませんでした。唯一の例外はにせウルトラマンを描いた場合だけです。「カラータイマーのついたウルトラマンなど偽物」という氏のこだわりを感じます。此度の「シン・ウルトラマン」のデザインはその、成田亨氏が本来イメージしていたウルトラマンをビジュアル化することを狙ったものと思われます。作りたい、というより見てみたいんでしょうね、カラータイマーのないウルトラマンの動く姿を。特撮映画の製作者である以前に特撮ヲタでもある庵野・樋口両氏のことですから、なにかしらヲタらしいこだわりをぶち込んでくると思いましたが、そう来ましたか。ゴジラのときはたぶんプレッシャーであえて「ゴジラ」を避けて作った(あくまでわたしの私見では、ですが)両氏ですが、ウルトラマンではそこまでの重圧を感じない、というのが公開されたビジュアルから伝わってきます。なので、「シン・ゴジラ」から感じたような思い切って従来の感性に反するような作りではなく、いかにもヲタが作ったウルトラマン、的な内容になりそうです。多分わたしとしてはそっちの方がしっくりくるでしょう。どう転ぶか楽しみです。

同時に円谷プロと例の「SSSS.GRIDMAN」スタッフのタッグによる新作アニメ、「SSSS.DYNAZENON(ダイナゼノン)」も発表されています。

TRIGGER×円谷プロの新アニメ「SSSS.DYNAZENON」発表。監督・雨宮哲

タイトルからすぐ連想されるのは、GRIDMANの元になった「電光超人グリッドマン」に登場したロボット、ゴッドゼノンとダイナドラゴンの名です。PVのほとんどは「SSSS.GRIDMAN」の映像で埋め尽くされていますが、あくまで第二期ではなく新作とのこと。だからと言って前作とのつながりがない、とは限りませんが・・・。GRIDMANでは最終話に隠し玉を持ってきたスタッフ再登板なだけになにか用意しているかも。まぁ前作でやっちゃったから逆に複雑なことはやらずに直球勝負、かもしれませんが、これも公開を楽しみにしておくことにしましょう。

トピックス

ランキング

  1. 1

    人はなぜ不倫しないか 識者疑問

    PRESIDENT Online

  2. 2

    ユッキーナ引退 裏に事務所の闇?

    渡邉裕二

  3. 3

    200人感染の東京 重症化見えるか

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    10万円給付に13兆円かかった理由

    千正康裕

  5. 5

    竹中平蔵氏を叩く情報弱者に呆れ

    城繁幸

  6. 6

    警官が自殺 朝鮮総連の警備に闇

    文春オンライン

  7. 7

    感染増も無策か 小池都政に愕然

    大串博志

  8. 8

    徴用工めぐり日韓「8月開戦」か

    PRESIDENT Online

  9. 9

    風営法の改正で感染拡大防止せよ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  10. 10

    コロナの誤解指摘 辛坊氏に反響

    女性自身

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。