記事

Nスペでも反響 なぜ糖質制限が死亡率上昇につながるのか

ご飯を控える人は多いが…

 近年は食事の際に米を抜く「糖質制限」や「減塩」こそが健康長寿に不可欠とされてきた。しかし、そんな定説を覆す研究結果が『NHKスペシャル』で紹介され、議論を呼んでいる。

「糖質こそが人間の活動で最も重要なエネルギー源です。それを制限することは、深刻な病気リスクの高まりを意味します」

 そう語ったのは、米シモンズ大学教授のテレサ・ファン博士。ハーバード公衆衛生大学院でも非常勤教授を務める彼女の研究は、11月24日に放送されたNHKスペシャル『食の起源 第1集「ご飯」』で紹介されて大きな反響を呼んだ。

 シモンズ大学が13万人の食生活と健康状態を20年以上追跡調査し、普段の食生活で糖質の摂取量が標準的な人(総カロリーの60%が糖質)と、とくに少ない人(総カロリーの35%が糖質)を比べると、後者の死亡率が1.3倍以上に高まった。糖質制限による健康リスクに着目した研究はこれだけにとどまらない。

「研究前は高脂肪食グループが最も短命と予想しましたが、フタを開けると糖質制限のマウスの寿命が最も短くなりました」

 こう語るのは、東北大学大学院農学研究科の都築毅准教授だ。今年5月に日本栄養・食糧学会でこの研究結果を発表した。

 都築准教授らがマウスを「一般的な日本人の食事に近い通常食」「アメリカ人の食事に近い高脂肪食」「糖質制限食(総カロリーの20%程度)」の3群に分けて飼育した研究でも、糖質制限食グループは他の食事グループと比べて、8~9週ほど短命だったという。

 なぜ糖質制限が死亡率の上昇につながるのか。都築准教授は、「たんぱく質の増加がカギを握る」と指摘する。

「白米などの糖質を制限すると、たんぱく質の摂取比率が多くなります。すると、細胞が不良たんぱく質をリサイクルする『オートファジー(細胞の自食作用)』が抑制され、細胞内のゴミを処理することができず、健康リスクが増加します」(都築准教授)

 実際、2012年にハーバード大が約4万3000人を対象に、食事と糖尿病発症の関連について発表した研究結果では、「糖質の摂取減」と「たんぱく質の摂取増」が同時に起きると、心筋梗塞や脳梗塞といった血管の障害が増加した。

 糖質制限は外観的な「老化」も促進する。都築准教授の研究では、糖質制限したマウスはみるみる毛ヅヤが悪くなり、皮膚がただれた。

「糖質制限をするとオートファジーが抑制されることに加えて、腸内で炭水化物をエサにする善玉菌が減少して、腸内細菌のバランスが崩れることで老化を促進します。実際、糖質制限食を与えたマウスの腸内では、善玉菌が90%も減っていました」(都築准教授)

 Nスぺにはラオスの奥地に住み、かつての日本人のように多くの白米を食べている少数民族が登場した。彼らの腸内細菌には、脂肪燃焼を促したり、免疫機能を高める効果につながるプリボテラ菌が全腸内細菌の2割以上を占めた。同番組の調べでは、現在の日本人にもプリボテラ菌が7.5%存在しており、「健康を守る腸内細菌が受け継がれている」と紹介された。

※週刊ポスト2019年12月20・27日号

あわせて読みたい

「食生活」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    竹中平蔵氏を叩く情報弱者に呆れ

    城繁幸

  2. 2

    感染拡大を放置 安倍政権に怒り

    鈴木しんじ

  3. 3

    コロナの誤解指摘 辛坊氏に反響

    女性自身

  4. 4

    橋下氏「熊本知事の後悔分かる」

    PRESIDENT Online

  5. 5

    行政の現場丸投げに尾身氏が怒り

    中村ゆきつぐ

  6. 6

    人はなぜ不倫しないか 識者疑問

    PRESIDENT Online

  7. 7

    河井事件めぐる検察の悪辣な策略

    郷原信郎

  8. 8

    ソウル市長が失踪 娘に遺言か

    ABEMA TIMES

  9. 9

    大学のオンライン授業移行が波紋

    ヒロ

  10. 10

    小池知事のパフォーマンスに苦言

    舛添要一

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。