記事

韓国の「安倍政権が諸悪の根源」という言い分に潜むワナ

なぜ韓国は安倍政権を叩き始めた?

徴用工像を眺める井沢氏

 日本の終戦記念日である8月15日は、韓国では独立を記念する「光復節」だ。それに加えて文在寅政権は、8月14日を「日本軍慰安婦被害者をたたえる日」という祝日に定めた。このことに代表されるような韓国の対日行動原理に「恨(ハン)」という特有の精神があることを著書『恨の法廷』(1991年)で言及していたのが、「週刊ポスト」で『逆説の日本史』を連載中の作家・井沢元彦氏である。

【写真】徴用工像を眺める井沢氏

 韓国における「恨(ハン)の精神」は、日本での「恨(うら)みの心情」とは似て非なるもの、もしくは全く異なるものである。中国王朝の影響下に置かれた時代が長い朝鮮半島の国家は、解消困難な抑圧状況に対する怒りや不満、あるいは抵抗心を、逆に「生きるエネルギー」に転換させようとした。その状態を「恨(ハン)」という。2019年8月14日に改めてソウルを訪れた井沢氏が、「反日の正体」をさらに深く取材したレポートをお届けする。

 * * *
 翌15日は朝から激しい雨が降っていたが、文在寅大統領は天安(チョナン)市の独立記念館で大勢の来賓を前に大演説を行なった。ただ日本国内でも報じられたように、文氏自身は反日の度合いを少しトーンダウンさせた。前日の、自ら主導して定めた「慰安婦の日」に行なわれた南山の慰安婦像の除幕式にも出席しなかったし、この日の演説でもこれまで口にしていた「盗人猛々しい」などという罵詈雑言は封印していた。そして「日本が対話と協力の道に出てくれば我々は喜んで手をつなぐ」という言葉で日本関係の話を締めくくった。

 しかしよくよく事実を振り返ってみればわかるとおり、徴用工問題でも慰安婦問題でも日本は一貫して話し合おうという姿勢を崩していない。とくに徴用工問題は、国際条約に違反する形で韓国が押し切ろうとしたのが問題の発端だ。日本はあくまで話し合いを求め何度も申し入れをしたのに、それをことごとく無視したのは韓国のほうである。それを考えれば「日本側が対話と協力の道に出てくれば……」などという言い方が、その場限りのいかに不誠実な態度かわかるだろう。

 要するに「日本は叩けば言うことをきく」と確信していたのに、今度ばかりは日本が本気で怒ったために、慌ててごまかそうとしているわけだ。ごまかしといえば、これまで「日本政府が悪い」と言っていたのに一転して「安倍政権が諸悪の根源だ」と言い出したのも、そう言えば日本国内の反安倍派を味方につけることができると考えたからだろう。

 確かにそれはうまくいっている。とにかく安倍政権のやることは何でも反対という人々が、韓国の言い分を認めるような態度に出ているからだ。しかし、そういう日本人はよく考えるべきだろう。

 日韓基本条約という国と国との約束を破り、最終的不可逆的解決と前の大統領が認めた慰安婦に関する合意を、大統領が代わったとたんに反故にするような国、それに対して日本が抗議するのは当然ではないか。むしろ、現在の韓国の無法ぶりを認めてしまえば、韓国自体も今後ますます日本に対してはゴリ押しの態度に出るだろう。だが、そのとき国際社会での韓国の信用度は一気に失墜する。

 日本の韓国応援団(=反安倍派)はそのことを理解しているだろうか? 北朝鮮の工作員で韓国を貶めるために動いているというならともかく、本当に韓国のことを考えるならば「その態度はマズイよ」と忠告すべきではないのか。それが結果的に安倍政権を「支持」することになっても、それはそれで仕方ないではないか。

 安倍がキライだからそのやり方に何でも反対するというなら子供と同じである。いや、そんなことを言ったら子供に失礼かもしれない(笑)。人間は神では無いのだから長所もあれば欠点もある。欠点に目をつぶれとは言わないが、それにこだわるあまり長所を潰してしまったら日本のために、いやこの問題に限っては日韓双方のためにならない。まったく日本の学者や知識人には幼稚な人間が多い。日本を潰そうと考えている外国人にとって、これほど狙いやすい国はないだろう。

 そして2019年という年が日韓関係にとって画期的な年だったのは、なんといってもこのような韓国の態度を内側から批判する声が上がり、しかも燎原の火のように広がりつつあるということだろう。言うまでも無く、韓国における近代経済史の第一人者である李栄薫(イ・ヨンフン)ソウル大学名誉教授が中心となって出版した『反日種族主義』のことを言っている。日本語版も緊急出版(文藝春秋刊)されベストセラーとなっているが、そのプロローグのタイトルはご覧になっただろうか。「嘘の国」というのだ。もちろん韓国のことを言っている。これはヘイトスピーチではない。国を愛する学者の血を吐くような叫びである。

●撮影/小倉雄一郎

※週刊ポスト2019年12月20・27日号

あわせて読みたい

「韓国」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    中国の年金使い込み 大変な事態

    団藤保晴

  2. 2

    女性題材にして炎上 触るな危険

    中川 淳一郎

  3. 3

    植松聖被告「小指噛みちぎった」

    篠田博之

  4. 4

    「解雇できない」嘆く企業に疑問

    紙屋高雪

  5. 5

    山下達郎のAIひばり批判は爽快

    常見陽平

  6. 6

    大トロ 1貫2500円でも儲からない

    fujipon

  7. 7

    ゴーン氏10時間取材が出版中止に

    郷原信郎

  8. 8

    明石市長がまた暴言 許される謎

    非国民通信

  9. 9

    悪意感じたオリラジ中田批判記事

    たかまつなな

  10. 10

    新幹線でのパソコン作業に唖然

    常見陽平

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。