記事

ネットやワイドショーに嵌り判断なくす老若男女 - 劇作家・朝倉薫

来年の舞台台本を書いていて、テレビもインタネットもしばらく疎遠になっていたが、久しぶりに情報に接し一番のショックはアフガニスタンで医師の中村哲先生が狙撃されて亡くなられたことだった。もちろん、SNSの誹謗中傷で自殺する韓国のアーチストたちのニュースも、決して人ごとではない。

劇団は人気商売、右や左にかかわらずたくさんのお客様にご来場いただけないと継続できない。まして来年は劇団創立30周年記念で公演が続く。そう言った中で政治やSNSの批判をするのは得策じゃないのは理解している。だが、演劇をやっているからと無関心を装って世間に背を向けてはいられない。

インターネットの世界で落書きに熱中する孤独な人々

ぼくら団塊の世代と呼ばれる70歳前後の人間でサラリーマンを卒業して年金暮らしをしている人の数は少なくない。会社の利害関係から解き放たれた当初はきっと清々しい朝を迎えただろうと思う。

しかし、時が経つにつれて孤独感は増してくる。そこで手慰みに始めたインターネットが彼ら彼女らの生き甲斐になるのに時間はかからない。昼に深夜にパソコンやスマートフォンを開くと、そこにはSNSという架空世界が広がっている。そこは言いたい放題のパラダイス!

右翼も左翼もノンポリも、寄ってたかって落書きが出来る。しかも、匿名だから好き勝手なことが言える。

生意気なタレントには罵詈雑言を浴びせ、ミスをした政治家や官僚も袋叩きに出来る。まるで森羅万象を司る神になったかのように。気分は爽快だ。そこが何の実態もない架空世界だということもやがて忘れてしまう。

その一言がどれだけ相手を傷つけているか?そんなことまでは考えが及ばない。「公衆トイレの落書きと同じ」だと言う人もいるが、だとしたら、高等教育を受け社会人として日本の高度成長に貢献した立派な人たちが、インターネットの世界で公衆トイレの落書きに熱中していると言うことにもなる。

しかし、彼らに目を覚ませと言っても無駄だ。なぜなら、生き甲斐はもはやそこにしかないからである。

これを政治の貧困と言わずして何という。年金の先細り、貯金の利子もない。あるのは老いてゆく己れの不安だけだ。ほかに何の希望もない。

残念ながら、ぼくが作る「ガールズミュージカル」に同世代の友人を誘っても、疲れるだけだと言われる。71歳で「ガールズミュージカル」を作っている君は変な奴だと呆れられるばかりだ。

それでもぼくは同世代の友人を必死で誘っている。

視聴者を思考停止にさせるワイドショー

写真AC

インターネットと同じことが朝から夕方まで延々と放送されるテレビのワイドショーにも言える。

瑣末な事件から本当は国の行く末を左右する事件まで、司会者は決して自分のポリシーは明かさず、したり顔のコメンテーターと呼ばれる面々に「○△さん、どう思われます?」と話を振る。振られた面々も決して確信は突かない。

何故なら、適当なことをさも深刻な顔で喋っていれば、テレビに出ている人として、地方の講演会で面白いように稼げるからだ。

時の政権に逆らっても何の得にもならない。それはテレビ局も同じだ。聞いた話だが、ある政治家の発言を放送したら、政権の中枢にいるその政治家からクレームが来て、制作局長がすっ飛んで謝りに行ったらしい。ジャーナリストは第四の政権監視役じゃなかったのか?

ワイドショーは芸能も政治も経済も、同じ鍋で煮たごった煮だ。面白おかしく視聴率に一喜一憂する娯楽である。しかし、視聴者は違う。合間に流されるCMは化粧品から生活用品まで言葉巧みな通販商品のオンパレード!

なのに、無垢な視聴者は染み入るように洗脳されていく。ジャパンライフもそのひとつだったはずだ。SNSもテレビのワイドショーも、心地よく思考を停止させていく。きっと死ぬまで気付くことはないだろう。それはそれで幸せじゃないかと反論する人に言う!

老い先短い老人ならいざ知らず、これから何年いや何十年も生きて、社会の担い手となる若者たちがSNSやワイドショーに嵌って思考力をなくしていくのは絶対に阻止すべきだ。

ぼくは芝居を作るしか脳のない人間だが、せっかく民主主義を知って平和の尊さを感じて生きていることに感謝して、若者たちが今よりもっと幸せに暮らせる手伝いをすることが生かされている使命だと自覚している。

朝倉薫(あさくら・かおる)
劇作家、演出家、劇団主宰、音楽プロデューサー。
1948年8月2日、熊本生まれ。92年に音楽プロデューサー、雑誌編集から転身を図り劇団を立ち上げる。その後は作家、脚本、演出家として「沈まない船」「桃のプリンセス」「ガラス工場にセレナーデ」などの舞台を手がける。舞台はパイオニアLDC、ポニーキャニオンなどからビデオ化された。元祖アイドル声優だった桜井智は劇団員から育てた。現在も劇団「朝倉薫演劇団」を主宰する

あわせて読みたい

「インターネット」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    小池知事が当確 朝日朝刊に苦言

    常見陽平

  2. 2

    全国で感染者急増 不気味な兆候

    木走正水(きばしりまさみず)

  3. 3

    レジ袋未精算で人生棒に振る人も

    佐々木康彦 / ITmedia オルタナティブ・ブログ

  4. 4

    日本の感染死者少なさに英紙注目

    BBCニュース

  5. 5

    野党に振り回された宇都宮健児氏

    田中龍作

  6. 6

    実は借金 千鳥大悟が見せる男気

    SmartFLASH

  7. 7

    河井夫妻疑惑 報道鵜呑みは危険

    ビデオニュース・ドットコム

  8. 8

    ヤクザの女に手出すと…組員解説

    文春オンライン

  9. 9

    マスク警察への対応は憐れむ視線

    NEWSポストセブン

  10. 10

    小池都知事に投票した人々の正体

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。