記事

アップル vs. グーグル vs. フェイスブック ―― HTML5が切り開く未来 小林雅一

1/2
画像を見るフェイスブック(Facebook)は6月7日、App Centerの開始を発表した。ユーザーはトップ画面に表示されるメニューからアクセスし、ユーザーの関心事や過去のアクティビティをもとにパーソナライズされたアプリが紹介されるようになる。また、6月12日にはグーグル(Google)がChrome Web Storeにオフラインで使えるアプリ専用のコーナーを開設、ChromeがOSにまた一歩近づいたといわれている。

世界中に9億人のユーザーを持つ世界最大のSNS、フェイスブックが仕掛けるアプリの販売プラットフォームApp Center。あるいは、MacOSでもWindowsでもLinuxでも、Chromeが動いていれば共通のアプリケーションが実行できる、つまりはChromeのプラットフォーム化を展望するグーグル――。

米IT企業が覇権を握るべくしのぎを削る、こうした動向を読み解くキーワードが「HTML5」だ。そこで今回は、先日『日本企業復活へのHTML5戦略 アップル、グーグル、アマゾン 米IT列強支配を突き崩す』(光文社)を上梓した小林雅一氏(KDDI総研リサーチフェロー)に、「HTML5とは何か?」「HTML5の可能性はどこにあるのか?」を伺った。  (聞き手・構成 / 芹沢一也)


「iOSでしか動かない」とか「アンドロイドでしか動かない」という概念がなくなる

―― HTML5とは何なのでしょうか?

小林 たとえば新聞社のホームページのように、ただスタティックに記事や写真が載っていて、それを閲覧して読者が情報を得る、というのが、みなさんが思い浮かべるホームページですよね。HTML5を使うと、このホームページというものが、たんに何かを見るためのものではなくなります。

つまり、さまざまな動的なアプリケーション、要するに、スマートフォンでいま流行しているアプリですね、これをホームページ上で実現できる。ここが最大のポイントです。ゲームにしても、あるいはワープロや表計算にしても、いろいろなアプリケーションプログラムがありますが、それらをすべてWeb上で実現できるようにする、これがHTML5の主眼です。

リンク先を見る
HTML5対応のブラウザでは、スマートフォンのカメラから撮影したリアルタイム動画をバラバラに砕いて、その破片が動画を再生し続けるといった高度な映像処理が可能になる。写真は次世代オペラを使ってのデモの様子だが、同様のことは次世代ファイヤフォックスなどでも可能。
―― Windows やMacOSといったOSに限定されることなく、ブラウザ上でアプリが動くということですね。その意義は?

小林 ブラウザ上でアプリが動くとなぜいいのか? ブラウザにはInternet ExplorerやFirefox、Google ChromeやSafariなど何種類かあります。しかしながら、その仕様を決めているのはW3Cという世界的な標準化団体なので、動き方は全部同じになるはずなんですね。ということは、ブラウザ上でアプリケーションを動かせば、iOSでしか動かないアプリとか、アンドロイドでしか動かないアプリというのがなくなる。これによって、ソフトウェア開発者は1本のソースコードで、すべての端末に向けてアプリケーションを提供できるようになります。これがブラウザ上で動くアプリ、すなわちWebアプリの最大のメリットです。

ユーザーにとっても、いままでだったら、たとえばアップルから買ったアプリであれば、iPhoneやiPadでしか動かなかったのが、Webアプリであればアンドロイドのブラウザ上でも動く。つまり、いろいろなメーカーの端末で使うことができるようになる。アプリを提供する側にとっても、それを使う側にとっても、双方にメリットがあるということですね。


「土管屋」からの脱却をはかるキャリア、可能性を秘めたフェイスブック

―― ただ、その場合、たとえばApp Storeに頼らずに、「アプリをどう売るのか」という問題が出てきますね。

小林 そこが1番おもしろいところです。たとえばアメリカの『フィナンシャルタイムズ(FT)』は、以前はApp Storeで電子版を販売していました。しかし、それだとアップルに売り上げの3割をもっていかれてしまう。そこでWebアプリに移行し、App Storeを通さないで自分たちで売っていく方向に転換しました。このFTのように、すでに顧客情報をもっている、大きくて有名な企業であればこうしたことも可能ですね。しかし、おっしゃる通り、弱小の会社にはそうしたことは難しい。

そこでいま、いろいろな方法が考えられています。たとえばキャリアがWebアプリのマーケットをつくって―― 昔の公式サイトみたいな感じですね、そこにいろいろな中小のコンテンツ・プロバイダを集めて、キャリアの責任で売っていくという方向があります。これですと、課金のハードルがだいぶ下がるし、さらにはキャリアが、ただ通信インフラを提供するだけの、いわゆる「土管屋」に成り下がらずにすむ。あるいは、GreeやDeNAも相当多数の顧客と課金システムを持っているのだから、そうした企業がマーケットをつくるのもアリ(可能)ですよね。

それから、可能性という点では、何といってもフェイスブック。彼らはキャリアに匹敵するか、あるいはキャリア以上のユーザーベースを持っていますよね。世界中で9億人なんていわれていますから。このフェイスブックがアプリのマーケットをつくって、ソーシャルグラフといわれるサイバー空間上のネットワーク、人的ネットワークを使って配信していく。

―― ちょうど先日、フェイスブックはApp Center開設を発表しましたね。

小林 もしフェイスブックが成功すれば、アップルやグーグルへの対抗勢力に十分なり得ます。

先日、フェイスブックは上場したけれども、思ったほど株価が上がらなかった。むしろ低迷していますよね。その大きな理由としてあげられているのが、モバイル端末上で弱いということです。つまりスマートフォン上で、フェイスブックが何かの広告を打とうとしても、こんな小さな画面ですと広告の効果がなかなか現れない。であれば、コンテンツをWebアプリ化して、自分たちのネットワークを使って、8億人、9億人に売っていったほうが、広告よりもはるかにすごいビジネスになるかもしれない。だからフェイスブックはいまここに、ものすごく力を入れているんです。

ただし、フェイスブックもいろいろな選択肢を用意しています。まずWebアプリ(HTML5)でもやるのだけれども、これに加えてネイティブなアプリ、つまりアンドロイド専用のアプリやiPhone専用のアプリも全部売るんですよ。戦略といった意味では、ちょっと矛盾している部分もあります。

―― 理由は何でしょう?

小林 結局、お金が欲しいからでしょうね。本音としてはもちろん、アップルやグーグルに対抗して、Webアプリだけでやっていきたい。けれども、現状では相当数のiPhone専用アプリやアンドロイド専用アプリが使われているわけです。要するに、本音はHTML5で共通化して、自分たちのネットワークだけで端末にアプリを送るようにしたいんだけれども、現段階ではそれだけに絞ってしまうと営利上の問題が出てくる。だから当面は、iPhoneやアンドロイド専用のアプリも売っていくことにしたんです。


アップル、グーグル、フェイスブック、HTML5に対するそれぞれの思惑

―― フェイスブックといえども、現段階ではアップルやグーグルへの「仲介ビジネス」をせざるをえないわけですね。いずれにしても、HTML5を焦点として、IT企業間でさまざまな駆け引きがある。

小林 HTML5を積極的に推進してきたのは、じつは元々はアップルでした。アドビ(Adobe)のFlashというプラットフォームを排除するためです。けれども、Flashの排除に成功した後は、自分たちのApp Storeを守るために、つまりはApp Storeにユーザーを囲い込むために、オープン・プラットフォームのHTML5が微妙な位置づけになってしまいました。だから、かつてほど本気でそれを推進しているようには見えない。

一方、グーグルといえば、マイクロソフトに対抗するうえで、HTML5を強力にプロモートしてきた歴史があります。WebアプリによってWindowsというプラットフォームを排除したかったんですね。ところがGoogleは他方で、モバイルOSの「アンドロイド」を自分たちで提供し始めた。つまりスマートフォンに力を入れ始めてからは、やはりアンドロイドに利用者を囲い込むために、オープン・プラットフォームのHTML5との間で、同社の戦略に矛盾が生じてきている。社内でHTML5に力を入れている人たちと、アンドロイドに力を入れている人たちとで、会社が若干分裂してしまったようなところがあるんです。

それに対してフェイスブックは、iPhoneやiPad、アンドロイド端末のような固有プラットフォームを持たないので、(オープン・プラットフォームである)Webで全部すませるというのは、非常にありがたいことなんです。だから、もう何のしがらみもなく、HTML5を全面的に支持しているという状況ですよね。先に触れた営利上の思惑があるにせよ。

勢力的には現在のところは、やはりアップルとグーグルがすごい力を持っていて、Webの仕様などを決める場では相当な影響力を持っている。けれども、ユーザーベースではフェイスブックが膨大なユーザーを抱えているので、今後はフェイスブックが、HTML5によるWebアプリを普及させていくドライビング・フォースになるというのは、十分あり得る話だと思います。

―― つまりHTML5を軸に、これからのプラットフォームをどの企業が制するのか、ということですね。

小林 プラットフォームというのも、最近、あまりに使われすぎている言葉なので、逆に説明するのが難しいんです。まずオペレーティングシステム(OS)というのは、一種のITプラットフォームですよね。たとえばワードやエクセルが動くWindowsというOS(プラットフォーム)をPCに組み込み、これを世界中に販売することでマイクロソフトがIT業界の覇権を握った。

あるいは、アップルのiTunesのようなコンテンツの配信システムは、コンテンツ・プロバイダにとっても、またそこで映画や音楽を視聴するユーザーにとっても、ひとつのプラットフォームですね。App Storeもしかりです。なぜなら、そこに各種コンテンツ・プロバイダが音楽、映像、ゲームなどの作品を提供し、そこに多数のユーザーが集まるから。このコンテンツ配信システム(販売プラットフォーム)をもとにして、現在のアップルの躍進があるわけです。

これからは、ブラウザ(Web)がもっとも重要なプラットフォームになっていく。ブラウザ上で動くウエブ・アプリが一般化していけば、WindowsのようなOSから覇権を奪えるし、同時にアップルやグーグル、アマゾンなどによるマーケットの囲い込みも破ることができる。そして、その核心にある技術がHTML5というわけです。


出遅れたからといって、日本企業が簡単にあきらめるのはおかしい

―― そうした勢力争いに対する日本企業の温度はどうでしょう。

小林 やはり相変わらず横並び意識が強いですね、残念ながら。少し話がずれますが、2010年に『モバイル・コンピューティング』(PHP研究所)という本を出したのですが、その本を書くために、確か2009年ごろですが、いろいろな日本メーカーに取材を試みたんです。そのときの取材テーマが「スマートフォン」でした。当時は、日本でもiPhoneの人気がかなり出てきたけれども、日本のメーカーがアップルに対抗するうえで、どれくらいスマートフォンに力を入れているのか。それを聞こうと思ってエレクトロニクス・メーカー各社の主要なところに取材の申し込みを出したんですが、ほぼ全部、断られてしまったんですよ。

取材を断られた理由というのが、「当面、話すようなことはないから」というようなことだったんです。当時は「本当なのかな?」と。というのも、すでに取り組みを始めていて、企業戦略としてトップ・シークレットだから話せない、ということかと思ったからです。それであればむしろいい。ところが、いまから思えば、本当に何もやってなかった。

おそらくHTML5に関しても、名前は知っていると。詳しくはよくわからないんだけれども、いろいろと可能性のある技術であって、アメリカで何か起きているらしいということは、日本のエレクトロニクス・メーカーの関係者も知っていると思う。けれども率先してHTML5に本気で取り組んでいるのかといえば、当時のスマートフォンと同じで、どこかがやらないとうちもやらないというような感じがするんですよね。

―― それじゃ遅いんじゃないですか。

小林 当然、遅いと思います。たとえばスマートフォンやタブレットだって、日本メーカーはサムスンやHTCなどに世界市場を奪われてしまいました。しかし2009年の時点で、ちゃんと取材に答えられるぐらいの取り組みをしていれば、今、こんなことにはなってなかったはずです。結局、ずっと様子見していた結果として、韓国や台湾メーカーにやられてしまったということですよね。HTML5に関しても、今のままだと、まったく同じことが再現される可能性が高い。

―― そうならないためには、どうしたらいいんですか。

小林 これからは「ブラウザ(Web)が最大のITプラットフォームになる」、あるいは「ブラウザが次世代OSになる」という点をしっかり理解したうえで、このブラウザを中心にデジタル事業を再構築することです。これは日本メーカーにとって、じつは物凄く大きなチャンスなんですが、その説明は少々込み入ってしまうので、詳しくは拙著『日本企業復活へのHTML5戦略』をお読みいただければと思います。

最近、日本メーカーの中には、「デジタル分野はもうアメリカにかなわないので、環境技術など他の分野に軸足を移そう」という会社も出てきました。もちろん違う分野を開拓するのも大切ですが、かといって「デジタル」をそんなに簡単に諦めてしまっていいんでしょうか。この分野は今後21世紀にもっとも成長が期待される領域です。今、スマートフォンやタブレットなどでアメリカや韓国に負けているからといって、長い目で見ればインターネットTVやスマート家電など、デジタル分野での戦いはまだ始まったばかりなのです。その成功のカギを握るのが、HTML5で大変化を遂げつつあるWebですから、日本企業はここでの戦略を間違えなければ復活の可能性は残されています。

あわせて読みたい

「HTML5」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    変異株で感染の閾値が低下した 緊急事態宣言延長は仕方ないか 橋下さんと岩田先生の交わりのない議論を聞いて 責任ない批判は簡単

    中村ゆきつぐ

    05月06日 08:21

  2. 2

    「週刊文春」の強さはどこからやってくるのか

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    05月05日 12:05

  3. 3

    病院の窓にデカデカと「医療は限界 五輪やめて」

    田中龍作

    05月05日 08:42

  4. 4

    小池百合子知事は東京オリンピック開催中止を進言できるか トップに立つ者の責任

    猪野 亨

    05月06日 08:46

  5. 5

    渋野日向子 海外挑戦で欠場も“罰金100万円”規定に相次ぐ疑問の声

    女性自身

    05月06日 10:09

  6. 6

    東京五輪に沈黙する小池都知事 豊田真由子氏「反対の世論を見て振る舞い変えている」

    ABEMA TIMES

    05月05日 20:47

  7. 7

    オリンピック中止に舵を切るためには、やはり二階さんの力が必要なようだ

    早川忠孝

    05月05日 16:48

  8. 8

    「経済優先で人は何を失うのか」 失踪外国人を通し日本を描く映画『海辺の彼女たち』

    清水駿貴

    05月06日 11:36

  9. 9

    中国シノバックワクチン、有効だが副反応データ不足=WHO諮問委

    ロイター

    05月06日 11:50

  10. 10

    コロナ感染止まらず・・緊急事態宣言延長へ、どうする東京五輪

    舛添要一

    05月06日 09:05

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。