記事

本日の航空幕僚長及び防衛大臣会見

本日の航空幕僚長及び防衛大臣会見に参加しました。

昨日書いたF-35関連の質問をしましたが承知していないとのことでした。ですが三菱重工関係者にも話を聞いたのですが、彼らの知らないとのことでした。

F-35再生産決定はアメリカの希望か。
https://kiyotani.at.webry.info/201912/article_4.html

具体的なコストの話がでてきているのに重工が知らないというのは面妖な話です。

やはり米国側からNSC、あるいは官邸に働きかけがあったのでしょう。
FACO生産から輸入に転換することは防衛省と財務省の間で激論があったはずです。FACOはメリットがあるという防衛省に対して財務省は技術移転もほんとんどなく、メリットがあるとは言えず、輸入にすべきだと主張したでしょうし、それを防衛省も三菱重工ひっくり返せなかった。だから輸入に切り替わったはずです。

それが1年も経たずに、「3割もコストダウンができます!」ですから、多少とも工学かじった人間ならば嘘とわかるはずです。それもご丁寧に値段まで入っている。
そもそもコンポーネントはほぼ輸入です。ジグも指定されているはずです。作業も駐在員がいて箸の上げ下げまで指示される。それでていてコストダウンができる素地が多いはずがないし、また生産数もロッキード・マーティンの工場に比べて小さいわけです。
子供が考えても無理なはなしです。

仮にFACO生産に戻っても言った通りのコストにはならないでしょうが、それでも誰も責任を取らないでしょう。防衛費が無駄使いされて終わり、になるでしょう。

それから大臣会見(R1.12.10)における質問に対する回答を掲載しておきます。
Q1:来年度の予算で、新小銃が要求されたと思うのですが、これはどのくらい
の期間で調達するという予定なのでしょうか。
A1:
1.新小銃の取得については、現有の89式小銃の後継として、新たな小銃を整
備するために実施するものであり、その取得経費として、令和2年度概算要求に、約10億円を計上しました。

2.新小銃については、今後、15万式を30年間に渡って調達できることを前
提として評価し、選定しているところです。一方で、各年度の実際の取得数に
ついては、各事業の優先順位等を総合的に勘案して決定することとなるところ、 予算の範囲内で、可能な限り早期に取得できるよう努めてまいります。
また89式小銃同様に間延びした調達を行うようです。しかも河野大臣に指摘しても何が問題かおわかりにならないようでした。
Q2:部隊における医官の充足率は以前と比べて改善されているのでしょうか。

A2:自衛隊医官全体の充足率は平成31年3月末で85.4パーセントと、5年前の76.3パーセントから向上しています
これは話のすり替えです。問題にしているのは部隊における医官の充足率です。ところが防衛省は医官全体の充足率に話をすり変えています。防衛省はまともに医官不足に対する対策を取りたくないのでしょうか。また、多くの基地、駐屯地では医官がおらずに、薬剤官が売薬を配っている状態であり、健康管理すらできていない状態ですが、これについても質問しましたが、それに対する回答はありませんでした。

あわせて読みたい

「防衛省」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ウイルス変異も「運がいい」日本

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    山手線 中国・韓国語表示消えた?

    BLOGOS しらべる部

  3. 3

    お嬢様迷惑ツアーに島が自粛要請

    SmartFLASH

  4. 4

    菅氏、朝日新聞の抗議内容を否定

    BLOGOS しらべる部

  5. 5

    山下智久 JKモデルとホテル宿泊?

    文春オンライン

  6. 6

    コロナ死者の多くは平均寿命近く

    名月論

  7. 7

    韓国の反日は日本にとって好機

    PRESIDENT Online

  8. 8

    GoTo混乱収めるのはトップの仕事

    わたなべ美樹

  9. 9

    第2波よりも怖い米国企業の破綻

    長谷川高

  10. 10

    小倉優香の降板騒動 理由は彼氏?

    渡邉裕二

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。