記事

米激戦州ウィスコンシンの有権者、弾劾公聴会で見解変わらず=調査


[デトロイト 12日 ロイター] - 米大統領選の激戦州であるウィスコンシン州で行われた世論調査によると、トランプ大統領弾劾調査の公聴会が開かれたが、弾劾の必要性に関する有権者の見方はほとんど変わらなかった。

世論調査は同州にあるマーケット大学法科大学院が実施し、12日に公表された。調査によると、トランプ氏と民主党の候補を対戦させた場合、若干ながらも優勢となったのはバイデン前副大統領だけだった。

調査はウィスコンシンの登録有権者800人を対象に12月初めに実施。このうち40%は、トランプ氏は弾劾裁判で罷免されるべきだと回答。52%は罷免に反対し、6%は分からないと答えた。

同大学院が数週間前に実施した調査と結果はほとんど変わらなかった。

トランプ氏とバイデン氏が対戦する支持率調査では、47対46の1ポイント差でバイデン氏が勝利した。サンダース上院議員、ウォーレン上院議員、ブッカー上院議員、インディアナ州サウスベンド市のブティジェッジ市長はトランプ氏を支持率で1─2ポイント下回った。ただ、どちらにしても誤差の範囲内にとどまった。

民主党の予備選で票を投じる予定の有権者の間では、バイデン氏が23%で支持率トップとなり、サンダース氏の19%、ウォーレン氏の16%が続いた。ただ、全体の約3分の2は支持する候補を変更する可能性があるとした。

トランプ大統領は2016年の大統領選でウィスコンシン州を僅差で制した。20年の大統領選に向け、トランプ陣営は激戦州であるウィスコンシン、ミシガン、ペンシルベニアを遊説先として優先的に選んでいる。

トピックス

ランキング

  1. 1

    橋下氏 任命拒否の教授らに苦言

    橋下徹

  2. 2

    田原氏 野党は安易な反対やめよ

    たかまつなな

  3. 3

    コロナ巡るデマ報道を医師が指摘

    名月論

  4. 4

    iPhone12かProか...売り場で苦悩

    常見陽平

  5. 5

    コロナ禍も国内工場は異常な強さ

    PRESIDENT Online

  6. 6

    学術会議に深入りしない河野大臣

    早川忠孝

  7. 7

    数字を捏造 都構想反対派の欺瞞

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  8. 8

    感染リスク高い5つの場面に注意

    赤池 まさあき

  9. 9

    トランプ氏 逆転攻撃はほぼ不発

    WEDGE Infinity

  10. 10

    レムデシビル 世界で割れる評価

    中村ゆきつぐ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。