記事

孫社長はなぜ赤字のウーバーを手放さないのか

1/2

ライドシェア事業大手のウーバーは、売上高こそ伸びているがずっと赤字だ。いまはソフトバンクグループ傘下にあり、孫正義社長の投資判断の是非が問われている。立教大学ビジネススクールの田中道昭教授は「孫社長は『ドライバー不要』という未来において、ウーバーが爆発的に成長すると考えているのだろう」と指摘する——。

※本稿は、田中道昭『ソフトバンクで占う2025年の世界』(PHPビジネス新書)の一部を再編集したものです。


2019年11月6日の記者会見で話すソフトバンクG会長兼社長の孫正義氏。ソフトバンクはこの7-9月の第2四半期の純損失は7040億円と発表。 - 写真=NurPhoto/時事通信フォト

投資事業そのものへの懸念が高まっている

ソフトバンクグループの2019年7-9月期決算は約7000億円の営業損失となりましたが、それはソフトバンク・ビジョン・ファンドが保有する銘柄の未実現評価損失(純額)が同四半期末で約5380億円にものぼったことが主な要因です。

投資会社としてのソフトバンクグループの象徴が10兆円規模のソフトバンク・ビジョン・ファンドです。同ファンドを通して多くの企業へ投資がされていますが、今決算での莫大な評価損を受けてソフトバンクグループの投資事業そのものへの懸念が高まっています。なかでも、ソフトバンク・ビジョン・ファンドの評価損計上に大きな影響を与えたのが、ライドシェア事業のウーバー銘柄など1兆1276億円もの公正価値減少でした。

グループのライドシェア事業は世界の8~9割にも

ソフトバンクグループは、これまで次々とライドシェア会社へ投資を行ってきました。

最初は、インドでオラを運営するANIテクノロジーズに対してでした。2014年10月に総額2億1000万ドルの出資を行い、筆頭株主になっています。続いてが、シンガポールのマイタクシー(グラブへ社名変更)で、2014年12月に2億5000万ドルを出資して筆頭株主になりました。

次にソフトバンクグループが投資を行ったのが、中国。2015年1月にアリババらと共同で6億ドルを出資した快的打車が、その1カ月後に滴滴打車と合併し中国最大のタクシー配車サービス企業ディディ(滴滴出行)となります。そして、ウーバーの発行済み株式の約15%を77億ドルで買い取ることにウーバーと合意したのが2017年12月、翌年1月に株式を取得し筆頭株主となりました。

つまり、ソフトバンクグループは、インドのオラ、東南アジアのグラブ、中国のディディ、そして米国、欧州、南米、アフリカ、豪州など世界各地に進出するウーバーといった、地域ナンバー・ワンのライドシェア会社へ投資を行っているわけです。その世界シェアは8割とも9割とも言われています。

上場しユーザーも増えたが、赤字体質が続いている

2019年5月には、ライドシェア業界の雄とも言えるウーバーがニューヨーク証券取引所に上場しました。初値は公開価格45ドルを下回る42ドルで、上場時の時価総額は約760億ドル(約8兆円)。それはGMやフォードの時価総額を大きく上まわる程でした。ただ、その後、11月から12月はじめ時点では株価は30ドル以下、時価総額も500億ドル以下で推移。上場直後に比べると少なくとも30%ほど、株価は下落、時価総額でみる企業価値も毀損(きそん)されたことになります。

これは、月間アクティブユーザー数と売上高は順調に増加しているものの、同年9月期まで6四半期連続で最終赤字を計上していることに対して投資家が懸念を抱いているためと考えられます。

月間アクティブユーザー数は、9月期末で1億以上と前年同期末から25%以上の増加。7-9月期の四半期売上高は3813百万ドル(約4150億円)で、前年同期比で約30%増となっています。年度売上高で見ても、2017年は前年比106%、2018年は同42%の伸びを記録しています。

その一方で、同四半期の営業損失は1106百万ドル(約1200億円)で、前年同期の営業損失763百万ドルから損失幅が増えています。年度の営業損失で見ても、2016年は3023百万ドル、2017年は4080百万ドル、2018年は3033百万ドルと、赤字体質であることは明白でしょう。

タクシー、デリバリー、配車サービスを支える4つの強み

では、ここで、ウーバーの会社概要などを詳しく見ていきましょう。ウーバーはトラビス・カラニック氏とギャレット・キャンプ氏が2009年3月に創業し、米国カリフォルニア州のサンフランシスコに本社を置いています。

米国証券取引委員会(SEC)に申請したIPO目論見書「FORM S-1」(2019年4月11日付)によれば、ウーバーは、「世界を変えていく機会を創出する」というミッションのもと、「パーソナル・モビリティ」「ウーバー・イーツ」「ウーバー・フレイト」という3つのプラットフォームを提供するとしています。そして、これらプラットフォームの基盤として、「大規模なネットワーク」「最先端テクノロジー」「オペレーショナル・エクセレンス」「プロダクトに関する専門性」を挙げています。

とりわけ「大規模なネットワーク」と「最先端テクノロジー」はウーバーの事業を特徴付けるものです。前者はドライバー、顧客、レストラン、運送業者など、さらにはビッグデータ、テクノロジー、インフラで構成されています。後者はマーケットプレース、ルーティング、ペイメントにかかわるテクノロジー。特にマーケットプレース・テクノロジーは需要予測、マッチングやプライシングに活用されています。

あわせて読みたい

「孫正義」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    クルーズ船感染は人災? 医師告発

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    野村さんの遺体写真を投稿し賛否

    AbemaTIMES

  3. 3

    落ち込んだGDP どうなる日本経済

    ヒロ

  4. 4

    内村光良のNHKコントは笑えない

    メディアゴン

  5. 5

    宗男氏 辻元氏の質問は意味ない

    鈴木宗男

  6. 6

    辻元氏 ANAホテルは事実を答えた

    辻元清美

  7. 7

    前夜祭 安倍首相の答弁は苦しい

    木走正水(きばしりまさみず)

  8. 8

    桜問題で逃げ回る安倍首相に苦言

    畠山和也

  9. 9

    ANAホテルが称賛されるおかしさ

    女性自身

  10. 10

    いま選挙語る山本太郎氏は場違い

    早川忠孝

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。