記事

「ヤラセじゃない?」 31年目の『探偵!ナイトスクープ』新局長・松本人志で何が変わった? - 近藤 正高

1/2

「『探偵!ナイトスクープ』の時間がやってまいりました。複雑に入り組んだ現代社会に鋭くメスを入れ、さまざまな謎や疑問を徹底的に究明する『探偵!ナイトスクープ』。私が局長の松本人志です」

【写真】懐かしい!上岡龍太郎、西田敏行、松本人志……歴代局長の写真を見る(全5枚)

 関西地区では11月29日に放送された『探偵!ナイトスクープ』(朝日放送テレビ)のオープニングで、この回より番組の3代目局長に就任したダウンタウンの松本人志が、おなじみの口上を述べ、“松本探偵局”を本格始動させた(東京MXテレビでは12月15日に放送予定)。

 『探偵!ナイトスクープ』は1988年3月、タレントの上岡龍太郎を探偵局長として放送をスタートした。以来、視聴者からさまざまな依頼を受けて、タレントや俳優扮する探偵たちが解決にあたっている。この間、上岡は芸能界引退にともない2000年4月に局長を退任。それからしばらく探偵たちが持ち回りで局長代行を務めたが、2001年1月より2代目局長に俳優の西田敏行が就き、上岡の在任期間を超える約19年間務めた。ちなみに局長就任時の年齢は、上岡が46歳になる直前、西田が53歳、そして松本人志が56歳である。番組スタート時の上岡が、現在の松本より10歳も若かったことにちょっと驚かされる。

「探偵!ナイトスクープ」 西田敏行の後任として、ダウンタウン松本人志が3代目新局長に就任

「上岡さんの才能を生かして、1本の番組にできないか」

 そもそもこの番組は、まず上岡ありきの企画だった。番組の初代プロデューサーの松本修によれば、1987年秋、当時の副社長から、若い視聴者をターゲットとした新番組をつくるよう命じられたのが発端だという。松本はすでに自身が30代後半だったことから、自分と同年代に受け、なおかつ若者にも受ける番組というふうにターゲットを広げたうえで、スタッフらと企画を練った。初めはひとつずつテーマを決めてアイデアを出し合ったが、すでに似たような番組が存在していたりしてうまくいかない。ならばと今度は、メインとなるタレントを想定して番組を考えることにした。そこで松本がふと思いついたのが、上岡龍太郎だった。

 松本は自分の担当する生番組で、かつて上岡に司会陣に入ってもらったところ、VTR終わりでのコメントが毎回鋭くて批評的だったのを思い出した。「上岡さんのこの才能を生かして、1本の番組にできないか」……そう考えた末に生まれたのが、視聴者からの依頼にもとづき、レポーターが取材し、結果を上岡に報告するというアイデアだった。これを探偵局というスタイルにして企画を提出、実現にいたったのである(※1)

 番組がスタートすると、探偵の報告に対する上岡の反応はいつも理詰めで、ときに厳しくもあった。幽霊退治の依頼に霊媒師を登場させたところ、こんなインチキな輩をテレビに出すのは罪だと怒って退席し、そのまま帰宅してしまったこともあった。

「驚きだった」西田敏行の局長就任

 上岡は2000年、かねてより予告していたとおりタレントを引退する。それでも松本らスタッフは、彼が引退を翻意してもいいよう、局長退任後も後任を用意しなかった。だが、探偵が週替わりで局長代行を務めるうちに視聴率が低迷。ついに新たな局長を迎えることになる。スタッフが会議を重ねるなか、この番組の大ファンらしいと名前が挙がったのが、西田敏行だった。「西田さんなら、二番煎じではない、また新しい『ナイトスクープ』に脱皮できるのではないか」とスタッフの意見は一致し、局長就任を打診したところ、快諾を得る(※1)

 福島県出身で、関西とは一見無縁そうに思われる西田(じつは父親が大阪府堺市出身だったのだが)の局長就任は、地元の視聴者には驚きをもって受け止められた。しかし支持を集めるまでには時間はかからなかった。涙もろいキャラクターは、スタッフの思惑どおり、番組のカラーを変えた。昨年、番組が30周年を迎えたとき、松本修は、2代目局長に西田を選んだ理由を次のように説明している。

《時代が変わった。つまり、30年前は、本音をズバリ言うタレントが2人しかいなかった。一人は横山やすしさん。もう一人は上岡さん。でも今は100人いてる。みんなズバリ本音を言う。ワイドショーなんかみんなそう。もうズバリは古い。でも泣くのは桂 小金治さん以来。半世紀ぶり。これはすごい。あっちは噺家で泣かすのが商売。こっちは名優。涙の値段が違う。西田さんに代わって、探偵たちもそれまでは我慢していた涙を流すようになった。上岡時代には泣くなんて有り得なかった》(※2)

あわせて読みたい

「松本人志」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    進次郎氏育休に純一郎氏が激怒か

    NEWSポストセブン

  2. 2

    安倍長期政権 支えている4つの柱

    舛添要一

  3. 3

    東出不倫壊した団欒 2億円豪邸も

    女性自身

  4. 4

    夫婦別姓 皇室制度とは切り離せ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  5. 5

    ナイキ「倫理的」な靴流行は滑稽

    渡邊 雄介

  6. 6

    e-Taxの確定申告 認証設計に不安

    tokyo editor

  7. 7

    国民民主議員「もう撤退すべき」

    篠原孝

  8. 8

    米作家 人口減少は日本に利ある

    文春オンライン

  9. 9

    ゲーム規制に県職員が異例の反対

    岸慶太

  10. 10

    立民と国民民主 代表質問で違い

    室橋 祐貴

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。