記事

嵐・二宮と松本「肩組み拒否と2ショット写真」騒動の真相

ファンが注視する嵐・二宮と松本の距離感(写真はジャニーズ事務所、写真/共同通信社)

 あの日以降、嵐ファンは二宮と松本の関係に不安を感じているという。そんな中、突如公開された“2ショット写真”。それは“和解の証”なのか“騒動の火消し”なのか…。

【写真】二宮とAさんの車内ツーショット

 コンサート会場の控室で二宮和也(36才)と松本潤(36才)が隣り合って座っている写真。何気ない日常に思えるが、嵐ファンはその1枚に大きく反応している。

「11月21日に、インターネット上のファンクラブ限定有料サイトにアップされた写真です。打ち合わせなのか、ニノがメモを持っているのですが、隣り合った2人のそばには鍋と具材が置いてありました。打ち合わせ前後に仲よく鍋を食べている雰囲気が伝わってきます。仲よさそうでホッとしました。やっぱりあの“騒動”は勘違いだなと…」(ファンの1人)

 ファンが指摘する“騒動”とは、11月12日に発表された二宮の結婚に端を発していた。

「20年以上も共に歩んできた二宮さんの突然の結婚に対して、お祝いコメントを発表したのは櫻井翔さん(37才)と相葉雅紀さん(36才)の2人。リーダーの大野智さん(39才)と松本さんはコメントを出しませんでした。

 松本さんが、この時期の結婚に反対していたという報道もありました。そんな状況を知っているファンの間では、二宮さんと松本さんの関係を心配する声も出始めたのです」(テレビ局関係者)

 結婚発表後、初めてのコンサートでファンの不安は増した。11月14日から始まった札幌ドーム公演で嵐の代表曲の1つ『Everything』が流れた時のことだ。

「この曲ではニノと潤くんが、肩を組んだり、わちゃわちゃ絡むのが見所の1つなんです。けど、その日、2人はガッツリ肩も組まないし、視線が交わることも少なかった。あれはとても絡みとはいえないし、肩組みを拒否しているようにも見えました。コンサート中に結婚について一切触れなかったのは、ファンに対する思いやりだと思います。でも、どこか違和感が残りました」(コンサートに参加したファン)

 SNSでも、コンサートを見たファンから、2人の“肩組み拒否”騒動に関する書き込みが相次いだ。

《お互い外側向いて歌って歩いてたのは、なんでだろう》

《ちゃんと肩を組むかどうか心配で、今後のコンサートを楽しめないかも》

 冒頭の写真がアップされたのは、その直後だった。

 2人の不仲説さえ囁かれていた時期だったが、この写真によって

《気にしすぎだったんだ》《やっぱり仲良しじゃん》《本当に良かった》
というファンの声がSNS上に流れた。

 ところが、その写真が今回のコンサートで撮影されたものではないことが判明。ファンは再び不安の声を上げた。

「写真は10か月以上前の、2019年1月に行われた大阪公演時のオフショットだったんです。実際、1月にファンクラブサイトでは今回アップされた写真の別カットが公開されていました。服装もテーブルクロスもキャップもすべて同じです。

 11月に嵐がSNSを解禁してから、過去の“思い出写真”をアップすることは珍しくないこと。しかも写真が“再アップ”された11月21日は大阪公演中だったので、同じ大阪公演だった1月の写真をアップしただけのことで、何か意図的なものではなかったはず。

 ただ、ファンは“2人鍋”を今回の写真だと早とちりしてしまっただけに、“今回、ニノと松潤のオフショットが出ないということはやっぱり不仲なのではないか”と心配する声が再び広がってしまった」(芸能関係者)

 そうしたファンの心中を察してか、ついに動いたのが松本だった。12月2日に別の会員制ファンサイトの中で、こんなコメントを発表したのだ。

《21年目に入って、正直、情報過多だったりで追いついていけないなど、戸惑っている人がいるというのもSNS上で見ています。。みんなの気持ちも分かるし、色んな気持ちがあるだろうから、人によって今の心の置き方はそれぞれだと思う。でもさ、元はみんな同じ気持ちだったから。そのみんなに僕は感謝の思いを届けたいんです。その思いを伝えたいので、僕は変わらずに会場で待っています!!》

 自分の言葉で胸中を率直に明かした松本の思いはファンにしっかり届いたようだ。

「ファンクラブの会員サイトでも、こんなメッセージが出るのは異例のことでファンの間でも驚きをもって受け止められた。松本さんのメッセージからは二宮さんの結婚についての複雑な思いも伝わってくる。そのうえで、ファンへの感謝をしっかり伝えています。ファンとしては松本さんがしっかり自分たちの気持ちをわかっていてくれると安心したようです。

 松本さんがメッセージを出したのも当然“不仲騒動”を知ってのことでしょう。誰も傷つけない形で、二宮さんを援護射撃した松本さんの責任感はさすがだと思いました。12月6日から8日まで福岡ドームでコンサートがありましたが、そこでは松本さんが二宮さんの肩に手を置くシーンがあったそうです。今はファンの間で、騒動は沈静化しています」(前出・芸能関係者)

◆相葉イジりで見せた普段の笑顔

 そして12月4日には5人のこんな姿が見られた。

 その日放送の『FNS歌謡祭』(フジテレビ系)では、相葉が司会を務めていた。

「相葉さんがFNS歌謡祭の司会をするのは今回が初めてです。生放送が苦手だという彼は2016年に単独でNHK紅白歌合戦の司会をした時もかなり緊張気味で、放送が終わる時には、達成感からか涙を浮かべていたほど。それから3年近くが経ちましたが、当日もそれを上回りそうなほど硬くなっていましたね」(番組関係者)

 ただ、紅白の時とは違い、ほかの4人が観客席から至近距離で相葉を見守っていた。

 時には「めっちゃ緊張している」と相葉をイジったり、CM中に相葉が台本を読み込んでいるのを暴露。まるで、4人で相葉の緊張を取ろうと努めている姿が放送された。

 その様子を見たファンはSNSに、

《4人が相葉くんの保護者みたい!》

《みんな相葉くんを大好きなことが伝わってきた》

《この仲の良さが、やっぱり嵐だよね》

 などと書き込み、メンバーの絆の強さを再確認していたようだった。

「結婚発表が突然だったこともあり、ファンは些細なことに敏感になっていました。でも、FNS歌謡祭の時、目を合わせて笑いあっている二宮さんと松本さんを見て安心したようですね。現場でも普段と変わらない、いつもの嵐でした」(前出・番組関係者)

 2020年は嵐イヤー。さらなる絆を見せてくれそうだ。

※女性セブン2020年1月1日号

あわせて読みたい

「嵐(ARASHI)」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ベトナムで低下が進む「親日度」

    WEDGE Infinity

  2. 2

    Amazonと違う楽天の「送料無料」

    自由人

  3. 3

    クロ現のプレゼン特集は「最悪」

    メディアゴン

  4. 4

    山本太郎氏を利用する立民に呆れ

    田中龍作

  5. 5

    よしのり氏 ヤジ糾弾は魔女狩り

    小林よしのり

  6. 6

    迎撃魚雷の実用化が進まない背景

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  7. 7

    自民のヤジ 謝罪要求は筋違いか

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  8. 8

    メルカリのOrigami買収判断は謎

    やまもといちろう

  9. 9

    韓国客減る対馬 土地買収は続く

    NEWSポストセブン

  10. 10

    芸能人不倫叩きに感じる恐ろしさ

    いいんちょ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。