記事

梅宮辰夫死去「アンナが心配で死ねない」生前語っていた愛娘と羽賀研二被告”すったもんだへの本音” 最後の自伝「不良役者」担当編集者が明かす秘話 - 「週刊文春デジタル」編集部

1/2
〈アンナに苦労させられて大変じゃなかったかって?
 そんなのとっくに忘れたよ(笑)。そりゃあ、金銭的な尻ぬぐいもしたし、芸能マスコミからあいつを守るために俺が矢面に立つ場面は何度もあった。でも、それをするのが父親だろ。古いと思うかもしれないけど、俺は昭和のオヤジだから〉

 12月12日、慢性腎不全のため、俳優の梅宮辰夫さんが亡くなった。享年81。


梅宮辰夫さん ©時事通信社

 映画「仁義なき戦い」など多くのヒット作に出演した梅宮さん。その俳優生活の総決算として、亡くなる直前まで携わっていたのが、12月18日に発売される新刊「不良役者 梅宮辰夫が語る伝説の銀幕俳優破天荒譚」(双葉社)の編集作業だった。

 この新刊では、共演した昭和の銀幕スターとの交友譚や、愛する家族への思いが綴られている。冒頭で紹介したのは、娘のアンナさん(47)と、当時タレントだった羽賀研二被告(58、強制執行妨害目的財産損壊罪などで公判中)との交際をめぐるエピソードだ。担当編集の長坂肇氏が振り返る。

「梅宮さんの口から羽賀さんの名前が出たことは一度もなかった」

「約90回に渡った週刊誌の連載中も、単行本の編集中も、梅宮さんの口から一度も羽賀さんの名前が出たことはなかったです。怒りというのはなかったですね。本文に名前が出てこないのは削除したわけではありません。娘のことで、終わったことだから……という思いもあったのかもしれません。アンナさんの話になるとやさしい表情になり、『心配で死ねない』と話していましたから」

 梅宮さんを悩ませた、アンナさんと羽賀被告との交際。梅宮さんは、この交際に当初から猛反対していたが、羽賀被告が反論会見を開いて「誠意」という台詞を連発。翌95年3月には、アンナさんと羽賀被告の恋人同士が脱いだ前代未聞のヌード写真集「アンナ 愛の日記」(新潮社)も大きな話題となった。その後の経緯についても梅宮さんは綴っている。

〈ただ、アンナが5年にわたるすったもんだの末に男との交際にピリオドを打ち、さらにその2年後、別な男性と結婚したときはホッとした。長女の百々果も生まれたし、ようやく梅宮家にも春が来たと思ったよ。
 ところが結婚生活が続いたのはわずか2年。(略)相変わらず男を見る目がないんだよなぁ〉

 梅宮さんは昭和13年生まれ。大学在学中に東映ニューフェイス5期生に合格して、俳優デビュー。映画「不良番長」シリーズなどが大ヒットした。さらに、梅宮さんの存在をより世間に広めたのが、バラエティ番組などでの幅広い活躍だ。梅宮さんの趣味である釣り、また料理を扱う番組も多かった。「梅宮辰夫の漬物本舗」を全国展開するなど実業家としても活動した。

あわせて読みたい

「梅宮辰夫」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    埼玉県でマスク30万枚が野ざらし

    SmartFLASH

  2. 2

    ひろゆき氏 五輪の開催は難しい

    西村博之/ひろゆき

  3. 3

    マラソン決行 主催の説明に呆れ

    WEDGE Infinity

  4. 4

    権限ない休校要請 保護者は困惑

    BLOGOS しらべる部

  5. 5

    在宅勤務に賛成して休校否定の謎

    やまもといちろう

  6. 6

    カリフォルニアで8400人感染疑い

    ロイター

  7. 7

    中韓が日本産盗む?対立煽る報道

    松岡久蔵

  8. 8

    政府の休校要請は極めて無責任

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  9. 9

    安倍首相の暴走許す自民党は末期

    田原総一朗

  10. 10

    USJ・ディズニーが臨時休園発表

    BLOGOS しらべる部

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。