記事

スイス中銀が政策据え置き、マイナス金利は当面続く可能性


[ベルン 12日 ロイター] - スイス国立銀行(中銀)は12日、政策金利を据え置いた。リスクは下向きとの認識を示し、マイナス金利が当面続く可能性を示した。スイスフランについては、引き続き過大評価されているとし積極的に市場介入する方針を示した。

中銀は、政策金利を予想通りマイナス0.75%に据え置いた。中銀預金金利もマイナス0.75%に据え置いた。

中銀は声明で「世界経済のリスクは依然、下向きに傾いている」とし「貿易摩擦、および製造業の低迷が経済全体に波及する可能性」を主要リスクに挙げた。

今年、対ユーロ<EURCHF=>で3%上昇しているフランを過大評価されているとし、フラン高抑制に向け積極的に介入する方針を示した。

ジョルダン総裁は会見で、5年近くに及ぶマイナス金利を、引き続き金融政策の柱と説明。

「それがなければ、フランはこの数年はるかに上昇し、スイス経済に打撃を与え、物価安定を脅かしていたはずだ」とし「明らかにコストより効果のほうが大きいという見解は変わらない」と述べた。

国内の銀行は、マイナス金利が業績を圧迫すると批判。UBS<UBSG.S>やクレディ・スイス<CSGN.S>、ジュリアス・ベア<BAER.S>など、一部の銀行は富裕層にマイナス金利の負担を転嫁している。

こうした状況もあり、中銀は今年、マイナス金利適用免除の範囲を拡大した。

ジョルダン総裁は、低金利環境が今年、さらに定着したとし、この状況を変えるのは一段と難しくなったと指摘した。

中銀は、2020年と21年のインフレ率予想を引き下げた。これを受け、アナリストは、利上げは予見可能な将来ないと予想した。

クレディ・スイスのエコノミストは、中銀のインフレ予想を踏まえ、政策金利は向こう2年間据え置きとみている。

スイス政府は12日発表した経済見通しで、来年の経済成長率を据え置いたが、通商摩擦や世界景気の減速が来年にかけて成長の重しになると指摘した。

*内容を追加しました。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「2021年になって未だに?」 NHKきっかけに日本のFAX文化が世界に 海外からは驚きの声

    BLOGOS しらべる部

    07月29日 17:14

  2. 2

    不気味に大人しい小池百合子知事、目線の先にあるものは…?ワクチンの集中要請と追加経済対策を急げ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    07月30日 08:12

  3. 3

    もう、オリンピック・ムードに浸り続けるのは無理なんじゃないかな

    早川忠孝

    07月30日 08:37

  4. 4

    都の感染者が3865人のからくり 検査数が増えれば陽性者数も増える

    諌山裕

    07月30日 13:07

  5. 5

    五輪で弁当4000食廃棄にショック 河野大臣も驚きのけぞる

    柚木道義

    07月30日 10:28

  6. 6

    感染爆発の震源地 選手村のPCR検査は極めてズサンだった 

    田中龍作

    07月30日 09:14

  7. 7

    「ここまでのコロナ対策が失敗だったと認めた方がよいのではないか」杉尾秀哉議員

    立憲民主党

    07月29日 19:13

  8. 8

    コロナ感染急拡大で日本医師会が緊急声明、全国への宣言検討を

    ロイター

    07月29日 20:40

  9. 9

    列車内での飲酒について、JR北海道から回答「お客様に強制することは大変難しい」

    猪野 亨

    07月29日 10:28

  10. 10

    ニュースの見過ぎで疲れた人にすすめたい「ニュース・ダイエット」

    御田寺圭

    07月30日 10:35

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。