記事

フィリピン中銀、政策金利4.00%に据え置き 景気見通し改善

[マニラ 12日 ロイター] - フィリピン中央銀行は12日、政策金利の翌日物リバースレポ金利を2会合連続で4.0%に据え置いた。

同中銀は前年は利上げをしていたが、今年5月以降、景気支援姿勢に転じ3回利下げした。

ジョクノ総裁は会見で、政府の支出拡大や旺盛な内需で見通しが改善したとして政策金利を据え置く余地が生まれたと説明。

財政支出の拡大が経済を支えるとして、第4・四半期成長率予想を6.4─6.5%とし、前四半期の6.2%から加速するとした。

一部エコノミストは、中銀が来年、利下げか、銀行預金準備率の引き下げという形で金融緩和を再開すると予想している。

中銀は、物価動向も注視する方針。11月の消費者物価指数(CPI)は前年比1.3%上昇し、6カ月ぶりに伸びが加速した。年初からの平均上昇率は2.5%で、中銀の目標レンジ(2─4%)に収まっている。

インフレ率予想は、国際原油相場、アフリカ豚コレラ、貿易政策の不透明感などの上振れ・下振れリスクを勘案し、今年2.4%、2020年と21年が2.9%で据え置かれた。

アナリストは、来年インフレが加速するものの、中銀の目標レンジ内にとどまり、必要に応じて追加緩和することは可能と予想している。

フィリピン政府は11日、2021年と2022年の経済成長目標を7.0─8.0%から6.5─7.5%に引き下げたが、2020年の目標は6.5─7.5%で据え置いた。[nL4N28L1JU]

一部エコノミストは、来年少なくとも1回の利下げを予想している。

中銀は、中期的に銀行預金準備率を1桁台にする計画で、今年は400bp引き下げ14%とした。ノムラはさらなる引き下げを予想している。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「スゴイ日本!」ばかりのテレビ五輪放送。在留外国人は東京五輪を楽しめるか

    Dr-Seton

    08月05日 08:29

  2. 2

    なぜ選手が首長を訪問? 名古屋・河村市長のメダルかじりで「表敬訪問」に疑問の声

    BLOGOS しらべる部

    08月05日 18:37

  3. 3

    淀川長治さんが『キネマの神様』を絶賛?CMに「冒涜」と映画ファン激怒

    女性自身

    08月05日 09:07

  4. 4

    ベラルーシ選手はなぜ政治亡命したのか ルカシェンコ政権の迫害ぶりを示した東京大会

    WEDGE Infinity

    08月05日 09:18

  5. 5

    ワクチン完全接種5割の8月末まで好転無しか

    団藤保晴

    08月05日 09:02

  6. 6

    ひろゆき「バカほど『自分にごほうび』といってムダにお金を使う」

    PRESIDENT Online

    08月05日 15:33

  7. 7

    東京都、新規感染者数5042人に疑問

    諌山裕

    08月05日 17:42

  8. 8

    環境省がエアコンのサブスクを検討 背景に熱中症死亡者の8割超える高齢者

    BLOGOS しらべる部

    08月04日 18:05

  9. 9

    入院制限の前にやることがあるでしょう

    鈴木しんじ

    08月05日 14:09

  10. 10

    テレビ放映権中心に回り夏開催される五輪 舛添氏が改革案を公開

    舛添要一

    08月05日 08:33

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。