記事

桶川ストーカー事件から20年 埼玉県警の怠慢と一人の女子大学生の犠牲

1/3

今からちょうど20年前。埼玉県桶川市のJR高崎線・桶川駅西口前で、一人の女性の尊い命が奪われた。いわゆる「桶川ストーカー殺人事件」だ。殺害されたのは、女子大学生の猪野詩織さん。当時まだ21歳だった。

事件を契機として、ストーカー規制法が制定され、マスコミ報道をめぐって取材の在り方が問題提起された。同時に大きな批判を浴びたのが埼玉県警だった。生前の詩織さんのSOSを放置する怠慢に加え、告訴状も改ざん。記者会見では、一人の女性が亡くなっているにもかかわらず、捜査幹部はおよそふさわしくない笑みを見せていた。

20年が経過し、事件はひと段落したように見えるかもしれない。だが、20年の節目に再び遺族と向き合って感じたことがある。未だ事件は終わっていないということだ。

詩織さんの命日をひまわりの種に例え 20年間を生きてきた遺族

猪野詩織さんが殺害された現場近くの植え込みには、今年も花が供えられていた=JR桶川駅西口で、小林ゆうこ撮影

「あの頃と全然変わらないでしょ、この部屋」。

母京子さんが、祭壇の前で語った。本当に何も変わっていない。命日でたくさんの供花が祭壇を飾っていたが、詩織さんの遺影と家族写真は、私たちがお邪魔していた当時と寸分も違わない。

20回目の命日となる今年10月26日の夜、筆者は猪野家を訪れた。

当時、ニュース番組『ザ・スクープ』(テレビ朝日)で事件を特集したキャスター・鳥越俊太郎氏と、ディレクター・山路徹氏、書籍版『桶川女子大生ストーカー殺人事件』(鳥越俊太郎と取材班・著、メディアファクトリー)を書いた私、そして編集者の4人で。

部屋には、もうひとつ変わらないものがあった。遺影を取り巻く花だ。ひまわりの花が好きだった詩織さんを偲び、いつからかご両親は最愛の娘さんの亡くなった日を、「ひまわりの種」に例えるようになった。そして、その種を慈しむ思いで生きてきた。

警察は変わったか。ストーカー事件はなくなったのか。報道被害はどうか。いま、ひまわりの花はどれほどの背丈で咲いているだろうか?

あわせて読みたい

「ストーカー」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    マリエの「枕営業」告発が、テレビや新聞で完全スルーされる本当の理由

    PRESIDENT Online

    04月20日 12:19

  2. 2

    「仲介手数料ゼロ」に気をつけて!賃貸契約で損しないための交渉術

    中川寛子

    04月19日 09:08

  3. 3

    日米首脳会談 菅首相訪米の重要性を理解できない野党の残念さ

    城内実

    04月20日 09:09

  4. 4

    TBS『週刊さんまとマツコ』視聴率が取りにくい枠での成功目指す「逆張り」に期待

    メディアゴン

    04月20日 08:36

  5. 5

    スガ首相「要請」を「メドが立った」とすり替える ワクチン確保のお寒い現実

    田中龍作

    04月20日 08:43

  6. 6

    自民党内に“5月下旬に東京都に緊急事態宣言ならオリンピック開催は危うい”との見方も

    ABEMA TIMES

    04月20日 08:32

  7. 7

    ここで出しゃばる財務省?!雇用調整助成金のコロナ特例見直しは正しいけど、財務省から言い出すのは…

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    04月20日 08:19

  8. 8

    どうしても飲みたい人々 路上だけでなく電車、喫煙所、オフィスにも増殖

    NEWSポストセブン

    04月20日 16:23

  9. 9

    "都会より田舎の方が便利"に感じたこと「車で移動できる。駐車場代がかからない」

    キャリコネニュース

    04月20日 09:18

  10. 10

    9月末までにワクチンのめどがついたのであれば根拠を示すべし

    大串博志

    04月20日 08:24

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。