記事

【談話】2020年度・与党税制改正大綱の決定について


2019年12月12日

2020年度・与党税制改正大綱の決定について(談話)

立憲民主党政務調査会長
逢坂誠二

 本日、与党の2020年度税制改正大綱が決定された。

 安倍政権の経済政策(アベノミクス)により、所得格差、資産格差がますます拡大するなかで、これら所得や資産の偏在を是正することは、税制に求められる大きな役割のひとつである。また、さまざまな立場にある人々が、その個性と能力を十分に発揮し、多様性を力にする社会への転換を図るための税制にシフトしなければならない。

 しかしながら、来年度税制改正をめぐる与党内の今回の議論では、その場しのぎの、ツギハギだらけの内容に終始し、これら今の時代に求められる税制のあり方について突っ込んだ議論は行われなかった。大綱は、未婚のひとり親支援策など一定の評価ができる内容が含まれてはいるものの、金融所得課税や法人課税をはじめとする不平等な税制の見直し、消費課税のあり方、所得再分配機能の強化やジェンダー平等推進の観点からの控除全体の見直しなど、税制の全体像を見据えた抜本的な改革からは程遠い、迫力不足の内容であると言わざるを得ない。国民のおかれている窮状を直視することなく、必要な改革に決して正面から向き合おうとはしない、いまの与党の姿勢を如実に示すものである。

 立憲民主党は、来るべき時代を見据え、「公平」「納得」「透明」「簡素」の原則を踏まえつつ、税制の有する「財源調達機能」「所得再分配機能」「経済安定化機能」の回復・最大化を図り、わけてもとりわけ「所得再分配機能」を強化すべく、今後も引き続き議論を行っていく。

あわせて読みたい

「逢坂誠二」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    猫の目が…奇跡の失敗写真が話題

    BLOGOS しらべる部

  2. 2

    収監された周庭さん 12人部屋に

    BLOGOS しらべる部

  3. 3

    安倍氏に弁護士「虚構だった?」

    郷原信郎

  4. 4

    GoTo見直しで焦る日本の敗戦模様

    文春オンライン

  5. 5

    投資家がマイホームのリスク指摘

    内藤忍

  6. 6

    菅氏はカジノより介護を優先せよ

    毒蝮三太夫

  7. 7

    社民党を食いつぶした福島瑞穂氏

    文春オンライン

  8. 8

    桜疑惑 安倍氏かばう議員に疑問

    猪野 亨

  9. 9

    独裁者に目を付けられた周庭さん

    WEDGE Infinity

  10. 10

    注文待つ「Uber地蔵」街中で急増

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。