記事

池上彰 1年に2度イギリスを訪れて見えた「EU離脱騒動疲れ」

ジョンソン首相が強行したいEU離脱に対し国民は辟易しているという(写真/AFP=時事)

池上彰氏の解説

 私は今年(2019年)、EU離脱を控えたイギリスに2度行ってきました。一回目は当初の離脱期限だった3月、そして二回目は3度目の離脱期限を延期した直後の11月です。

【写真】今年は2度、イギリスを訪れたという池上彰氏

 3月のイギリスは、それはもう賑やかなものでした。離脱期限を間近に控え、難航する離脱交渉に新聞・テレビのマスコミ各社が連日、追い込まれたメイ首相(当時)を取り上げていました。市民レベルでは離脱反対派の「もう一度、国民投票をすべき!」という100万人のデモがあったり、賛成派が離脱カウントダウンをしたり、イギリス全体が騒然としていて、「その日」がいよいよ近くなったのだなということを実感しました。

 ところが11月に行った時には、一転してとても静か。新たに就任した離脱強硬派のジョンソン首相がなんとか総選挙実施に漕ぎ着けたので、それへ向けては幾分の盛り上がりを見せていました。政治家はそれが仕事ですから、離脱問題も熱心に語ります。ただし、イギリスの選挙運動は日本のような選挙カーに乗って大音響で候補者の名前を連呼するといったものではなく、政党や立候補者による戸別訪問が主なので、街の様子は普段と変わりません。

 一方、国民はというと、度重なる離脱延期に辟易しているというのが実状のようです。それを物語るのが、イギリスのTV局スカイニュースがこの10月に、ブレグジットの報道を一切取り上げない「スカイニュース ブレグジットフリー」というチャンネルを立ち上げたことです。なかなか結論の出ない事態にもううんざり、そんなニュース見たくないという国民が多いということなのでしょう。あるいは、この立ち上げにはイギリス人特有の皮肉も込められているのかもしれません。

 イギリスのEU離脱は、2016年6月の国民投票で決まりました。しかし、その結果に国民自体が驚いたという、なんとも取り返しのつかないものとなってしまいました。その後、EUと離脱について協議を重ねて合意案をつくってきたけれども、イギリス議会がそれを否決してしまいます。結局、当初の2019年3月29日の離脱期限に間に合わず。その後も延期を重ねて現在(2019年12月上旬)もまだゴタゴタが続いています。

 そもそも、どうしてイギリスは「EU離脱をめぐる国民投票」を実施することになったのでしょう? また、それ以前に、イギリスはどういういきさつでEU(当時はEC)の仲間入りをしたのでしょう? さらに言えば、もとよりイギリスはヨーロッパなのでしょうか? イギリスとEUをめぐる問題からはそういった疑問も湧いてきます。これらについては、私の書籍シリーズ『池上彰の世界の見方』の9冊目「イギリスとEU」でも触れていますが、イギリスのEU離脱がなぜ泥沼に陥ったのかは、興味深い問題です。

 日本にも皇室があったり、イギリスと同じ島国だったり、また明治期、近代日本の仕組みをつくるなかではイギリスの政治をお手本としました。イギリスは日本人にとって馴染み深い国ですが、EU離脱のような問題が起きて改めて見てみると、実は知らないことも多いのに気づくのではないでしょうか。

◆池上彰(ジャーナリスト)

【プロフィール】いけがみ・あきら/1950年長野生まれ。慶應義塾大学経済学部卒業後、1973年にNHK入局。報道局社会部記者などを経て、1994年4月から11年間にわたり『週刊こどもニュース』のお父さん役を務め、わかりやすい解説で人気を集める。2005年にNHKを退職し、フリージャーナリストに。名城大学教授、東京工業大学特命教授。愛知学院大学、立教大学、信州大学、日本大学、順天堂大学、東京大学、関西学院大学などでも講義する。主な著書に『そうだったのか!現代史』『伝える力』『知らないと恥をかく世界の大問題』など。

あわせて読みたい

「ブレグジット」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    よしのり氏 ヤジ糾弾は魔女狩り

    小林よしのり

  2. 2

    国民議員「打倒安倍に国民辟易」

    岸本周平

  3. 3

    Amazonと違う楽天の「送料無料」

    自由人

  4. 4

    ベトナムで低下が進む「親日度」

    WEDGE Infinity

  5. 5

    クロ現のプレゼン特集は「最悪」

    メディアゴン

  6. 6

    習氏の国賓来日 自民議員が警告

    原田義昭

  7. 7

    自民のヤジ 謝罪要求は筋違いか

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  8. 8

    新型肺炎 今週末が流行の岐路に

    団藤保晴

  9. 9

    国産野菜は安全?妄信する日本人

    Ayana Nishikawa(西川彩奈)

  10. 10

    唐田えりか不倫 韓国で辛辣批判

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。