記事

いきなりステーキをU字回復させるには・・・・無理っぽいけど具体策を出してみる


いきなりステーキではバターをやめてもらってポテトをブロッコリーに変更。これが筋トレしてる人のお約束です。

いきなり!ステーキ「お客様のご来店が減少しております」 社長直筆の「お願い」全店掲出へ

テレビでもやってたこのニュース。私の意見としましては

「当店のお客さんが減って経営がいきづまっております。当店を潰したくなかったら来てください」って、ラーメン屋が張り紙したとして、そのラーメン屋が一ヶ月後にまだあるかどうかも想像つかない経営者

です。テレビでは昨年比40%減の売上というのに、創業社長さんが「それほど苦しいわけではない」と言っていたが、

店舗無茶苦茶に増やして売上40%減!!!

で苦しくないなら、この会社にとって最大の業績回復策はまずは社長さんに退任頂くことです。そもそも張り紙の文面

今では店舗の急拡大により、いつでも、どこでもいきなりステーキを食べることができるようになりました」 しかし、お客様のご来店が減少しております。このままではお近くの店を閉めることになります。

ええっと・・・控えめに見ましても、「我々のおかげでステーキが身近に食べられるようになったでしょ。しかし来てくれなくなったからこのままだとこの店閉めるよ」って、なんだか客が悪いような上目線に見えます。この張り紙をするって時に誰も社長を止められなかったのが最大の問題だと思います。この張り紙の店は閉めることになるでしょう。

経営的に好ましい点を挙げると、この張り紙を見たら従業員がまず辞める。そうすると自主退職だからリストラの手間が省けるということでしょうか。しかしこの場合はできる従業員から辞めて、ほかに行くとこのないのが最後まで残るはずです。

笑ってしまうのが、「飲食店コンサルタント」を自称する皆さんのコメントで、「いきなりステーキはこうだから業績が悪化する」という記事ばかり。あのさあ。コンサルタントって「こうすればよくなる」っていうことをアドバイスするんじゃないの?悪くなった理由なんて誰でも後付けで言えるし。しかも一番先に挙げているのが「出店しすぎの自社競合」なのだが、そんなのは100%原因ではありません。

自社競合なら全体で40%ダウンにならんだろうよ!!!

数字が分かる人はみんなそう思うでしょ。仮に店舗数が倍になって食い合ったとする。しかし例えば店舗数が2倍になってるのに全体の売上は4割減なら、これは食い合いが原因ではない。少なくとも食い合いが原因なら、店舗数が増えて個々の店舗の売り上げが落ちても全体の売上は前年度と変わらないか少し増える程度だろうよ。全体の売上が4割も落ちているのはそれが原因ではないことがわかんないのかな。

わたしがコンサルタントならこうします

ということで、いきなりステーキのヘビーユーザーの私が改善策を提案してみます。もっともV字回復は難しいのでU字くらいで勘弁してよね。成功確率は20%くらいです。w

1 代表交代

上にも書きましたが顧客視点がないと思われます。創業者の才覚と会社を大きくしていく才覚は異なりますので、ここらでセンスのある人にバトンタッチしましょう。いきなりステーキの顧客視点の無さは至る所に見られます。以前にも書きました。


この公開後に仕様が変更されたらしい。見てくれたのか?

また、テーブルの上には水差しに入ったステーキソースがあります。こんな感じのヤツにはいってるんだよ。



これはもう、なんど間違えてコップの水に注いだことか。そのために変えてもらうが「間違える客いないの?」と聞くと「けっこういらっしゃいます」という。

なんで変えない???

証拠を貼り付けておく

代わりの社長はトヨタあたりから招聘したらどうでしょう。いきなりステーキに必要なのはすなわち「カイゼン」なのです。



チープな椅子や仕切りもこの際、カイゼンして欲しいです。サイトもダサいので大改善。役に立たないアプリもです。

メニュー見直し

正直言って、自分はいきなりステーキはけっこう美味しいと思います。いつも食べるのはヒレです。もちろん何倍もするステーキハウスと比較してもしかたないし、自分は和牛の脂っこいのが苦手ということもある。。ステーキガストやビッグボーイ(2点つとも徒歩圏内にあるためヘビーユーザー)に比べたら格段に美味しいです。いきなりステーキがまずいっていうひと、普段、どんないいもの食べてんだ? 

しかし、他は酷い。自分が一番不満なのはサラダ。

学食か!!!???

いま、一番ステーキに盛り上がっていてタンパク質摂取量が多いのが筋トレ族でしょう。最初にサラダを大量に食べて(ドレッシングには糖質がはいってるので使用不可)から肉に取りかかる。なのにこの小盛りで干からびた人参はどういうことだ? いっとくがワカメはステーキに合わない!!

ステーキガストもビッグボーイもサラダバーはあるし、シズラーなんてサラダバーの充実がハンパない。ライバルと言えるブロンコビリーもサラダバーが充実している。サラダなしで肉だけ食うとか、そんな不健康なことが許されて良いのか的なこともわかっていないのである。

駆け足でまとめると、いきなりステーキの業績回復には、徹底したサービスのカイゼンと、メニューの見直しが急務と思われるわけです。サラダバーだけでは他店と差別化できないのであれば、「低糖質メニュー」「低脂肪肉」「健康志向」などの新メニューを追加する。ステーキ&サーモンとかもよい。筋トレ族は食べる量が多い上にこだわりが強い。生牡蠣なんかより1億倍効果あるわ。

そんなわけで本日は第1回の虎の穴の定例会です。ディベート大会が荒れたら面白いので期待して行きます。

あわせて読みたい

「いきなり!ステーキ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    進次郎氏育休に純一郎氏が激怒か

    NEWSポストセブン

  2. 2

    安倍長期政権 支えている4つの柱

    舛添要一

  3. 3

    東出不倫壊した団欒 2億円豪邸も

    女性自身

  4. 4

    夫婦別姓 皇室制度とは切り離せ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  5. 5

    ナイキ「倫理的」な靴流行は滑稽

    渡邊 雄介

  6. 6

    e-Taxの確定申告 認証設計に不安

    tokyo editor

  7. 7

    国民民主議員「もう撤退すべき」

    篠原孝

  8. 8

    米作家 人口減少は日本に利ある

    文春オンライン

  9. 9

    ゲーム規制に県職員が異例の反対

    岸慶太

  10. 10

    立民と国民民主 代表質問で違い

    室橋 祐貴

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。