記事

毎日泣きながら学校へ通い続けた 私が、不登校できなかった理由

1/2

 今回インタビューしたのは、川﨑はるかさん(26歳)。はるかさんは不登校経験はないものの、小学校から高校まで、ずっと学校生活に苦しんできたという。学校についての思いや、今現在の気持ちなどを、話していただいた。

* * *

――はるかさんにとって学校はどういうものでしたか。

 私にとって小学校から高校までの学校生活は、とにかく苦しい場所でした。

 幼稚園は、インターナショナルスクールに通っていました。そこはものをつくったり、表現をするということを大事にしている幼稚園で、のびのびとした雰囲気があり、楽しかったんです。

 しかし、そんな自由な幼稚園から小学校に上がって、すごく違和感を感じました。

 一つの文字をひたすらくり返し書くとか、暗記して覚えるとか、そういう勉強のスタイルに対して「なんで個性にこんなにフタをして、自分の頭で物を考えさせないような教育をするんだろう」と思いました。

 私は学校が求める「勉強」ができませんでした。とくに漢字を覚えるのが苦手で「このままじゃダメだ。勉強しなきゃ」と思っても、テストでビリになるプレッシャーからか、まったく手につかず、成績は上がりませんでした。

 先生からは「この子はできない子だなあ」と見られていたと思います。だから、先生のことが怖くて、信頼することはできませんでした。

人間関係も

 また、同級生との人間関係も苦しいものでした。

 クラスでは、発言力の強い子にみんながついていくようなところがあって、その子に従わない子はクラス中から白い眼で見られます。

 私は最初「そんなの気にしないし」と思って、みんなに合わすことをしないですごしてきました。

 すると、仲間はずれや無視などのイジメを受けるようになりました。小学校を卒業しても、中学、高校と、いじめはずっと続きました。

 しだいに私は「自分はダメな人間なんだ」と思うようになっていきました。勉強はできないし、クラスメートからは、私が何をしても、学校が変わっても仲間はずれにされるんです。

 どうしてそんなことになるのか。それは「自分がダメだからだ」、という理由でしか受けとめられませんでした。

 「私はダメな子」。それが小学校から高校までを通じての自己イメージだったんです。

――そんなにつらいなかでも学校へ行き続けたのはなぜですか。

 行きたくはなかったんです。でも、それはできなかった。「私みたいにダメな子は、学校を休んで一息つく、なんてことはしちゃいけないんだ」と思い込んでいたんです。

 学校へ行って、勉強ができるようになって、みんなから認められていじめられないようになって、そしてちゃんとした大人になる。

 それ以外の道は私には見えませんでした。楽しくて笑える人生も世の中にあることはわかっていました。

 でも私は「できない子」だから、今のつらさを乗り越えなきゃ楽しい人生は歩めない。だから「がんばって戦わなきゃいけないんだ」、そう思っていました。

 私にとって学校へ行かないのは「戦うのをやめる」ということで、その選択をしたら、その後に何が待っているのかまったくわからないことが怖くて、「行かない」ということはできませんでした。

 だから毎日、泣きながら学校へ行き続けました。小学校から高校まで、ずっとそれが続きました。

あわせて読みたい

「不登校」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    埼玉県でマスク30万枚が野ざらし

    SmartFLASH

  2. 2

    ひろゆき氏 五輪の開催は難しい

    西村博之/ひろゆき

  3. 3

    マラソン決行 主催の説明に呆れ

    WEDGE Infinity

  4. 4

    権限ない休校要請 保護者は困惑

    BLOGOS しらべる部

  5. 5

    在宅勤務に賛成して休校否定の謎

    やまもといちろう

  6. 6

    カリフォルニアで8400人感染疑い

    ロイター

  7. 7

    中韓が日本産盗む?対立煽る報道

    松岡久蔵

  8. 8

    政府の休校要請は極めて無責任

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  9. 9

    安倍首相の暴走許す自民党は末期

    田原総一朗

  10. 10

    USJ・ディズニーが臨時休園発表

    BLOGOS しらべる部

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。