記事

国際デジタル課税に合意すべし

国際デジタル課税について、G20やOECDの場を中心に議論が行われています。

Google、Facebook、Amazonなど、デジタルの世界で稼いでいる「世界の巨人」的な企業に、多くの富が集中する。急速な技術の進化とともに、そんな世の中になっています。

ところが、これまでの税法、税制ではこれらのデジタルの世界で稼いでいる企業に適切な課税を行いきれていません。それがさらに世界規模での富の集中を助長します。

米国は国際デジタル課税に関して世界的な決まり事を作っていくことに慎重でした。それに対してフランスなどが「それならば我が国独自で課税する」という姿勢を見せ、米国もやっと前向きになってきました。

世界規模での富の集中、貧富の格差のますますの拡大を食い止めるために、この国際デジタル課税の問題は、世界全体の取り組みとして乗り越えていかなければならない課題です。日本政府の姿勢も問われます。

あわせて読みたい

「GAFA」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。