記事
  • 東龍

5年が経過した群馬県の「すき焼き応援県」を応援できない4つの理由

1/2

[画像をブログで見る]

11月29日は何の日か

先月末の11月29日は、何の日であったか知っていますか。

「いいにく」=「いい肉」ということで、肉に関係した日というのは想像つきそうです。その予想通りで、11月29日は群馬県が制定した「ぐんま・すき焼きの日」だったのです。

群馬県は「すき焼き自給率100%」県として「ぐんまのすき焼き」を県内外に浸透させるため、2014年9月に「すき焼き応援県」を宣言しました。

この活動の一環として2015年に「ぐんま・すき焼きの日」を制定し、普及に励んでいます。

私は、群馬県が活動を開始してから、その動向に興味を持っていました。ただ、5年が経過した今、「すき焼き応援県」はあまりよくなかったのではないかと考えています。

「すき焼き応援県」とは

「すき焼き応援県」とはどういうものでしょうか。

群馬県すき焼きプロジェクト(群馬県)
「ぐんま・すき焼きアクション」について(群馬県)

上記の群馬県公式サイトによると、上州和牛、こんにゃく、下仁田ネギ、生しいたけ、春菊など群馬県が誇る食材を用いると、すき焼きに必要なものを全て揃えられることから、「すき焼き自給率100%」県であると述べています。

そこから、すき焼きを応援していこうということで「すき焼き応援県」の宣言につながり、11月29日を「ぐんま・すき焼きの日」に制定するに至ったのです。

ブランド力向上

ブランド総合研究所が行う「都道府県魅力度ランキング」によれば、群馬県は常に最下位あたりに位置しています。

「群馬県の魅力度45位 3ランクダウン ブランド総合研究所調査」(上毛新聞)

2012年の調査開始以来、41位から47位の間を行き来しており、最新の2019年の調査では45位。

そのため、ブランド力を向上させるためにも、地元の特産物をすき焼きに絡めてPRしようとしたことは想像に難くありません。

施策は十分に理解できるのですが、以下の理由から「すき焼き応援県」という方向性はよくなかったと考えています。

・歴史がない
・県民が食べていない
・食材があっても料理はできない
・すき焼き店がない

それぞれを詳しく説明していきましょう。

歴史がない

料理を広めていく時に歴史は非常に重要ですが、群馬県にはすき焼きを作って食べてきた歴史がありません。

その土地で長らく食べられてきたり、その地域にだけ特有であったり、地域住民に親しまれたりしてきた料理は、ソウルフードと呼ばれます。

ソウルフードとはつまり、そこで生きてきた人々の命をつないできた重要な食べ物です。もしも、その食べ物がなければ、食べるに困って、その土地の先祖は生きながらえることができなかったかもしれません。

命をつなぐという重要な役割を果たしてきただけに、ソウルフードには多くの工夫が凝らされていたり、食べてきた人の数だけストーリーが紡がれたりしています。

そういった食べ物であるからこそ、他の食べ物とは違って大変思い入れが強く、情報量も多いので、PRではとても強い力を持つのです。

日本で最も古いすき焼き店は明治時代の京都で生まれたといわれており、その前身にあたる牛鍋は幕末の横浜で、さらにその前の杉やき・鋤焼は江戸時代の江戸で誕生したとされています。

群馬県にはすき焼きに関する歴史がなく、すき焼きに対する思い入れもないことは明白です。

そういった状況にあって、どのような背景や熱意を持ってすき焼きを応援するというのでしょうか。

応援というやや控えめな立場に身を置いたのはよかったのですが、群馬県の食材のために、群馬県とは全く関係のない料理を応援するのは、食文化の伝播として正しいとは思えません。

あわせて読みたい

「群馬県」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    国民議員 無責任な玉木氏に仰天

    篠原孝

  2. 2

    よしのり氏 堀江氏の主張に賛同

    小林よしのり

  3. 3

    コロナで他人を攻撃する日本人

    文春オンライン

  4. 4

    昼カラ実態「過激なキャバクラ」

    NEWSポストセブン

  5. 5

    ポリ袋はエコ 製造会社涙の訴え

    PRESIDENT Online

  6. 6

    木下サーカス 収入90%減のピンチ

    BLOGOS編集部

  7. 7

    小池都知事の思い付き公約に疑問

    舛添要一

  8. 8

    韓国に完敗した日本のエンタメ

    PRESIDENT Online

  9. 9

    コロナ後遺症だけが特別ではない

    名月論

  10. 10

    今では耳を疑う島耕作の転勤描写

    BLOGOS編集部

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。