記事

ふーん、これじゃあ真面目な人は切れちゃうよ。罷り通る国対政治の見本のような臨時国会の幕切れ

安住さんは、その名の通り今の国会に安住されているのかしら。

これじゃあ、真面目な人は怒っちゃうぞ。

共産党は、こんなニュースを聞いても黙っているのかしら。
国民民主党の真面目な方々も切れちゃうんじゃないかな?

毎日新聞が書いていたので鵜呑みにしていいのか分からないが、本当だとしたら安住さんの感覚は一般の国民とは大分乖離しているようである。

安住さんは、臨時国会の最終日の夕刻に自民党の二階幹事長や森山国対委員長と打ち上げ会らしきものを開催したということだ。

なんだ出来レースだったのか、という感が否めない。
八百長とまでは言わないが、野党第一党の国対委員長がこんな感じだと、目を皿にして国会審議を見ていた人は、如何にも裏切られたような印象を抱くはずだ。
内閣不信任決議案など出すつもりは、端からなかったんですね、と言わざるを得ない。

これでは、国民民主党は、気の毒だが言うだけ番長になってしまう。
人のいいのもほどほどにしたらいいんじゃないかな。

あわせて読みたい

「国会」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。