記事

高岡早紀、交際を超越した難病のパートナー支える献身的な姿

1/2
高岡は松村氏をサポートして、一緒に会場を後にした

サポートしながらも笑顔の高岡早紀

献身的に支える

松村さんはコンサートにフル参加した

かつて高岡はさまざまな男性との仲も報じられた

会場をあとにする高岡

 女優・高岡早紀(47才)と、“交際中”とされる50代の男性との2ショット場面をキャッチした──。

【別写真】松村さんを支えながら満面の笑みを浮かべる高岡早紀

 12月上旬、深夜3時過ぎの東京・六本木。この日47才を迎えた高岡は、自身のバースデーパーティーを終え、20人ほどの友人に見送られて帰途につこうとしていた。その背後に、ぴたりと体を寄せるひとりの男性。高岡は男性に肩を貸すと、柔和な表情を浮かべながら迎えの車中に誘う。車は発車し、男性の自宅マンションに到着。すると高岡は、再び男性に肩を貸し、関係者ら数人と建物内に入っていく。その後エントランスから出てきた高岡は、車に乗り込み自宅に向かった。

 この男性は、2014年に高岡と“交際”が報じられた、外食産業「ダイヤモンドダイニング」の創業者・松村厚久氏(52才)。ふたりの関係は5年以上も続いていた。

 * * *

 11月30日に最終回を迎えたドラマ『リカ』(フジテレビ系)で、高岡は自らを28才と言い張り、執拗なストーキングを続ける“恋愛モンスター”のリカ役を好演した。運命の人を一途に思う純粋さと、邪魔者を容赦なく排除する無慈悲さを併せ持ち、恋愛至上主義を貫くリカは、かつての高岡の合わせ鏡かもしれない。

 恋多き女性として知られる高岡は、1996年にドラマで共演した保阪尚希(52才)と交際4か月でスピード結婚。1998年に長男(21才)、2000年に次男(19才)をもうけたが、2004年に布袋寅泰(57才)との「濃厚不倫キス」が報じられ離婚した。

 その後も市川海老蔵(42才)や勝地涼(33才)らと浮き名を流し、2010年9月には交際中だった青年実業家との娘を未婚のまま出産して、事実婚状態となった。だがその男性が知人女性から大金を騙し取ったとして、詐欺の疑いで逮捕されたことなどで事実婚は解消となる。

 波乱万丈の半生について、高岡は『婦人公論』(2013年4月22日号)でこう述べた。

《私は、よくも悪くもすべてが流動的。そのとき思ったこと、感じたことに正直に生きてきました。きちっとレールを敷いて、計画通りに人生を歩める人は羨ましいとは思いますが、私はそれができないタイプ》

 そんな高岡の前に現れたのが松村氏だった。松村氏は28才で起業し、日焼けサロンを展開した後、外食産業に参入。当時、国内外で店舗数は200を超え、年商250億円を誇る「外食産業の風雲児」といわれていた。

 2014年3月に高岡と松村氏の熱愛が報じられると互いに交際を否定したが、その親密さは仲間内では有名だった。

「マメで優しい松村さんは、飲食業界だけでなく芸能界にも友人が多く、高岡さんとも飲み会の席で知り合ったようです。松村さんは高岡さんと同じくバツイチで、元妻との間に子供が2人います。境遇が似ていたことから気が合ったふたりは、大人らしくゆっくりと時間をかけて関係を続けていったそうです」(松村氏の知人)

 その矢先、驚きの事実が明らかになる。2015年秋に出版された松村氏の半生を描いたノンフィクション『熱狂宣言』(幻冬舎)で、2010年頃から、体が硬直して歩けなくなったり、手足が震えるなどの症状が出る難病・若年性パーキンソン病を患っていることが明かされたのだ。

「交際が報じられた頃には、起き上がれない日や歩けない日も増えていました。それでも常に前向きな姿勢を失わない松村さんに、高岡さんは多くの勇気をもらい、ますます“この人と一緒に過ごしたい”と思うようになったそうです。松村さんも高岡さんを信頼していて、母親などごく限られた身内にしか病気のことを伝えていない時期に、高岡さんには報告していたようです」(前出・松村氏の知人)

 2015年9月に開催された同書の出版パーティーでは、600人以上の出席者がふたりの仲睦まじい姿を目撃した。

「パーティーの終盤に高岡さんがサプライズで壇上に上がり、大きな花束を松村さんに渡したんです。フィナーレはゆずの『栄光の架橋』を参加者全員で合唱したのですが、高岡さんは立っているのもつらそうな松村さんの肩を支えてサポートしていました。甲斐甲斐しい姿は“新妻”そのもので、その場はまるで結婚披露宴のようでした」(出席者の1人)

あわせて読みたい

「芸能界」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    「Mr.慶應」性犯罪で6度目の逮捕

    渡邉裕二

  2. 2

    再び不倫 宮崎謙介元議員を直撃

    文春オンライン

  3. 3

    テレビ劣化させる正義クレーマー

    放送作家の徹夜は2日まで

  4. 4

    公務員賞与0.05か月減に国民怒れ

    わたなべ美樹

  5. 5

    案里氏 法廷で昼ドラばりの証言

    文春オンライン

  6. 6

    4連敗の巨人 原監督に欠けた潔さ

    NEWSポストセブン

  7. 7

    急速に進みだした日本企業のM&A

    ヒロ

  8. 8

    ユニクロ+J高額転売でも売れる訳

    南充浩

  9. 9

    日本沈没ドラマ化に思わぬ批判

    女性自身

  10. 10

    相次ぐ遅刻 憲法を軽んじる自民

    大串博志

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。