記事

J-POPの歴史「1982年と1983年、70年代のムードを断ち切った転換点」

1/2
1983年7月15日にはファミリーコンピューターが発売された (Photo Illustration by Guillaume Payen/SOPA Images/LightRocket via Getty Images)

音楽評論家・田家秀樹がDJを務め、FM COCOLOにて毎週月曜日21時より1時間に渡り放送されているラジオ番組「J-POP LEGEND FORUM」。

日本の音楽の礎となったアーティストに毎月1組ずつスポットを当て、本人や当時の関係者から深く掘り下げた話を引き出していく。2019年12月は「80年代ノート」というテーマで、1980年から89年までの10年間を毎週2年ごと語るスペシャルマンス。様々な音楽が生まれていった80年代に何があったのかを語った本特集を、5週にわたり記事にまとめてお届け。第2回目となる今回は、「70年代は終わった」ということがはっきり感じられる時代の転換ポイント、1982年と1983年。

サザンオールスターズ / Ya Ya ~あの時代を忘れない~

こんばんは。FM COCOLO「J-POP LEGEND FORUM」案内人、田家秀樹です。今流れているのは、サザンオールスターズ「Ya Ya (あの時代(とき)を忘れない)」。1982年10月のシングルです。70年代に蒔かれたいくつもの新しい種が、1980年から89年までに一斉に花開いた。そんな10年間でした。

サザンオールスターズは78年に「勝手にシンドバッド」でデビュー、コミックバンドというメディアのイメージと戦いながら80年代に突入し、こういうバラードが似合うバンドになりました。70年代に登場したいろいろなバンドとサザンオールスターズが決定的に違っていたのは、それまでのバンドにあった「あっち側」「こっち側」という区分けがなかったことでしょう。それまでのバンドが避けていたメディアとの戦い方、肉を切らせて骨を断つみたいな肉弾戦をやっている時期がしばらく続いていましたが、80年代に入り、TV出演を控えて楽曲制作に重きを置くようになって、少しずつスタンスを変えながら、82年2月に桑田さんと原さんが結婚。2人が出会った学生時代への想いを感じさせるのがこの曲ですね。

70年代のロックが少しずつ成熟していった80年代。「あっち側」とか「こっち側」とか単純に分けられない、ジャンルを超えたいい曲がたくさん誕生していった10年間でもありました。来年は2020年。次の人も来年デビュー40周年です。82年1月発売。松田聖子さん「赤いスイートピー」。イントロは松任谷正隆さんです。

松田聖子 / 赤いスイートピー



松田聖子さん、今年はプレ40周年イヤーということでツアーをやっていました。この前、帰って何気なくテレビをつけたら、そのライブが放送されていたんです。ビールも入っていたんですけど、「赤いスイートピー」のイントロが流れたときに思わず涙ぐみたくなってしまって、いや~いい曲だなと思ったことがありました。82年1月発売。作詞が松本隆さんで、作曲が呉田軽穂さん = ユーミンですね。「歌謡曲を変えるんだ」という松本さんの野望が形になっています。この曲に関して松本さんは、「女の子の初体験の年齢が低下していると週刊誌などで言われていることに対しての反発で、わざと純情な2人の話を書いた」と言っていました。松本さんはいろんなことに対して反発しながら自分の生き方を貫いた人です。「赤いスイートピー」で、聖子さんは「あなたの生き方が好き」と歌っているんですね。松田聖子は生き方を歌ったアイドルだったなと改めて思ったりしました。

続いてはもう1人、アイドルシーンのヒロイン。中森明菜さん、82年11月発売「セカンド・ラブ」です。

中森明菜 / セカンド・ラブ



1982年11月に発売になった3枚目のシングル「セカンド・ラブ」。大人っぽい歌ですね。作詞が来生えつこさんで、作曲が来生たかおさん。82年5月に出たデビュー曲「スローモーション」もこのコンビですね。明菜さんのイメージは2枚目の「少女A」が強い。こちらは売野雅勇作詞・芹澤廣明作曲、チェッカーズのコンビです。そのイメージが強かったからか、ぶりっ子・聖子と本音派・明菜みたいに見られていた。中森明菜に、ある種反抗的と言いますか、言うことを聞かないアイドルみたいなイメージができてしまったのは「少女A」があったからかなと改めて思いましたね。「セカンド・ラブ」は、アイドルでなくても、女性アーティスト、女性歌手が歌っても、いい曲だと言われる曲です。これも時代の巡り合わせ。そのときの世の中の流れやいろんなことが中森さんそのものの生き方を、そうさせていったんでしょう。

1982〜83年は空前のアイドルラッシュ

1982年、83年、空前のアイドルラッシュです。例えば、82年、石川秀美、伊藤さやか、小泉今日子、中原めいこ、早見優、堀ちえみ。83年、飯島真理、荻野目洋子、80年には柏原芳恵、河合奈保子。こういう人たちがどっと出てきているんですね。今改めて振り返ったときに、70年代はシンガーソングライターが全盛でした。当時の言葉を使えば、シンガーソングライターは「こちら側」だとして、アイドル・芸能界は「あちら側」。70年代はシンガーソングライターがデカい顔をして、「俺たちの時代だ」と出ていった時代です。しかし、80年代の幕開けとともに「あちら側」の人たちも負けてたまるか! ということで、芸能界総反撃が起こり、それがこのアイドルラッシュになったんだろうなと改めて思ったりしますね。

その中で孤軍奮闘していたのが松本隆さんでした。82年83年は「70年代は終わったんですよ」ということを、はっきり見せてくれた年だったと思います。80年81年も新しい流れが始まっていましたが、どこか70年代の名残があった。81年にアリスが休止し、82年の6月にこの人たちが武道館10日間で幕を下ろした。この結末によって確実に終わった。そんな気がしました。オフコース「Yes-Yes-Yes」。

オフコース / YES-YES-YES



1982年6月に出たシングルですね。7月に出たアルバム『I LOVE YOU』に入っていました。5人のオフコースの最後のシングルです。これは、チャートが1位になっていなくて、6位なんですよね。2月に出たシングル「言葉にできない ⁄ 君におくる歌」は37位です。いかに当時のオフコースもサブカルだったか。中高生、20代前半くらいの女性にとっては本当にかけがえのない人たちになっていたんですが、シングルチャートはなかなか届かなかった。シングルチャートがいかに別物だったのかというのも、このころのひとつの現象ですね。

武道館10日間公演、これは当時の記録ですね。最終日、全部演奏が終わって、いわゆる客だしのBGMでこれが流れたんです。お客さんの大合唱になって、メンバーはそれを袖で聴いていたという伝説の曲です。去年、小田さんはアリーナツアーをやりましたけど、この曲を歌っていましたね。お客さんもかなり歳はとりましたが、みなさんいい表情で大合唱を繰り広げていました。オフコースの功績、いっぱいあります。例えば、ツアーのクルーが本格的に組まれていったのがオフコースでしょう。拓郎さんもそうでしたけど、オフコースには映像チームもいて、大画面をステージに使った。武道館の大画面でひまわりがいっぱいに映し出されたりする。これはオフコースならではの当時の演出でした。

海外との接点を求めた矢沢永吉、甲斐バンド

そして、オフコースは日本のポップスのアルバムの中で、音のクオリティを格段にあげた人たちでもあります。1980年のアルバム『We are』からビル・シュネー、ボズ・スキャッグスとか、西海岸のAORをずっと手がけていた人たちを起用。小田さんはソロになってからもずっと一緒にやっていました。70年代が終わって、80年代に入って、日本の社会も、レコード会社もリスナーも多少懐に余裕ができてきて、アメリカに行ってレコーディングをしたりする。アメリカの人たちと一緒に組んで何かすることが、それまでより自由にできるようになった。オフコースもそういう人たちでしたし、次の人はそこに人生をかけた人です。海を渡りました。矢沢永吉さん「ROCKIN MY HEART」。

矢沢永吉 / ROCKIN MY HEART



英語の曲です。みんな夢を見たんですよ。82年10月に出たシングルですね。これはアルバム『YAZAWA Its Just Rockn Roll』に入っていて、プロデュースがドゥービー・ブラザーズのボビー・ラカインドとジョン・マクフィーです。シングルで出て、ビルボードの推薦曲にもなっています。矢沢さんは81年にアメリカに渡って、1から生活して、英会話学校に行って、アパートを借りて、エレクトラ・アサイラム・レコードと契約して、アルバム『YAZAWA』を出した。82年7月に出したセルフプロデュースの海外録音作『P.M.9』も、いいアルバムでしたね。そこに収録されている「LAHAINA」をかけようかなと思ったんですけど、これにしました。矢沢さんは『P.M.9』で、ドゥービーのメンバーを連れて帰国して武道館公演を行いました。そのとき僕が矢沢さんにインタビューして、大阪のスポーツニッポンで1カ月連載で書いたことがあるんですね。30回連載。おもしろかったですね。大阪のスポニチは翌年、萩原健一さん、そのあと沢田研二さん、1ヶ月連載を25本とか30本やらせてくれた。それが当時の大阪スポニチ文化部長、松枝忠信さんでした。ありがとうございました。と今頃お礼を言わせていただいております(笑)。

この人たちは、ニューヨークで連作アルバムを作りました。甲斐バンド、1982年12月発売、「ナイト・ウェイブ」

甲斐バンド / ナイトウェイブ

これは甲斐バンドの中でも屈指の名曲だと私は思っています。80年代前半の甲斐バンドは意欲的でしたね。1つは野外コンサート。80年に箱根の芦ノ湖半。81年に花園ラグビー場。83年に新宿西口新都心、今都庁が建っているところで、2万人くらい集めて野外コンサートをしたんですよ。『THE BIG GIG』。そういう誰もやっていないことをやろうというのが、当時の甲斐バンドの周辺、スタッフも含めての1つの生きがいになっていました。

もう一つは音にこだわった。エンジニアにこだわった。「ナイトウェイブ」が入っている82年のアルバム『虜-TORIKO-』、83年の『GOLD/黄金』、84年の『ラヴ・マイナス・ゼロ』。これがニューヨーク三部作と言われているんですね。エンジニアに起用したのがボブ・クリアマウンテン。ブルース・スプリングスティーン、ザ・ローリング・ストーンズ、ロキシー・ミュージック、デヴィッド・ボウイもやっていたな。「レッツ・ダンス」もボブ・クリアマウンテンですね。グラミー賞をとりました。そういう人を起用してパワーステーションというNY53丁目にあるスタジオでトラックダウンをやったんですね。僕は幸運にもそのレコーディングに3回とも行けているんですけど、今の曲なんかはフリートウッド・マックとかトーキング・ヘッズとか、そういう洋楽の中にあったエスニックなものとファンクを一緒にしている。とっても斬新な音楽でもあるんですけど、なかなか日本では理解してもらえなかった。取材しにいっている僕らもそこまで語るだけの力量がなかったということで、申し訳なかったなって今、思ったりしてます。

NYで映像を撮ったり、ジャケットを撮ったりするときに、いろんなところを回りました。カメラマンの井出情児さんとマンハッタンをロケハンして回ったな。これは個人的な思い出になってしまいますね。海外との距離が近くなったという意味で、日本で評判になるより先に海外から火がついたという人たちもいたんですね。その人たちの代表がYMO。YELLOW MAGIC ORCHESTRAで83年になってシングルの大ヒットが出ました。83年3月発売。「君に、胸キュン。」

YELLOW MAGIC ORCHESTRA / 君に、胸キュン。



作詞が松本隆さんです。これはシングルチャートが2位だったんですね。1位がなんだったか覚えてらっしゃいますか? 松田聖子さんの「天国のキッス」なんです。両方とも作曲が細野晴臣さんなんですよ。松本さんの話だと、細野さんがシングルヒットを出したいんだということで、これが生まれたらしいんですけど、そのときに細野さんは「天国のキッス」の発売日まで頭になかったという。それがあの人の甘さだよねって言っていたことがありました(笑)。今年、細野晴臣さん50周年。六本木で「細野観光1969 – 2019」っていう展覧会をやっていましたけど、おもしろかったですね。今年の細野さんのワールドツアーが舞台になっている映画『NO SMOKING』も、細野さんの50年間が織り込まれている、とってもしゃれたドキュメンタリーでした。この番組で細野さんをやらなければいけないなと思っているんですが、幅が広すぎて、どうやって組めばいいんだろうと思い悩んでいる間に時が経って、今年も終わろうとしています(苦笑)。

松本さんが、詞もちろん、曲も演奏も、いろんな形で新しい歌謡曲を作るんだという姿勢を持っている中で、松田聖子さんがその軸になっていきました。大瀧詠一さんが「風立ちぬ」を書き、ユーミンが「赤いスイートピー」を書き、細野さんが「天国のキッス」を書いた。もちろんギターは鈴木茂さんが弾いている。松田聖子さんを軸にしてはっぴいえんどが再結成されるみたいな、そういう関係がずっと続きましたね。YMOは、81年に一回休止して、再開したのがこのシングルでした。このあとにアルバム『浮気なぼくら』を出して83年の12月22日、武道館で散開。そういうテクノロジーを使ったポップミュージックとをYMOが実験的に始めて、それがいろんな形で受け継がれていく。YMOのあとをバトンタッチした人がいますが、その人たちの話は来週ということになります。

あわせて読みたい

「J-POP」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    「Mr.慶應」性犯罪で6度目の逮捕

    渡邉裕二

  2. 2

    テレビ劣化させる正義クレーマー

    放送作家の徹夜は2日まで

  3. 3

    立民党はなぜ全く期待できないか

    宇佐美典也

  4. 4

    4連敗の巨人 原監督に欠けた潔さ

    NEWSポストセブン

  5. 5

    相次ぐ遅刻 憲法を軽んじる自民

    大串博志

  6. 6

    医師「感染対策は経験を生かせ」

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    社民党を食いつぶした福島瑞穂氏

    文春オンライン

  8. 8

    投資家がマイホームのリスク指摘

    内藤忍

  9. 9

    昭恵氏 学園理事と親密ショット

    NEWSポストセブン

  10. 10

    トヨタが学校推薦を廃止した衝撃

    城繁幸

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。