記事

イタリア人医師が考える、日本に引きこもりが多い理由。

1/2


パントー・フランチェスコさんは、日本で精神科医を目指す研修医として働いている。

彼を日本に引き寄せたのは、大好きな「アニメ」、そして「引きこもり」だ。引きこもりは世界中で似た現象が報告され、「Hikikomori」として社会問題になりつつある。

日本に来て、「引きこもりはやはり日本特有」と気がついた。根っこにあるのは、人々の思考に染みついた「文化」。国や地域の文化が生む「大きな物語」になじめず、それに当てはまらない自分を気に病む人が多いという。

ならば、「自分の物語」を編み直すために、架空の物語の力を借りることができるのでは——。フランチェスコさんは今、「アニメ」を使った引きこもり治療法の開発を目指し臨床と研究を続けている。



医学部の授業で「Hikikomori」と出会い、日本へ

——なぜ日本で精神科医に?

フランチェスコ:「イタリア人は陽気」というイメージがありませんか? 私はイタリア南部のシチリア島出身です。双子の姉も同級生たちも陽気で、スポーツが大好き。一方、私は子どものころから内気で、外で遊ぶよりもアニメを観るほうが好きでした。

周囲から浮いて引きこもりがちだった時、生きる力をくれたのが日本のアニメです。特に「セーラームーン」に憧れました。日本にはすばらしいアニメ作品がたくさんあり、将来は、日本の文化に囲まれて暮らしたいと思うようになりました。

その後、「生命の神秘を知りたい」とイタリアの大学の医学部へ進み、大学3年の精神医学の授業で「Hikikomori」に出会います。定義は「6カ月以上家にこもって人との接触がない」というようなもので、文化結合症候群という、その国や地域の文化によって発生しやすい精神障害の一つとして紹介されていました。

日本の文化特有とされるHikikomoriの症状と、子ども時代の自分を重ね合わせたことを覚えています。

大学を卒業してEUの医師免許を得たころ、日本の文部科学省の留学制度に応募し、引きこもり研究の第一人者、斎藤環・筑波大教授のもとで学ぶことになりました。

日本で精神科医として働こうと思ったのもこのころです。実際に患者を診て、Hikikomoriについてもっと深く知りたいと思いました。



Hikikomoriは欧州や韓国など世界中で社会問題になり始めている。それでも、“引きこもり先進国”である日本の状況はずば抜けている。

2019年、40-64歳を対象とした「引きこもり」の調査結果を内閣府が発表した。その数推計61万3000人。15-39歳の推計(54万1000人)と合わせると、国内総数は110万人を超す。

イタリアでも社会問題となりつつあり、ひきこもり家族の連絡会「Hikikomori Italia」も設立された。

しかし、「インターネット依存症」などと混同されている可能性が高く、日本の引きこもりとは必ずしも同じではない、とフランチェスコさんは見る。

「家から出ない」=「引きこもり」?

——Hikikomoriは日本の引きこもりとは違う、というのはどういうことですか?

イタリアでもHikikomoriが社会問題化し始めていますが、実は、大きく分けて三つの症状が混同されています。

一つ目の症状は、ネットゲーム依存です。若者がゲームにのめり込みすぎて、家の外に出られなくなる事例が増えているのです。

2019年には、WHO(世界保健機関)がゲームのやり過ぎで日常生活が困難になる「ゲーム障害」を、精神疾患と認定しました。イタリアの「Hikikomori」には、ゲーム障害も少なからず含まれていると思います。

二つ目は、イタリアの不景気と特有の家族文化が挙げられます。近年、イタリアでは若者の失業率が高く、外で働く機会を失っています。

さらに、親子のつながりがとても近いため、学校を卒業しても親と一緒に住む人が多い。仕事がないためにお金がなく、友達付き合いもできない。行動範囲がかなり狭く、結果として引きこもってしまう、というものです。

ここで立ち止まって考えてみてください。



一つ目の事例は日本でも起こっていることですが、ネットゲームが登場する以前から日本には引きこもりが存在していました。二つ目は、イタリア特有の経済状況と家族文化が引き起こしていることです。

二つとも確かに家の中から出ませんが、「家から出ない」という状態が同じであっても、その原因が異なるのなら、全く違う症状のはずです。

ですから、引きこもりではなく、もう少し広く、単に「社会的隔離」(social withdrawal)と呼ぶべきだと思います。

そして、三つ目の形態が日本の「引きこもり」にとても近いものだと言えます。

本音と建て前。隔離された二つの自分を認める日本

——では、「引きこもり」とはどういう症状なのですか?

引きこもりは、社会的隔離の中でも、日本の文化に特有な症状、いわゆる、文化結合症候群の一つです。「文化とつながっている」とされるからには、日本特有の文化に注目しなければなりません。

日本文化における「本音と建前」が鍵となる言葉だと思います。

日本では、「本音と建前」という隔離された二つの自分がいることが、普通に認められています。むしろ、この分離が望ましいとされているくらいです。

もちろん世界中にも、ある程度の分離はあるけれど、はっきりと分かれた二つの自分を、意識的に操る文化は珍しい。

「本音と建前」は、「内と外」を分ける文化ともつながります。家、会社、学校、地域、あるいは、国。内と外の間に、厚く高い壁があるかのようです。

人々の関わりも固定的で、壁の内側に限定されがちです。壁の外側の人と、直接コミュニケーションを取ることは少ない。

イタリアのことを考えてみます。

イタリアでは、まちで偶然に人と知り合う機会が多いです。「外側の人」であっても、いつかは「内側の人」になるかもしれない、という前提で接する文化です。コミュニティの中に日本ほどの「壁」はありません。壁がないと「内」もなく、そもそも「引きこもる」ことができません。

逆に言えば、日本では「内」と「外」がはっきりと分かれているからこそ、引きこもることができる。だから、「引きこもりは日本の文化特有の症状」とされてきたのです。



内と外を隔てる壁が、少しずつ積み上げられている

ここまで考えると、「日本特有」とされていた引きこもりが、世界中の先進国でもやはり広がりつつあることが分かってきます。これがイタリアで確認されている三つ目の社会的分離の形態です。

原因は、コミュニケーションの形が変わっていることです。日本に限らず、先進国では、面と向かってやりとりする、生のコミュニケーションが薄く、少なくなってきています。

よく指摘されるように、他者との関わりは人間の原始的な欲求で、会話や社会的関係はどうしても必要です。ゆえに人は隔離されると、どの国の人でも、うつや統合失調症などの精神症状が出てきます。

日本のコミュニケーションは元々間接的で、遠慮する文化がありますね。実は、欧米でも、日本のような、間接的で距離のある人間関係がつくられやすくなっています*。内と外を隔てる壁が、少しずつ積み上げられているのです。

このパターンの社会的隔離は、日本の引きこもりと近いです。なぜなら、関わっている要因が近いからです。こうした社会的隔離を、Hikikomoriと呼ぶことができると思います。

あわせて読みたい

「医療」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    GoTo中止 国民の声気にする政府

    早川忠孝

  2. 2

    小池知事 カギは卒業証書の現物

    郷原信郎

  3. 3

    米スーパーで合法的万引き状態か

    後藤文俊

  4. 4

    楽天「1円スマホ」は本当に買い?

    文春オンライン

  5. 5

    王様状態? 麻生氏民度発言の背景

    NEWSポストセブン

  6. 6

    「国から直接給付金」望ましいか

    Chikirin

  7. 7

    リアリティ番組 海外相次ぎ自殺

    田近昌也

  8. 8

    久米宏ラジオ終了 ネット注力か

    女性自身

  9. 9

    拉致問題の解決逃した外交に後悔

    鈴木宗男

  10. 10

    正義連を告発した元慰安婦に誹謗

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。