記事

第200回国会(臨時会)閉会 法律が94%成立

1/2
本会議の様子(出所:参議院)

日々勉強!結果に責任!」「国づくり、地域づくりは、人づくりから」を信条とする参議院議員赤池まさあき(比例代表全国区)です。我が国の伝統精神である「智勇仁」の三徳に基づき、「文武経」の政策を国家国民のために全身全霊で実現します。

12月9日(月)、令和の御代となって初めて開催されていた、第200回国会(臨時会)が閉会となりました。参議院本会議場において、天皇陛下御即位後初めて、開会式での御言葉を賜り、67日間の会期でした。閣僚2人が早々に辞職し、桜を見る会等が連日国会で取り上げられ、内閣や与党の政治倫理が問われる事態となり、忸怩たる思いを抱く日々でした。

一方、野党の攻撃は政治倫理に終始し、国家国民のための議論が少なかったのは残念でした。そして、会期末の最終日9日(月)は、野党の会期延長要求だけで、不信任案や問責等の動議提出もなく、あっという間に閉会となりました。

これほど呆気ない閉会は記憶にないと同僚・先輩議員が口々に言っていました。野党は、桜を見る会問題を引続き追求するためには、内閣不信任案を提出して否決されると終わったことになるので提出せずともっともらしく言っていますが、結局は解散総選挙への警戒感、断行されるのが怖い、困るので断念したのかと言っている方までいました。

●今国会の成果 閣法17本中16本(94%)成立 議法8本 条約2本

 我が国は法治国家であり、立法行為なくして、国政を推進させることはできません。今回の第200回国会(臨時会)は、10月4日(金)から開会となり、12月9日(月)まで、67日間でした。大幅な内閣改造もあり、内閣提出法案を絞り込み、17本(新規15本+継続2本)が提出されました。その結果、農産物の輸出促進、会社に社外取締約を義務化、学校での働き方改革等の16本(94%)が成立しました。その他、議員立法が8本成立しています。また、日米貿易協定等の条約2本が承認され、来年1月1日からの施行が決まりました。

 また、「予算の衆議院」に対して、「決算の参議院」という二院制の特徴を活かして、平成30年度の決算について、概要報告と質疑を全閣僚出席して、開催することができました。

 ・平成30年度決算の概要報告・質疑(令和元年12月2日)

 野党の抵抗はあったとはいえ、国政に必要な立法行為は何とかできたのではないかと思います。

 私は、参議院文教科学委員会筆頭理事であり、学校での働き方改革の一つである給特法改正案を仕上げることができ、まずは一安心でした。しかしながら、大学入試の英語4技能試験が延期となり、さらに、国語や数学の記述式試験が議論となる中で、議論を深めていかなければと思っています。

 成立した法律等は以下です。

あわせて読みたい

「臨時国会」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    中国の年金使い込み 大変な事態

    団藤保晴

  2. 2

    女性題材にして炎上 触るな危険

    中川 淳一郎

  3. 3

    山下達郎のAIひばり批判は爽快

    常見陽平

  4. 4

    植松聖被告「小指噛みちぎった」

    篠田博之

  5. 5

    「解雇できない」嘆く企業に疑問

    紙屋高雪

  6. 6

    悪意感じたオリラジ中田批判記事

    たかまつなな

  7. 7

    大トロ 1貫2500円でも儲からない

    fujipon

  8. 8

    ゴーン氏10時間取材が出版中止に

    郷原信郎

  9. 9

    明石市長がまた暴言 許される謎

    非国民通信

  10. 10

    差別ゼロ 理想掲げる東大の矛盾

    御田寺圭

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。