記事

政策の論議も各党一緒に

今、共同会派を組んだ野党の間の合流が課題になっています。

私は、次の衆議院選挙をにらんでという側面に加えて、政策立案の面からもこの合流はなるべきだと思います。

野党がバラバラのままだと人材が分散されます。当然、各政策分野ごとの部会や調査会での政策論議もそれぞれの党での議論となるので、議論を今一歩深めきれません。(共同会派となって、各部会での議論もかなり合同でできるようにはなってきましたが)

国会での論議も共同会派として一緒に戦うのみならず、政策も一緒に考えていければ、間違いなくより深みのある政策立案ができます。

そしてそれが、政権与党に相対時していく上での力になります。ぜひそういう方向にもっていきたいと思います。

あわせて読みたい

「野党再編」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。